文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > 国際交流 > 体験レポート > アメリカ語学研修(2018年度)

ここから本文です。

更新日:2018年11月7日

アメリカ 

2018年8月24日~9月14日(22日間) Portland State University ( PSU )

ポートランドで過ごした3週間   商学部 経営学科 4年生 米分優花

海外語学研修で過ごした3週間、さまざまなことを学び経験することができました。

2018年度アメリカ語学研修 修了証書を手にホストファミリーとの生活を少し不安に思っていましたが、ホストファミリーはすごく優しくて、休みの日にはいろいろな場所へ連れて行ってくれました。家族構成は、お父さん・お母さん・小学生の男の子2人・犬の5人。私が英語を話せなく困っている時でもジェスチャーで必死に伝えようとしてくれたり、ゆっくり話してくれたりしてくれてとても嬉しかったです。おかげで行く前よりは少し英語を聞き取る力がついた気がします。

いちばん思い出に残っているのは家でホームパーティーをしたことです。ホームパーティーは多くの人たちが一品ずつ料理を持ってきていて、日本にはない料理などもあり、アメリカならではの料理を食べることができました。どの料理も美味しく、いろいろな人と交流することができてとても勉強になりました。

アメリカでの授業ではジェーネスとトゥリサの2人の先生が教えてくれました。ゲームを通じて単語の発音や日本とアメリカの違いを勉強したり、すごく楽しかったです。日本で英語の授業を受けるのとはやはり違うなと思いました。

中でも一番印象に残ったのは最後に2チーム分かれて短い劇を発表したことです。私たちのチームは「ヴィンテージショップに入る時に盗難防止のために荷物を預ける」というシーンのコントをしました。英語のセリフをみんなで考え、本番では緊張して少しセりフを忘れてしまいましたが無事に発表できて良かったです。

フィールドワークではシアトルに行ったことが印象に残っています。野球観戦をするのは小学生以来のことで、ルールにはあまり詳しくないのですが、すごくワクワクして楽しめました。またシアトルではずっと行ってみたかったスターバックスの1号店にも行きました。少し並びましたが限定のコーヒー豆やタンブラーを買うことができました。昼食はシアトル名物のクラムチャウダーを食べました。ものすごく美味しかったです。

PSUの先生方やANDEO*スタッフの方はいつも優しく、わからないことや困ったことがあればいつでも相談にのっていただき、先生方がいてくれたからこそ楽しく充実した日々が過ごせたと思います。

この3週間たくさんのことがありました。初めてすること、初めて見るもの、初めて食べるものなど初めて経験することがたくさんありました。ポートランドにきて初めは少し戸惑い3週間もここでやっていけるかという不安しかなかったけれど、少しずつ慣れていき、毎日が楽しくてたまりませんでした。帰国する日が近づくにつれてまだ帰りたくないという思う毎日でした。そう感じることができたのも周りの支えがあったからだと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、私がもっと英語を聞き取れ話すことができればもっと楽しめただろうと思います。これからも少しずつ英語の勉強をして自由に話せるようになりたい、そしてまた再びポートランドに行きたいと思いました。本当に良い経験になりました。ありがとうございました。

(*ANDEO ポートランドを基盤とする非営利団体。異文化間の理解と友好関係の促進を目的にホームステイの斡旋などを行っている。)

 

2018年度アメリカ語学研修 到着後 2018年度アメリカ語学研修 クラスの様子

海外語学研修報告    経済学部経済学科 3年生 須賀 滉介

私は海外に行くのは初めてで、最初の伊丹空港の集合の時は不安でいっぱいでした。ですが、現地にいざ着いてみるとなんだかワクワクしてきてこの環境を全力で楽しんで意味のある研修にしてやろうと思いました。

いろいろな体験をしてきていちばん印象的だったのは、ホストファミリーと行ったキャンプです。ホストマザーの家族の親戚などが集まる1年に1回の恒例行事につれていってくれました。
人生で初めてキャンピングカーに寝泊りし、トランポリンやアメリカの現地ではやっているゲームをして遊びとても楽しかったです。とても緊張していた私に「You don’t need to get nervous.」と言って笑顔で“Family”と言ってもらえたのは本当に嬉しかったです。
そこで知り合った日本に留学経験のあるアメリカ人のカップルと夜中まで音楽を聞いたり、草原に寝転んで星を見たりして遊びました。アメリカの人はフレンドリーな部分もあり、とても親切で明るい人が多くて、私ももそんなアメリカ人のように広い心を持って行動しようと思いました。

今回の3週間の研修を経て自分はもっと英語を勉強してネイティブの英語を全部理解し、現地のアメリカ人としっかりとコミュニケーションがとりたいと思いました。将来はアメリカだけでなく英語圏の国と地域を訪れて、その現地の良さやさまざまなことを経験し、自分にとっていい刺激にできたらいいなと考えています。

研修に参加しかけがのない仲間と出会うことができて本当に良かったです。ANDEOのスタッフやこの研修に参加させてくれた両親にとても感謝しています。そして、アメリカという国が本当に好きになりました。

 

2018年度アメリカ語学研修 街に出かける 2018年度アメリカ語学研修 ホームステイ先の子どもたちと

 

お問い合わせ

教務部  

ダイヤルイン:078-794-3557

流通科学大学キャラクター「りゅうか」