文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2017年11月 > 第18回図書館総合展で学生がプレゼンテーションを行いました

ここから本文です。

更新日:2017年11月22日

図書館総合展で学生がプレゼンテーション 「文章表現Ⅱ」クラス

「第18回図書館総合展」(2017年11月7日~9日 パシフィコ横浜)に参加

「文章表現Ⅱ」を履修する1年生と2・3年生有志計7名が、「第18回図書館総合展」に参加しました。

文章表現Ⅱ POP作成図書館総合展は来場者3万人を超える国内最大の図書館関連イベントで、行政関係者、教育関係者、出版をはじめとするメディア・情報関連企業が参加し、読書・学習・研究環境についての最新技術と知見が一堂に会する場を提供しています。

「文章表現Ⅱ」は1年生前期の「なりたい自分発見カリキュラム」の科目のひとつで、受講生たちは最終課題として各自、書店で飾られるPOP広告を作成します。制作したPOPは大学図書館に掲示されたほか、今年度は兵庫県内10の書店と連携したブックフェアを開催し、各店舗の店頭で実際に使用していただきました。

図書館総合展 担当プログラム

  • ポスターセッション「読書推進活動における授業と図書館と書店の協働」「学生主体の読書推進活動」
    野中春香さん(経済学部1年)、曽賀希歩さん(商学部1年)
  • 活動紹介「全国学生協働サミット 特別セッション」
        近藤由佳さん(人間社会学部2年)、平郡栞奈さん(人間社会学部1年)、大浪陸さん(経済学部1年)
  • 活動紹介「全国学生協働サミット フォーラム『利用者と図書館の協働について考える』」
    嶋津貴子さん(経済学部3年)、加藤和輝さん(人間社会学部2年)
ポスターセッション
野中さん・曽我さん
活動紹介「全国学生協働サミット」
近藤さん・平郡さん・大浪さん
活動紹介「全国学生協働サミット」
嶋津さん・加藤さん

 

指導・同行の橋本信子准教授と桑原桃音講師

第18回図書館総合展 私たちのチームの最大の特徴は、「文章表現Ⅱ」の授業を受けた学生たちが、履修が終わったのちも有志で読書推進活動をしていることです。彼らは図書館のスタッフでもなく、サークルですらありません。
それぞれ個人の関心や意欲に沿って、読書会に参加したり、図書館のイベントに参加したり、書店へ取材に行ったり、ビブリオバトルを立ち上げたりしています。
個人・有志としての活動でありながら、兵庫県内10の書店と連携してブックフェアを開催できたということに、たくさんの方から感嘆の声と質問を寄せていただきました。
今後とも読書推進の活動を継続して行っていきたいと思います。

 

お問い合わせ

教務部

ダイヤルイン: 078-794-3557 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」