夢の種

流通科学大学

育てる、なりたい自分の夢の種

川邊 太一さんインタビュームービー

INTERVIEW 02

元々まちづくりに興味があって、自分の手で直接自治体を良くしていくにはどうすればいいかなと考えました。

CASEWORKER
市役所勤務 ケースワーカー
川邊 太一さん

2015年3月卒業
兵庫県立伊丹高等学校出身

いわゆるケースワーカーという仕事は、いろいろな境遇な方々がいるなかで、お金の決定であったり必要な支援を提案していく仕事になります。

川邊 太一さん

福祉に携わる仕事なので、市民の方が何か困っているに対して、自分が提案したことや役所で出来ることを一生懸命尽くしてその人のために行動することによって、「ありがとう」や「助かった」という言葉を聞くとすごく達成感を感じますし、この仕事をやっていて良かったなと感じます。

印象に残っている公務員講座は数的処理になります。公務員試験のなかで数的処理は非常に高い配点になっていて、それを突破するために講義の内容が非常に手厚く、また、講義自体の数も非常に多く用意されていました。
講座に参加することで勉強する機会をたくさん獲得でき、公務員試験にも無事合格することが出来たからです。

公務員という職種柄、ずっと勉強してというイメージを持たれがちですが、僕自身そうではなくて、勉強はもちろんしましたがその中で遊ぶこと、例えば旅行に行ったり釣りに参加したりといった遊び心も大切だと思います。
合間合間に遊びを入れながら、やりたいように、後悔のないように、大学生活を過ごしていただければいいなと思います。

Model of the Students Life

公務員を目指す学生生活モデル

科目の履修体系

キャリア

公務員に就職する魅力とは・・・?

「全体の奉仕者」と言われる公務員は、市民や社会の利益に直結した仕事ができることが大きなメリットです。「公共のために仕事ができる」ということが、志望動機として最も多く挙げられています。
これらの仕事を通じて、確かなやりがいを実感できます。また、「身近な人たちの暮らしを、便利で豊かにする」「市民の安全と平和を守る」「国を動かし、日本を良くする」一人ひとりの志に合わせ、仕事の可能性は無限に広がります。

やりがいの大きさと、自由度の高さ。これらを同時に満たす仕事は公務員しかない、と言っても過言ではありません。職務内容は実に幅広く、さまざまな仕事があり、幅広い経験をすることができます。

奈良市役所

公務員に向いている人


  1. 行政に対する国民の信頼を 確保することです。コンプライアンスにおいても、公務員一人一人の地道な取り組みができる人。
  2. 公務員には、法学の基本的な知識に加えて、 憲法、行政法、民法、刑法などをはじめとする様々な法律について、 幅広い知識を身につけておくことが必要不可欠である。
  3. 公務員には、幅広い法令の知識に加え、 高い倫理観や使命感が求められているのでそれらを意識しながら仕事を進めることができる人。
  4. 地域の人々のことを第一に考え、行動できる人。地域に共生できる人。

身につける事を推奨する力

  • ・経済理論の理解
  • ・経済の様々な知識
  • ・公務員試験に必要な知識
  • ・法律と行政の知識

主な卒業生の就職先

さいたま市役所 / たつの市役所 / 愛媛県庁 / 芦屋市役所 / 羽曳野市役所 / 岡山市役所 / 加古川市役所 / 加西市役所 / 加東市役所 / 茅ヶ崎市役所 / 宮津市役所 / 京都市役所 / 京都府庁 / 橋本市役所 / 近江八幡市役所 / 熊本県庁 / 香川県庁 / 高砂市役所 / 高松市役所 / 高知県庁 / 高知市役所 / 国税庁 / 佐賀市役所 / 堺市役所 / 三田市役所 / 三木市役所 / 自衛隊 / 篠山市役所 / 守口市役所 / 洲本市役所 / 小野市役所 / 松原市役所 / 寝屋川市役所 / 神戸市役所 / 神戸地方裁判所 / 諏訪市役所 / 吹田市役所 / 生駒市役所 / 西宮市役所 / 西脇市役所 / 静岡市役所 / 摂津市役所 / 千葉県庁 / 川越市役所 / 川西市役所 / 倉敷市役所 / 草津市役所 / 大阪国税局 / 大阪市役所 / 大阪府庁 / 大津市役所 / 大分県庁 / 長浜市役所 / 鳥取県庁 / 島根県庁 / 徳島県庁 / 奈良市役所 / 尼崎市役所 / 函館市役所 / 八尾市役所 / 姫路市役所 / 福知山市役所 / 福島県庁 / 兵庫県庁 / 宝塚市役所 / 北海道庁 / 明石市役所 / 和歌山県庁 / 和歌山市役所

公務員の授業について在学生からのコメント

  • 酒井 美乃莉さん
    酒井 美乃莉さん (商学部経営学科)

    授業内容は、簿記や資産管理について、お金の流れや損益にかんすることを学んでいます。ゼミでは、企業の経営状態を見極めるための力をつけたり資格を多くとれるように励んでいます。
    授業で印象に残っているのは「経営管理論」です。世の中にあふれる過去の経営事例から、経営者の考えを学びリーダー目線であらゆる企業に触れました。授業を受けるだけでなく、ディベート形式で他の人と自分の意見をディスカッションできたことが楽しかったです。
    私は将来、公務員職に就きたいと考えていたので公務員試験対策の授業があるこの学校を選びました。また地域散策なども好きなので、それを生かしてマーケティングから地方活性化の企画なども行っていきたいです。

  • 藤木 尚人さん
    藤木 尚人さん (人間社会学部人間社会学科)

    流通科学大学では教職の免許もとれるので、僕はもともと教師を目指して進学を考えていました。
    しかしあるとき、大学に入ってからオープンキャンパス研修で、島根の観光協会にインタビューをすることがありました。この研修がキッカケで人の温かみや、取り組みに触れ将来は地域の復興や産業保護のようなことができる仕事に就きたいと思い、その中でも公務員を目指すようになりました。
    過疎状態の地方が、地元の人たちの努力や取り組みで少しづつ過疎状態から回復して住む人々も増えて地域が元気になっていくその一旦を僕もやってみたいです。
    今は、公務員試験対策の授業などで単位を取りつつ、もっと「やりたいこと」がリアルに想像できるようにいろんな世界を見ていきたいと思います。

育てる、なりたい自分の夢の種
Copyright © University of Marketing and Distribution Sciences. ALL RIGHTS RESERVED.

流通科学大学