夢の種

流通科学大学

育てる、なりたい自分の夢の種

茨木 耕司さんインタビュームービー

INTERVIEW 03

僕が大事にしているのは人との繋がりです。仲間の協力があって初めて何かを成し遂げることができると思っているからです。

事業承継者・起業家
アサヒ印刷株式会社 代表取締役
茨木 耕司さん

1998年3月卒業
育英高等学校出身

茨木 耕司さん

バスケットボールはもちろんですが、事業承継する上で経営をしていくことについても学ぶことができた学生生活は非常に大きな4年間だったと感じます。

僕が流通科学大学に入ったのは、実家が印刷業を営んでいて、将来経営に携わるのであればこの大学に入って四年間経営の勉強がしたいと感じたからです。
それと同時に高校時代から続けていたバスケットボールも、勉強に重きを置きながら続けていきたいと考えていました。

最終的には1部で4位になって最後にはインカレまでいくことができました。良い時はうまくいって勝つことができるのですが、負ける時っていうのは一生懸命やっても勝てない、だからその時の方がどうやったら勝つことができるのかを考え続けるので、今、会社を経営していて壁に当たるたびにその時の経験が役立っていると思っています。

仕事をしている上で自分の中で大切にしているポリシーは、学生生活4年間バスケットボール部で頑張ってきた部訓の”挑戦”です。大学創設者の中内功さんからいただいた言葉になるのですが、バスケットボール部の仲間とともに”挑戦”という部訓のもと練習を頑張り、最初はなかなか勝てなかったのですが、最後にはインカレに出場することができた経験は僕にとってすごく自信になっています。だから、仕事をしていて、経営をしていて、苦しいなって思った時に”挑戦”という言葉のもとに頑張った4年間は僕にとって非常に大切にしていて、自分自身を引っ張っていく力の源になっています。

流通科学大学だから学べたと思うのは、経営者として大切な部分、僕にとっては組織論、販売戦略、広告、市場調査、マーケティングなどであり、会社を経営していく上で必要になる知識を大学4年間で学ぶことができたと感じています。働きだしてから経営のことを学ぼうと思うと大変なんですよ、時間とお金と労力を使わないといけないのですが、流通科学大学ではそういった知識を大学にいながら学ぶことができたのです。特に僕がこの大学すごいなと感じたのは、企業の方が来て講義をしてくださるところで、今の僕に活きる力を効果的に学べました。

今僕が経営するアサヒ印刷株式会社は1904年にマッチ箱印刷の会社として創業したのですが、現在では一般商業印刷物を中心にお客様のビジネスパートナーになれるような会社として成り立っています。

ビジネスパートナーとしての印刷会社でありたいという想いは、昔からずっと父親が言っていました。そんなお客様の信頼と信用を得る仕事を大切にしていくという理念を、僕が受け継いで今の時代にどう活かしていくかというのが、事業承継していく上でポイントになるところだと考えています。事業承継は親から理念や想いを受け継ぐことだけれど、その上で、自分の仕事は引き継いだ時に何色に染めていくかということだと思っています。

Model of the Students Life

事業継承者・起業家を目指す学生生活モデル

科目の履修体系

キャリア

「事業承継」とは?

事業承継(じぎょうしょうけい)とは、企業の経営を信頼できる後継者に引き継ぐことを言い、中堅中小企業にとって、オーナー社長の経営手腕が会社の強みや存立基盤そのものになっていることが多く、事業を「誰」に引き継ぐかは重要な経営課題となっています。
また、事業承継は単に次の社長を誰にするかという問題ではなく、会社の経営権そのものの自社株を誰に引き継ぐか、後継者をどのように教育していくかという問題も考えていく必要があります。

「起業」とは?

「個性のビジネス化」「能力の付加価値形骸化」とも呼べるでしょう。自身のアイディアの実現や、個性や能力の発揮をするために起業という選択をされる方は大勢いるかと思います。また、自分のスタイルで仕事がしたいなど、「やりたいことはあるけど、組織に縛られたくない」、経済的リスクを背負いつつも、自己責任で意思決定し活動する範囲を広げていけることに魅力を感じて起業するというケースもあります。起業と聞くと、なにかハードルが高いように思われるかもしれませんが、個人事業主として始めるのであれば、特に難しいことではないかも知れません。


本学理事・評議員・AC(アドバイザリー・コミッティー)で事業承継を経験された方


  • 株式会社美十

    代表取締役社長 酒井 宏彰氏

    フジッコ株式会社

    代表取締役社長 福井 正一氏

    エースコック株式会社

    代表取締役社長 村岡 寛 氏
  • 大正製薬ホールディングス株式会社

    代表取締役社長 上原 明 氏

    江崎グリコ株式会社

    代表取締役社長 江崎 勝久氏

    国分グループ本社株式会社

    代表取締役会長兼社長CEO 國分 勘兵衛氏
  • サントリーホールディングス株式会社

    代表取締役社長 酒井 宏彰氏

    フジッコ株式会社

    代表取締役会長 佐治 信忠氏

    ミズノ株式会社

    相談役会長 水野 正人氏

卒業生で家業を継ぎ活躍されている方


  • 株式会社合通

    代表取締役社長 大和 隆人氏

    アサヒ印刷株式会社

    代表取締役社長 茨木 耕司氏
  • 株式会社ひめや

    専務取締役 三浦 芳嗣氏

    キーウエストコーポレーション株式会社

    代表取締役社長 山田 雄基氏
  • 株式会社ヤマヨ山本商店

    代表取締役 山本 哲士氏

    そば処水野

    水野 北斗氏

卒業生で起業し活躍されている方


  • 株式会社スタジオアタオ

    代表取締役 瀬尾 訓弘氏

    株式会社ソリッドステップ

    代表取締役 林 慶太朗氏

    フリーアナウンサー

    大原 淳子氏
  • サンバダンサー

    工藤 めぐみ氏

    T&F. Ne+KOBE

    代 表 野口 研治氏

    クローバーデザイン株式会社

    代表取締役 上田 啓治氏
  • 株式会イクシージャパン

    代表取締役 小松 有紀氏

    株式会社オハナスマイル

    代表取締役 酒造 博明氏

 事業継承者・起業家の授業について
在学生からのコメント

  • 國富 杏奈さん

    事業継承育成プログラム受講

    國富 杏奈さん 商学部経営学科1年生 第2期りゅうか女子

    幼い頃から、父がお客さんとのやり取りなど、仕事をしている姿に憧れて私も将来、経営者になりたいと思っていました。

    大学を選ぶとき、父に相談したところ、会社関係の方が流通科学大学の1期生だったこともあり、夢に向かって自分の成長のため、他大学は受けずに流通科学大学を受けました。
    事業継承プログラムの魅力は、学長と直接的に話せることと、学長を通して様々な企業のトップの方々とお会いできることです。先日も東京トレードショーに行って、普段会えない人たちと名刺の交換をさせていただいたりと、大学1回生の時点から多くのことを学べるのも魅力的です。
    講義では、実際に2代目で社長をされている方のお話も聞くことができ継承しているからこそできる経験談の数々を学ぶことができます。

    これからは将来のために女性が働きやすい環境の会社とは、どんなところかマネジメントのノウハウや、会社経理について勉強していきます。

    あやふやに生きてても仕方ないですし、常に人生のテーマを持っていたいと思います!

  • 石川 廉さん

    起業家育成プログラム受講

    石川 廉さん 商学部経営学科3年生

    今は学生起業を考えていますが、僕はもともと、好きな服を買ったり、「もっとこんなデザインがあればいいのに」とアパレルに対する想いを持っていたので、高校を卒業してから大学にはいかず、どこかの企業に就職をしてからアパレルの会社を起業する予定でした。

    流通科学大学を選んだキッカケは、高校の先生と夢について話をする機会があり学長から直接起業ノウハウを教わることができる授業があることを知り、絶対この授業を受けてみたいと思ったことからです。受講して感じることは、やはり学長を含め講師の皆さんは成功した体験が前提で話をされるので内容がとてもリアルだということです。

    今は、コミュニケーション能力とアパレルの知識、接客を身に着けるためアパレルショップと飲食店のバイトを掛け持ちして経験を積んでるところです。将来は「和服と洋服をミックスした商品」を作って売りたいです。絶対、東京には行きたいと考えています!オリンピックに向けて、グローバル対応もしたいので、最近はスピードラーニングを始めました(笑)何が流行るか分からないけど、それがファッションの面白いところですよね。 これからも、起業家育成プログラムを通して様々な業界のことやビジネスのノウハウを身に着けていきたいと思います!

育てる、なりたい自分の夢の種
Copyright © University of Marketing and Distribution Sciences. ALL RIGHTS RESERVED.

流通科学大学