流科大の「社会共創プログラム」って?

さまざまな企業や地域・自治体とコラボレーションして、学生が調査・企画・提案から、商品化・実用化までを実施する流科大の「社会共創プログラム」。
自ら考え、調査し、発言する。グループを作り、共同で課題に取り組み、意見交換をしながら、1つの成果を作り上げていく。
それは先生の話を聞き、板書をしていた高校時代とは大きく異なる、大学ならではの学びのかたちです。

たくさんの人と出会い、共に創る活動。
社会共創プログラムを通して、自ら考え問題を解決する力が身につきます。

INTERVIEWSプロジェクト・インタビュー

各プロジェクトにおいて活躍した学生の皆さんと、その指導を担当した先生方にお話をお聞きしました。

PROJECTN

淡路島仁井の地域活性化

様々なゼミの教員や学生が共同で参加したプロジェクト

舞台、レクリエーション、食の異文化体験を通じて、地域の人々と交流を深めました。