文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 学部・大学院 > 教育方針 > ディプロマ・ポリシー(サービス産業学部)

ここから本文です。

更新日:2014年9月12日

ディプロマ・ポリシー(サービス産業学部)

ディプロマ・ポリシーとは、流通科学大学の卒業認定の方針で、卒業時にどの程度の能力を有しているかを表したものです。

サービス産業学部観光学科

サービス産業学部観光学科では、観光産業に関わる教育及び研究を追求し、その分野で活躍する人材を育成するために、幅広い知識と技能及び専門領域の知識・技能を身につける。

  1. 観光産業は人と自然、人と文化、人と人の関係に立脚した商品を扱う先進的ポジションに位置する産業であり、本学科卒業生はその分野に対処するための知識と教養を有している。
  2. 観光産業は国土づくりや地域づくり、都市づくりに深く関与し、公益的な任務も少なからず負っている。本学科卒業生は持続可能な社会形成に貢献するための理念や手法を深く理解している。
  3. 観光産業は流通業としての性格、製造業としての性格を併せ持つ。本学科卒業生はそこで就業するための対人接遇スキル、商品開発のための企画力、企業や組織のマネジメント力、マーケティングとそれを支えるIT技術等の基本を身につけている。

サービス産業学部サービスマネジメント学科

サービス産業学部サービスマネジメント学科では、サービス産業及びサービス事業分野において、多様化・高度化するニーズに対応できる、創造性・自主性・先見性に富む人材を育成するために4コース(サービスマーケティング、スポーツ健康マネジメント、サービス心理、福祉マネジメント)を設置する。

学生はすべてのコースに共通する幅広い知識と技能及び選択したコースにおける専門領域の知識・技能を身につける。

サービスマーケティングコース

  1. サービス産業に関する知識、なかでも生活文化産業に関する専門的知識、技法を修得している。
  2. サービスマーケティングの基礎を身につけ、社会調査やマーケティング・リサーチ(市場調査)などにより、知識を応用することができる。 
  3. 顧客満足やホスピタリティ(もてなしの心)を学び、サービス産業・生活文化産業を通して社会に貢献することができる。
  4. サービス産業、ホスピタリティに関する専門的な知識を身につけている。
  5. 社会調査やマーケティング・リサーチなどを用いて、顧客ニーズを把握し、新たな事業や文化を創造する力を有する。

スポーツ健康マネジメントコース

  1. 幅広い年齢層に対応できるコミュニケーション能力や、それぞれのニーズを把握できるマーケティング能力が身についている。
  2. 地域貢献活動を通して、リーダーシップ力やマネジメント力が身についている。
  3. 見る者を引きつけるエンターテイメント能力やプレゼンテーション能力が身についている。

サービス心理コース

  1. 「実験、調査、観察、面接」という心理学の研究法を学ぶことによって、人間の心理・行動についての科学的理解力を身につけている。
  2. 消費者の行動を分析し、新たなサービスを創造する知識を身につけている。
  3. 「聴く力」の修得によりコミュニケーション能力を高め、さまざまな場面で円滑で効果的な交流が図れる能力を身につけている。

福祉マネジメントコース

  1. 社会福祉の諸分野(高齢者、障害者、児童、雇用、地域社会)にわたって、その現状や問題点を知る力を身につけている。
  2. 社会福祉分野のさまざまなサービスの知識やその運用方法を身につけている。
  3. 社会福祉サービスを求める人々と信頼関係を結び、その問題解決方法を一緒に考える対人援助のスキルを身につけている。

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」