文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2017年11月 > 森藤ゼミ「地域の課題とその解決策を探る現地調査 in 吉野」を実施

ここから本文です。

更新日:2017年11月6日

森藤ゼミ「地域の課題とその解決策を探る現地調査 in 吉野」を実施

森藤ゼミでは、ソーシャル・マーケティング(社会の問題解決へのマーケティングの活用)を勉強しています。

10月28日(土)~29日(日)、奈良県吉野町山口地区のご支援のもと、森藤ゼミ2年生17名が現地調査を行いました。
地域の大きな課題は高齢化・過疎化が進んでいることです。学生たちは、森林セラピーを体験したり、空き家の見学をして、地域の実態を自分たちの目で確かめました。その後、山口自治会・山口体育協会・山口老人会の方々25名との意見交換を行いました。地域住民と学生が地域の課題を共有し、3時間にわたる活発な話し合いがなされました。

今回の現地調査をもとに、学生たちは2018年1月末に再び吉野町に伺い、地域の課題を解決するプランを提案する予定です。

森藤ゼミ「地域の課題とその解決策を探る現地調査 in 吉野」 課題の共有 森藤ゼミ「地域の課題とその解決策を探る現地調査 in 吉野」 実地調査

お問い合わせ

教務部

ダイヤルイン:078-794-3557

流通科学大学キャラクター「りゅうか」