文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2018年12月 > 羽藤ゼミ JR西日本「南九州カレッジ」 成果発表会で企画提案

ここから本文です。

更新日:2018年12月26日

羽藤ゼミ JR西日本「南九州カレッジ」 成果発表会で企画提案

南九州カレッジ成果報告会 羽藤ゼミのプレゼンマーケティングを学ぶ羽藤ゼミの学生が12月17日(月)、ホテルグランヴィア大阪で行われた「南九州カレッジ成果報告会」でこれまでの研修の成果を発表しました。

南九州カレッジとは、南九州3県(熊本、宮崎、鹿児島)とJR西日本が主催するプログラムで、関西エリアの地域間交流の促進、体験実習による学生の成長機会の創出や南九州三県への修学旅行需要の喚起を目的としています。
参加した4つの大学のチームは、各県から出題されたテーマにもとづいて、学生視点で課題の解決を図る提案を企画します。

羽藤ゼミは宮崎県を担当し、出題された「スポーツランドみやざきを満喫!」をテーマに、9月4日~6日に現地での実地調査を行い、体験実習や地元の人たちへのヒアリングを通して宮崎県が抱える課題を探りました。

最終報告会では、授業で学んだ因子分析やクラスター分析などさまざまなマーケティング手法を使い、宮崎県の魅力の新たな打ち出し方や旅行プランを企画・提案しました。 
惜しくも受賞は逃しましたが、審査員の方々からは「宮崎県の魅力を再発見することができた」「難しいマーケティング手法や分析の見せ方の工夫が随所にされており、分かりやすいプレゼンだった」など、高い評価をいただきました。

 

南九州カレッジ 宮崎県を体験研修中の羽藤ゼミ 南九州カレッジ成果報告会 質疑応答

 


お問い合わせ

教務部  

ダイヤルイン:078-794-3557

流通科学大学キャラクター「りゅうか」