文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 学部・大学院 > 教育方針 > ディプロマ・ポリシー(総合政策学部)

ここから本文です。

更新日:2014年9月12日

ディプロマ・ポリシー(総合政策学部)

ディプロマ・ポリシーとは、流通科学大学の卒業認定の方針で、卒業時にどの程度の能力を有しているかを表したものです。

総合政策学部総合政策学科

総合政策学部総合政策学科では、社会システムを支える「流通」に「政策」の視点を加え、現代社会が直面するさまざまな問題を分析し解決策を提案できる人材を育成する。

そのために、幅広い学問領域を総合的に学ぶとともに、4コース(地域政策、財政・金融政策、情報コミュニケーション、流通フロンティア)を設置する。学生はすべてのコースに共通する幅広い知識と技能を身につけると共に、選択したコースにおけるより専門的な知識と技能を修得する。

  1. 現代社会の諸問題を考察する基礎となる幅広い学問分野を総合的に学び、広い視野から複眼的な理解ができる知識と能力を身につけている。
  2. 所属する各コースで独自の専門分野を学び、専門的な知識と課題解決能力を身につけている。
  3. 問題を提示し、解決策を考案し、その実現に向けて行動できる人材に必要な情報処理能力とプレゼンテーション能力を身につけている。

地域政策コース

  1. 幅広い視野から経済学、行政学、公共政策等を学び、社会全体の枠組みの中で地域の産業、雇用、行政の役割を考える知識と能力を身につけている。
  2. 地域社会に求められるニーズを探り、地域社会に新しい価値を生み出すために必要な社会資本整備に関する政策を提案できる知識と技能を身につけている。

財政・金融政策コース

  1. 経済社会における財政や金融の仕組みと役割について専門的な知識を身につけている。
  2. 現代経済の問題点を総合的に把握して、より良い社会を構築するための政策を提案できる知識と能力を身につけている。

情報コミュニケーションコース

  1. 情報システムの仕組みを理解し、情報通信技術に関する幅広い知識を身につけている。
  2. 新しいコミュニケーションのあり方、情報システムを活用した経営戦略や政策を提案できる知識と能力を身につけている。

流通フロンティアコース

  1. 社会システムとしての流通の仕組みと役割を理解し、アジアをはじめとした国際流通に関する専門的な知識を身につけている。
  2. アジアを中心とする世界経済のグローバルな視点と地場産業や地域商業に関するローカルな視点を持って、流通に関する政策の提案ができる知識と能力を身につけている。

流通科学大学キャラクター「りゅうか」