文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2019年2月 > 和太鼓部定期演奏会「第8回流風和奏」を開催

ここから本文です。

更新日:2019年2月25日

和太鼓部定期演奏会「第8回流風和奏」を開催

第8回流風和奏

-天翔け響く暁鐘の和魂-

2月24日(日)、流通科学大学和太鼓部主催演奏会「第8回 流風和奏 -天翔け響く暁鐘の和魂(そらにかけひびくよあけのこえ)-」がRYUKA HALLで開催されました。

定期演奏会「流風和奏」は、学生自身が段取り・音響・照明・MCなどを行う手作りのコンサートです。毎年コンサートを楽しみにされている方も多く、12時半の開場とともに観客席700席のRYUKA HALLは満員となり、過去最多の来場者数となりました。

和太鼓部はサンバのリズムを取り入れたリズミカルな曲「響陽」や、横打ちや斜め打ちが見られる「黒船」などの7曲を演奏しました。
また、演奏会のゲストには「別所ともえ太鼓会ジュニアチーム」、和太鼓部の指導者でプロの和太鼓奏者である木村優一氏と、木村氏がプロデュースする「大地の会」をお迎えし、演奏を披露していただきました。

演目の最後には、木村優一氏と大地の会、本学和太鼓部部員と同クラブ卒業生が集結し、木村氏が作曲されたレクイエム曲「大地」を演奏しました。
「大地」は2005年、阪神・淡路大震災から10年目の節目に発表された木村氏の代表曲で、阪神・淡路大震災での追悼式典で毎年演奏されています。大人数での迫力ある演奏に、会場は大きな拍手に包まれました。

演目

  1. 熱風
  2. 洋上の島
  3. 流星
  4. 別所ともえ太鼓ジュニアチーム 1曲
  5. 黒船
  1. 響陽
  2. みのり
  3. 海洋
  4. 木村優一×太鼓楽団 大地の会 3曲
  5. 大地(合同)
和太鼓部による演奏 和太鼓部による演奏

 


お問い合わせ

学生部学生課

ダイヤルイン:078-794-3552

流通科学大学キャラクター「りゅうか」