文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 한국어
  • 中文簡体字
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

学部・学科別索引

五十音別索引

ここから本文です。

更新日:2014年10月9日

大島 秀武   オオシマ ヨシタケ

URL

役職

所属(学部・学科等)

  • サービス産業学部 サービスマネジメント学科

資格

  • 教授

学位

  • 博士(学術)

最終学歴

  • 大阪市立大学大学院後期博士課程修了 

担当科目

  • 運動指導技術演習B
  • 運動処方演習B
  • 運動生理学
  • 地域ボランティア演習Ⅰ
  • 地域ボランティア演習Ⅱ
  • 野外教育活動演習(キャンプ実習)
  • 基礎演習B
  • 研究演習Ⅰ
  • 研究演習Ⅱ
  • 卒業研究

専門分野

  • 運動生理学
  • 運動処方

所属学会

  • 日本体力医学会
  • 日本体育学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本公衆衛生学会
  • ウォーキング学会
  • アメリカスポーツ医学会

現在の研究テーマ

  • 身体活動量の評価に関する研究
  • 肥満者の減量プログラムに関する研究

学外での活動

  • 神戸市西区役所保健福祉課あんしんすこやか係との連携事業
    健康づくりフォロー研修会、なでしこ研修会、中高年の健康づくり研修会、ヘルシーウォーキングボランティア研修会 
  • 加東市サンサンチャレンジ運動講座 

~2012年度

  • 神戸市西区役所保健福祉課あんしんすこやか係との連携事業
    健康づくりフォロー研修会(2012/06/08、11/16)、なでしこ研修会(2012/06/29)、中高年の健康づくり研修会(2012/7/20, 10/15, 11/30)、ヘルシーウォーキングボランティア研修会(2012/02/25)
  • 明石市立高齢者大学校(あかねが丘学園)での特別講師
  • 神戸市西区の商業施設プレンティとのコラボ企画での講師、およびキッズサンタコンサートの開催

委員会(学内)など

  • スポーツ健康マネジメントコース コースリーダー

助成を受けた研究

研究テーマ 生体インピーダンス法による胸式呼吸・腹式呼吸の分離計測技術の確立
助成者 流通科学大学
期間 2013年
金額 500万円

研究テーマ ハイキングコースの案内板設置による学園都市の健康化に関する研究 (研究代表)
助成者 流通科学大学
期間 2013年8月~2015年7月
金額 499万円

研究テーマ 高齢者の身体不活動の評価方法の確立とその計測意義に関する研究
助成者 流通科学大学
期間 2012年
金額 50万円

研究業績

項目 学術論文
発行年月 2013年10月
タイトル 子どもの各種身体活動従事時間と身体活動レベルとの関係
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 体力科学」vol.62 No.5   日本体力医学会
ページ 391-397

項目 学会発表
発表年月 2013年9月
テーマ 加速度センサ式歩数計のマスク時間が歩数のカウントに及ぼす影響
単独/共同 共同
大会名 第16回 運動疫学研究会
会場 独立行政法人 国立健康・栄養研究所(東京都)

項目 学会発表
発表年月 2013年9月
テーマ 皮膚への微振動刺激が自律神経応答に及ぼす影響について
単独/共同 共同
大会名 第68回 日本体力医学会大会
会場 日本教育会館 学術総合センター(東京都)

項目 学会発表
発表年月 2013年9月
テーマ 運動指針に基づく2型糖尿病患者の身体活動量と糖・脂質代謝特性
単独/共同 共同
大会名 第68回 日本体力医学会大会
会場 日本教育会館 学術総合センター(東京都)

項目 学会での招待講演
発表年月 2013年8月
テーマ 学際的シンポジウム:日本発の運動・トレーニング法「活動量計」
単独/共同 単独
大会名 日本体育学会 第64回大会
会場 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス(滋賀県)

項目 学会発表
発表年月 2013年6月
テーマ Japan Diabetes Outcome Intervention Trial-1(J-DOIT1): A Cluster Randomized Controlled Trial of Type 2 Diabetes (T2DM) Prevention by Telephone-Delivered Lifestyle Support for High-Risk Subjects
単独/共同 共同
大会名 American Diabetes Association 73rd Scientific Sessions
会場 Chicago, Illinois, USA

項目 学会発表
発表年月 2013年1月
テーマ 女子および男子大学生における運動時の腹圧性尿失禁に関するアンケート調査
単独/共同 共同
大会名 第15回 運動疫学研究会
会場 岐阜県

項目 学術論文
発行年月 2012年9月
タイトル 3軸加速度計Active Style Proを用いた身体活動量評価においてepoch lengthが解析結果に及ぼす影響
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 運動疫学研究14(2)   中田由夫,大河原一憲,大島秀武,田中茂穂  (運動疫学研究会)
ページ 143-150

項目 学術論文
発行年月 2012年9月
タイトル 六甲全山縦走における生理的負荷指標の変化(第1報)
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 ウォーキング研究16   関和俊,高木祐介,大島秀武,小野寺昇  (日本ウォーキング学会)
ページ 151-156

項目 学会発表
発表年月 2012年9月
テーマ 子どもの高強度活動が1日の身体活動レベルに及ぼす影響
単独/共同 共同
大会名 第67回 日本体力医学会大会
会場 岐阜

項目 学会発表
発表年月 2012年9月
テーマ 足浴による温熱刺激がM波及びH波に及ぼす影響
単独/共同 共同
大会名 第67回 日本体力医学会大会
会場  岐阜

項目 学会発表
発表年月 2012年9月
テーマ  ヒューマンカロリメーターを用いた食事誘発性体熱産生(DIT)の評価法と妥当性・再現性
単独/共同 共同
大会名 第67回 日本体力医学会大会
会場 岐阜

項目 学会発表
発表年月 2012年9月
テーマ 微振動刺激が姿勢変化における循環応答に及ぼす影響について
単独/共同 共同
大会名 第67回 日本体力医学会大会
会場 岐阜

項目 学会での招待講演・パネリスト
発表年月 2012年9月
テーマ シンポジウム:運動疫学研究における身体活動の評価法と発展性  -加速度計
単独/共同 共同
大会名 第15回運動疫学学会
会場 岐阜県

項目 学会発表
発表年月 2012年6月
テーマ 六甲全山縦走における生理的負荷指標の変化
単独/共同 共同 
大会名 第16回日本ウォーキング学会
会場 京都

項目 学術論文
発行年月 2012年4月
タイトル 加速度計で求めた「健康づくりのための運動基準2006」における身体活動の目標値(23メッツ・時/週)に相当する歩数
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 体力科學 61(2)    (日本体力医学会)
大島秀武,引原有輝,大河原一憲,高田和子,三宅理江子,海老根直之,田畑泉,田中茂穂
ページ 193-199

項目 学術論文
発行年月 2012年3月
タイトル Effect of weight-loss program using self-weighing twice a day and feedback in overweight and obese subject: A randomized controlled trial
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Obesity Research & Clinical Practice
Yoshitake Oshima, Yukiyo Matsuoka, Naoki Sakane
ページ  

項目 学術論文
発行年月 2012年1月
タイトル 運動と健康の心理学
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 朝倉書店   編集・竹中晃二
ページ 149-150,189-202

項目 学会発表
発表年月 2011年11月
テーマ Prediction of energy expenditure of low-intensity physical activity from triaxial acceleration in indirect human calorimeter
単独/共同 共同 
大会名 2nd international conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism
会場 Maastricht,The Netherlands

項目 学会発表
発表年月 2011年11月
テーマ Estimation of physical activity intensity with classifying locomotive and nonlocomotive activities by a triaxial accelerometer in young children
単独/共同 共同 
大会名 2nd international conference on Recent Advances and Controversies in Measuring Energy Metabolism
会場 Maastricht,The Netherlands

項目 学会発表
発表年月 2011年9月
テーマ Dual生体インピーダンス法による腹部内臓脂肪蓄積の評価
単独/共同 共同 
大会名 第32回 日本肥満学会
会場 淡路夢舞台国際会議場

項目 学会発表
発表年月 2011年9月
テーマ 3軸加速度計で計測した日本人の身体活動量と肥満に対する週23メッツ・時の影響
単独/共同 共同
大会名 第66回 日本体力医学会大会
会場 下関

項目 学会発表
発表年月 2011年9月
テーマ メタボリックシンドローム予防を目的とした性・年代別の筋量基準値の検討
単独/共同 共同
大会名 第66回 日本体力医学会大会
会場 下関

項目 学会発表
発表年月 2011年9月
テーマ 耐糖能に対する筋肉量、体脂肪量および運動習慣の影響
単独/共同 共同
大会名 第66回 日本体力医学会大会
会場 下関

項目 学会発表
発表年月 2011年6月
テーマ Free-living physical activity by tri-axis accelerometer in a Japanese population: a multi-cohort study
単独/共同 共同
大会名 The International 21st Puijo Symposium
会場 Kuopio, Finland

項目 学術論文
発行年月 2010年3月
タイトル Classifying household and locomotive activities using a triaxial accelerometer
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Gait & Posture Vol.31
ページ pp.370-374

項目 学術論文
発行年月 2010年1月
タイトル Estimation of whole-body skeletal muscle mass by bioelectrical impedance analysis in the standing position
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Obes Res & Clin Pract Vol.4
ページ pp.e1-e7

項目 学術論文
発行年月 2006年8月
タイトル 成人女性における平日および休日の歩行活動と体脂肪率との関係
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 肥満研究 Vol.12
ページ p.119-123

項目 学術論文
発行年月 2006年2月
タイトル Within-day variability of whole-body and segmental bioelectrical impedance in a standing position
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Eur J Clin Nutr Vol.60
ページ pp.938-941

項目 学術論文
発行年月 2003年6月
タイトル 運動時におけるリアルタイムでの心拍変動解析に基づく至適運動強度の決定
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 体力科学 Vol.52
ページ pp.295-304

項目 学術論文
発行年月 1998年8月
タイトル 運動中断時の負荷量の差が回復期の呼吸パターンおよび酸素摂取量の回復動態に及ぼす影響
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 日本臨床生理学会雑誌 Vol.28
ページ pp.211-219

項目 学術論文
発行年月 1998年2月
タイトル Effects of endurance training above the anaerobic threshold on isocapnic buffering phase during incremental exercise in middle-distance runners
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Jpn J Phys Fittnes Sports Med  Vol.47
ページ pp.43-52

項目 学術論文
発行年月 1997年10月
タイトル Relationship between isocapnic buffering and maximal aerobic capacity in athletes
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Eur J Appl Physiol  Vol.76
ページ pp.409-414

項目 学術論文
発行年月 1997年10月
タイトル 最大運動負荷後の酸素摂取量の回復動態と血中乳酸,グルコースおよびアラニンの関係
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 体力科学 Vol.46
ページ pp.479-488

 

流通科学大学キャラクター「りゅうか」