文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 学部・大学院 > 教育方針 > カリキュラム・ポリシー(2014年度以前)

ここから本文です。

更新日:2014年9月12日

カリキュラム・ポリシー(2014年度以前)

真に豊かな社会の実現に貢献できる人材を育成するために

大学院 カリキュラムポリシー

一般常識・多面的な教養と倫理観、専門分野の体系的知識を身につけた真に豊かな社会の実現に貢献できる人材を育成するために、商学部商学科、総合政策学部総合政策学科、サービス産業学部観光学科とサービスマネジメント学科を設置し、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成します。

 

  1. 学習スキル、基本的リテラシー、国際コミュニケーション能力、一般常識・多面的な教養と倫理観を養うために、全学共通科目として、基礎演習、外国語科目、健康科学科目、教養科目を設置する。
  2. 自己理解、他者理解、業界・業種を含む社会の理解をベースに、社会で求められる能力を理解し、職業観・勤労観と将来の進路に対するしっかりした考え方を養うために、キャリア科目を設置する。
  3. 専門分野の知識、技能と方法論を学び、学際的思考力、独創的判断力、分析力、幅広い応用力を養うために、学部専門科目を、経済社会の変化に対応して、コース制による弾力的教育体系に編成し設置する。
  4. 実証分析と理論的思考の訓練を通じて、問題発見能力・問題解決能力・プレゼンテーション能力を身につけるため、少人数ゼミナールとして研究演習を置く。
  5. 個別指導の下で専門的な研究を行い、大学での学修の集大成として卒業論文を作成する卒業研究を置く
  6. 社会の第一線で活躍する人々による特別講義と、企業・行政機関・地域の教育力を活用するプロジェクト・ベースド・ラーニング科目からなる特別研究を置く。
  7. 勉学意欲と向上心のある学生を対象とし、設定したテーマに「自分で考え、解決策を練り、結論を出す」ことを、教員との討論形式を取り入れ徹底教育する特別セミナーを置く。
  8. しっかりとした予習をベースとする学生参画型授業により、問題発見力、分析力、解決力、構想力を養う。
  9. 社会との接点を保ちながら学び,知識を社会に役立つ政策とスキルに変換できる力を養う実学教育を展開する。

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」