文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2017年6月 > 今週の特別講義「プロデュース論」 2017年6月15日

ここから本文です。

更新日:2017年6月18日

今週の特別講義「プロデュース論」 2017年6月15日

よしもとクリエイティブ・エージェンシー  ミサイルマン 西代洋氏

「プロデュース論」 2017/06/ 吉本クリエイティブ・エージェンシー  ミサイルマン西代洋氏
 

第10回プロデュース論では、(株)よしもとクリエイティブ・エージェンシーの
ミサイルマン西代 洋氏にご登壇いただきました。

開始早々、どんな話題も笑いにつなげる軽快なトークで講義はお笑いライブムードに。芸人の世界で生きてきた中で西代氏が培った対応力について、たくさんの笑いと共に語っていただきました。

ライブの前説ばかりの下積み時代が長かったという西代氏。西代氏にとって最初のレギュラー抜擢はラジオ番組だそうで、前説でも腐らずに経験を重ねることで先輩芸人の目に留まり、レギュラー番組を勝ち取ったとのこと。

先輩との繋がりが出来れば、相手が持っているコミュニティーの人々とも交わるようになり、また新たな仕事や先輩との結びつきが生まれる。
「人間万事塞翁が馬」という言葉の通り、幸せや災いは予測できないものであり、踏み込んだら何かが起こるかもしれない。そういった前のめりな姿勢が新たな繋がりを生み、対応力の向上をもたらすと語りました。

また、そういった熱量だけではなく、人との距離を縮めるうえで西代氏が実践しているのが一言エッセンスを加えること。
先輩から「お腹空いているか?」とご飯に誘われた際、「空いてます!」だけでは伝わらないような後輩としての可愛さをアピールする返し、就寝中に電話がかかってきた際に相手に申し訳ない気持ちを感じさせない返しなど、他人を自分に引き寄せる対応力と、自分をプロデュースする方法を学生に伝授しました。

西代氏は、大学という環境は、社会の縮図でさまざまな種類の人と関わることのできる環境。他人が持つ距離感を知るためにどんどん踏み込んでいき、対応力を高めてほしいと学生に伝え、講義は幕を閉じました。

人間力を高めるお話も豊富で、最後まで笑いの耐えない賑やかな講義となりました。

 

お問い合わせ

教務部  

ダイヤルイン:078-794-3557

流通科学大学キャラクター「りゅうか」