文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 学部・大学院 > 教育方針 > ディプロマ・ポリシー(商学部)

ここから本文です。

更新日:2014年9月12日

ディプロマ・ポリシー(商学部)

ディプロマ・ポリシーとは、流通科学大学の卒業認定の方針で、卒業時にどの程度の能力を有しているかを表したものです。

 


 

  1. 主体的に学習し続ける態度を持ち、人文・社会・自然の広い知識と専門的な深い知識を総合して、関心のある事象に対して多面的かつ深く考えることができる。
  2. 異文化と多様性を理解する姿勢を持ち、グローバルな視点で考えることができる。
  3. 身体的、精神的、社会的に健康な生活を営むための必要な知識と方法を修得し、自らの生活を目標を持って自律的に維持することができる。
  4. 文章理解力、表現力、プレゼンテーション能力、コミュニケーションスキル、情報リテラシーなどの汎用的技能を身につけ、活用することができる。

商学部経営学科

経営学科の学生は企業マネジメントに関する幅広い知識と専門領域で要求される知識・実践的能力を身につけることで、社会に貢献できる人材となることができる。これらの知識・能力を身につけるために3つのコース(リテールマネジメント、経営戦略、会計)を設置する。

学生は以下のすべてのコースに共通する能力を身につけるとともに、選択したコースのより専門的な知識、能力を修得する。

  1. 論理的な記述、発表、討議を行える能力と幅広い教養を身につけている。
  2. 各業界の動向や問題点を理解するための基礎知識を身につけている。
  3. 自ら得た知識をもとに、企業マネジメントに関する問題探索、課題提案ができる能力を身につけている。

 

経営学科の各コースディプロマ・ポリシーは以下のように設定されている。

リテールマネジメントコース

  1. 小売業の社会的意義や日本経済における重要性について、関心や理解を深めたうえで社会で活躍できる能力を身につけている。
  2. 小売業に関連したビジネスにおいて、イノベーション創出や新市場開拓などの革新を実現するために必要な知識と問題解決能力を身につけている。

経営戦略コース

  1. 企業経営の仕組みや組織行動について、経営理論に基づき、自ら考え、理解できる実践的能力を身につけている。
  2. さまざまな企業や組織の現状分析から仮説、検証を通して、企業や組織のリーダーに求められる具体的な改善や解決の提案ができる能力を身につけている。

会計コース

  1. 簿記・会計の学問的知識を身につけ、企業の財政状態、経営成績、キャッシュフロー等に関する情報を作成、分析するスキルを修得している。
  2. 企業の社会的役割を理解したうえで、修得した専門知識をもとに企業が直面する問題や企業の強みを発見し、経営戦略の構築に貢献できる能力を身につけている。

商学部マーケティング学科

マーケティング学科の学生はマーケティングと流通システムに関する幅広い知識と専門領域で要求される知識・能力を身につけるために2つのコース(マーケティング、流通システム)を設置する。

学生は以下の全てのコースに共通する能力を身につけるとともに、選択したコースのより専門的な知識、能力を修得する。

  1. 論理的な記述、発表、討議を行える能力と幅広い教養を身につけている。
  2. マーケティング動向、流通業界及び関連業界の動向や問題点を理解するための基礎知識を身につけている。
  3. 自ら得た知識をもとに、マーケティング、流通に関する問題探索、課題提案ができる能力を身につけている

 

マーケティングコース学科の各コースのディプロマ・ポリシーは以下のように設定されている。

マーケティングコース

  1. 企業のマーケティング活動やその仕組み、役割を理解し、変化する消費者に対応できる知識と能力を身につけている。
  2. 変化する消費者を的確に捉えるための知識や能力を身につけている。

流通システムコース

  1. 社会システムとしての流通の動態や仕組み、役割を理解し、これからの流通の姿を構想していける知識と能力を身につけている。
  2. ローカルな視点とグローバルな視点の双方から、現代の流通の諸問題を発見し、解決に導いていける知識と能力を身につけている。

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」