文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2018年2月 > 留学生と日本文化を楽しむ 節分イベント

ここから本文です。

更新日:2018年2月1日

留学生と日本文化を楽しむ 節分イベント

節分イベント 2018/02/01 参加者の皆さん

留学生に日本の行事「節分」を体験してもらおうというイベントが2月1日(木)、ワールドホールで開催されました。

イベントでは日本人学生が司会進行を担当、まず最初に節分の由来や、節分に食べる恵方巻・鰯などについて解説しました。
その後、鬼のお面をかぶった日本人学生がユーモラスに登場、留学生は豆をまいて鬼を退治しました。

ブレイクタイムには恵方巻と鰯の煮つけが振る舞われ、学生たちは「無言で食べるの!?」と不思議がりながら、今年の恵方「南南東」を向いて恵方巻を頬張りました。

最後はクリスマスイベントでも活躍した学生ユニット「RYUKA DK2」の2人が鬼のコスチュームを着て登場、節分をやさしく説明した絵本『せつぶんだまめまきだ』や『ももたろう』を、留学生の前で朗読しました。

節分イベント 2018/02/01 節分イベント 2018/02/01 節分イベント 2018/02/01

参加したベトナム人留学生ヴ スアン ズンさん(商・1年生)は、「ベトナムにはこんな行事はなく、巻きずしも日本に来てから食べました。ベトナムとは違う日本の文化を体験できて面白かった。大学では1月のお餅つきなど、日本のいろいろな行事を体験できて、楽しく過ごしています」と話しました。

 


お問い合わせ

学生部留学生支援課 

ダイヤルイン:078-794-3095

流通科学大学キャラクター「りゅうか」