文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

教育後援会 > 父母懇談会・総会のご報告 > 2009年度総会・父母懇談会 学年別講義

ここから本文です。

更新日:2013年6月5日

2009年度 総会・父母懇談会 学年別講義

2009年度学年別講義(1年生対象) 

 

学年別講義1年TOP

 

 大学ではすべてに自己選択、自己責任が求められるので自立性・自主性・主体性が身につき、人間的な成長が図られます。

 ご家庭でぜひお伝えいただきたいのは、特に最初の2年間を「なんとなく過ごすことがないように」ということです。

 日々の積み重ねが将来を決定づけます。なんとなく過ごしていると、毎日は楽しかったが何も得られていないで終わってしまいます。一生懸命何かに取り組むと成果や達成感が得られます。その中から自分は何に向いているのか、何を得意とするのかが絞れてきます。
 この4年間は「何かに打ち込み、何かを究める」ことがとても大切です。胸をはって言える何かを究めることは、就職活動の大きなPRポイントになりますし、社会人になっても大きな支えとなります。将来のことも視野に入れつつ、いろんな選択肢と可能性に挑戦してもらいたいと思います。

 

2009年度学年別講義(2~4年生対象) 

 

学年別講義2年TOP

 

 今年は経済不況の影響で大手企業の大半が採用を絞り込んできています。本学は全国でもトップレベルの就職率を誇る大学ですが、それでも厳しい現状とご認識いただければと思います。ただ、元気のある中小企業にとっては、今まで大手に取り込まれていた人材を獲得する絶好の機会で、そこに採用のチャンスがあります。
  このような状況の中、就職対策の強化が非常に大きなポイントとなります。本学では「キャリア開発プログラム」をカリキュラムに取り入れているほか、教職員だけでなく、在学生・卒業生を含めた体制で就職活動を全面的にサポートしています。
  周囲が何を言おうと最終的には本人次第です。しかし、環境づくりには、大学とご家庭とのタッグが必要です。ぜひ、ご家庭のバックアップをお願いしたいと思います。

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」