文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 学部・大学院 > 教育方針 > キャリア教育の目標とカリキュラム・ポリシー

ここから本文です。

更新日:2013年12月10日

キャリア教育の目標とカリキュラム・ポリシー

流通科学大学では豊かな社会の実現に貢献できる人材を育成するために、キャリア教育の目標とカリキュラム・ポリシーを以下の通り定めます。

キャリア教育の目標

キャリア教育の目的は、初年次の段階から働くことに対する勤労観・職業観を醸成し、基礎的・汎用的能力を高め、社会的・職業的自立を促すことである。

カリキュラム・ポリシー

キャリア教育のカリキュラム(4単位以上修得)は全学共通とし、年次別に体系化し4年間を通して設定する。その特色は以下の通りである。

  • 初年次教育から「働くこと」の気づきを啓蒙するため、「自己理解」「他者理解」「職業観の醸成」「就業力の認識と実践」を体系的にキャリア教育カリキュラムとして配置し、人間関係形成・社会形成能力を醸成する。
  • キャリア形成の観点から、社会的・職業的自立に必要な基盤となる能力等を育成する体系的なキャリア教育カリキュラムを配置し、キャリアプランニング能力と課題対応能力を醸成する。
  • 学生一人一人の発達状況の的確な把握ときめ細かな支援のために、気づきを促し、意欲・態度を育む「勤労観・職業観」、スキルを身につけ能力・態度を育む「基礎的・汎用的能力」を醸成するキャリア科目を、他の基礎教養、専門科目との連動化が図れるように配置する。 

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」