文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 学部・大学院 > 教育方針 > ディプロマ・ポリシー(商学部) 2014年度以前

ここから本文です。

更新日:2014年9月12日

ディプロマ・ポリシー(商学部)

 

※ 2014年度以前

ディプロマ・ポリシーとは、流通科学大学の卒業認定の方針で、卒業時にどの程度の能力を有しているかを表したものです。

 

商学部商学科

商学部商学科では供給者と生活者の複眼的視点に立ち、マネジメントの諸問題を解決できる人材を育成する。

商学科の学生は流通分野(小売、流通、マーケティング)の体系的なマネジメントの知識・実践的な能力を中心とし、この知識を基礎としたより広いマネジメントの知識・実践的な能力を身につけることができる。これらのマネジメントの体系的知識や実践的能力を身につけるために5コース(リテールマネジメント、流通マーケティング、経営戦略、オペレーションズ・マネジメント、財務マネジメント)を設置する。

学生は、すべてのコースに共通する幅広い知識と技能及び選択した専門領域の知識・実践的な能力を身につけることで、向上心ある社会人になることができる。

  1. 論理的な記述、発表、討議を行える能力と幅広い教養を身につけている。
  2. 各業界の動向や問題点を理解するための基礎知識を身につけている。
  3. 自ら得た知識をもとに、継続的に学習する力を身につけている。

リテールマネジメントコース

  1. 小売業の社会的存在意義や日本経済における重要性について、関心や理解を深めた上で社会で活躍できる能力を身につけている。
  2. 小売業に関連したビジネスにおいて、イノベーション創出や新市場開拓などの革新を実現するために必要な知識と問題解決能力を身につけている。

流通マーケティングコース

  1. マーケティング・消費者行動・流通に関する内容及び手法を理解する能力を身につけている。
  2. 実社会におけるさまざまな問題を発見し,解決に導く上でマーケティング・消費者行動・流通の手法を活用できる実践的な能力を身につけている。

経営戦略コース

  1. 企業経営の仕組みや組織行動について経営理論に基づいて理解できる能力を身につけている。
  2. 企業や組織を牽引する望ましいリーダーの行動や、組織の作り方、管理の仕方について理解し、それらを実践できる能力を身につけている。
  3. 企業や組織の抱える問題を発見し、経営戦略の観点から、具体的な改善策や解決策を提案できる能力を身につけている。

オペレーションズ・マネジメントコース

  1. 一般的な企業活動に必要な業務内容(オペレーション)項目についての基本的な知識を身につけている。
  2. マネジメント遂行における基本的なセオリーや手法についての知識を持ち、これら知識を運用する能力を身につけている。
  3. 常に業務内容(オペレーション)の視点から、仕事の出来栄えをより良くすることに関心を持ち、問題を発見できる能力を身につけている。
  4. 問題の現状を数値データや言語データで正確に把握することができ、問題解決のためのヒントを得るために基本的な数理処理を行なう能力を身につけている。
  5. 問題解決手法を活用して、計画的な問題解決の方向性が示せ、まとめる能力を身につけている。

財務マネジメントコース

  1. 簿記や会計の原理を理解し、基本的な計算技術を身につけている。
  2. 会計データを分析し、経営に役立てるための基本的考え方を身につけている。
  3. 事業の成果を報告書に表現し、それを第三者に伝える方法の基本を身につけている。
  4. 財務、会計の知識をもとに、企業が直面する問題の発見、解決方法の提案ができる。また、財務面から会社の強みを把握し、経営戦略の構築に資する能力を身につけている。

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」