テストother

卒業

graduate

2022,3,19

        

SCROLL

卒業

graduate

流通科学大学

2022,3,19

流通科学大学を卒業する皆さんへ

流通科学大学を卒業する皆さんへ

学長式辞

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、卒業生をこれまで育ててこられた、保護者の皆さま、ご家族の皆さまにも、心よりお祝い申し上げます。

皆さんが本学を巣立って行かれるにあたり、私から皆さんにお願いしたいことを3つ、お話ししたいと思います。

まず一つ目ですが、卒業後も学び続けてほしい、ということです。今や、人生100年時代とも言われるように、皆さんが社会に巣立ってから経験する時間は、これまで学校で過ごした毎日よりも、ずっと長い時間になります。みなさんが、大学までに学んだことを通じて、どのようにして物事を学んだらいいのかということはだいたい身についたと思います。

そういう時にこそ、それをチャンスととらえて、新しいことを学んでいってほしいと思います。ただ「学ぶ」と言っても、これまでの学校のように先生から教えられたことを吸収していくことも必要ではありますが、もっと大事なことはやはり自分の頭で考えるということです。皆さんには、本学で学んだことを通じて、この「自分の頭で考える」という力も随分身についたと思いますが、これからがいよいよその力を発揮するときです。実際に社会に出てみると、目の前の仕事や、自分や自分のまわりの人との関係で、さまざまな困難や課題に直面すると思います。そんな時に、それを乗り越え、答えを見つけていくためにも、自分の頭の中にいろんな引き出しを持っていてほしいと思います。課題を乗り越え、答えを見つけるためには、様々なアイデアを出していく必要がありますが、それは突然降ってわいてくるわけではありません。いろんなアイデアというのは、人間が長い間に培ってきたアイデアの組み合わせを変えていくことで生まれてきているのがほとんどだと言われています。そういう意味では自分の中にいろんなアイデアの引き出しを持っていること、そのために学び続けることが皆さんに必要になるのではないかと思います。

2つ目は、これは、と思うことは最後までやり抜いてほしい、考え抜いてほしい、ということです。皆さんのこれからの人生の中でここが踏ん張りどころだと思うところが何度かあると思いますが、そういったときは自分がこれだと思う事をやり抜いてほしい、ということです。ただし、自分の目指したように物事はなかなか進まないと思いますし、自分一人ではできないことというのはいくつもあると思います。ただ、そういうときに途中であきらめてしまったり、他の人のせいにして、自分としては納得できないような取り組み方で済ませてしまった場合、自分には何も身につかないものです。一方で、小さなことでもいいので、とことん自分が納得いくまでやり抜いたという経験を一つ一つ積み重ねていくことによって、自分自身が成長していくことができると思います。人生というものは同質の時間が延々と続くというよりは、皆さん一人ひとりにとっての勝負時・頑張り時というものがきっとあると思います。そこで頑張っておかないと、後々やりたくなっても、もう遅いということもありますし、中途半端な取り組みとなってしまうと何も自分の身にもつかないということになってしまいます。そういう時にこそ、とことん自分が納得するまでやり抜いていただきたいと思います。

3つ目ですが、最後まで自分を諦めないでほしい、ということです。ここまで、学び続けてほしいとか、やり抜いてほしいとか申し上げましたが、そうはいっても、いつもそういったことばかり続けられるものでもありません。皆さんは、本学でこれまで学んでこられた間に、何度も、「ネアカ、のびのび、へこたれず」という言葉を耳にしてこられたと思います。言うまでもなく、本学を創立された中内功さんが座右の銘とされていたことばですが、私は、この3つの中でも「へこたれず」というところが一番大事なところだと考えています。長い人生、幾度となく、つまずいたり、思いどおりにならなかったり、ということが起こると思います。他の人が自分の思い通りにならないというのは当たり前のこととして、自分自身が思い通りにならないことが一番悔しいものです。どれだけ頑張っても思い通りにならないことは、たくさんあります。そんな時でも自分を諦めず、へこたれないで前を向いていただければと思います。そして、そんなときに力になるのが、本学で出会った、仲間や先輩や、先生や職員です。どうか、自分一人ではどうにもならないと思った時にこそ、そういった人たちのことを思い出して、いつでも会いに来ていただければと思います。

以上、学び続けること、やり抜くこと、自分を諦めないこと、の3つをお願いして、私からのお祝いのご挨拶といたします。

2021年3月19日

流通科学大学 学長 藤井 啓吾

学長式辞

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、卒業生をこれまで育ててこられた、保護者の皆さま、ご家族の皆さまにも、心よりお祝い申し上げます。

皆さんが本学を巣立って行かれるにあたり、私から皆さんにお願いしたいことを3つ、お話ししたいと思います。

まず一つ目ですが、卒業後も学び続けてほしい、ということです。今や、人生100年時代とも言われるように、皆さんが社会に巣立ってから経験する時間は、これまで学校で過ごした毎日よりも、ずっと長い時間になります。みなさんが、大学までに学んだことを通じて、どのようにして物事を学んだらいいのかということはだいたい身についたと思います。

そういう時にこそ、それをチャンスととらえて、新しいことを学んでいってほしいと思います。ただ「学ぶ」と言っても、これまでの学校のように先生から教えられたことを吸収していくことも必要ではありますが、もっと大事なことはやはり自分の頭で考えるということです。皆さんには、本学で学んだことを通じて、この「自分の頭で考える」という力も随分身についたと思いますが、これからがいよいよその力を発揮するときです。実際に社会に出てみると、目の前の仕事や、自分や自分のまわりの人との関係で、さまざまな困難や課題に直面すると思います。そんな時に、それを乗り越え、答えを見つけていくためにも、自分の頭の中にいろんな引き出しを持っていてほしいと思います。課題を乗り越え、答えを見つけるためには、様々なアイデアを出していく必要がありますが、それは突然降ってわいてくるわけではありません。いろんなアイデアというのは、人間が長い間に培ってきたアイデアの組み合わせを変えていくことで生まれてきているのがほとんどだと言われています。そういう意味では自分の中にいろんなアイデアの引き出しを持っていること、そのために学び続けることが皆さんに必要になるのではないかと思います。

2つ目は、これは、と思うことは最後までやり抜いてほしい、考え抜いてほしい、ということです。皆さんのこれからの人生の中でここが踏ん張りどころだと思うところが何度かあると思いますが、そういったときは自分がこれだと思う事をやり抜いてほしい、ということです。ただし、自分の目指したように物事はなかなか進まないと思いますし、自分一人ではできないことというのはいくつもあると思います。ただ、そういうときに途中であきらめてしまったり、他の人のせいにして、自分としては納得できないような取り組み方で済ませてしまった場合、自分には何も身につかないものです。一方で、小さなことでもいいので、とことん自分が納得いくまでやり抜いたという経験を一つ一つ積み重ねていくことによって、自分自身が成長していくことができると思います。人生というものは同質の時間が延々と続くというよりは、皆さん一人ひとりにとっての勝負時・頑張り時というものがきっとあると思います。そこで頑張っておかないと、後々やりたくなっても、もう遅いということもありますし、中途半端な取り組みとなってしまうと何も自分の身にもつかないということになってしまいます。そういう時にこそ、とことん自分が納得するまでやり抜いていただきたいと思います。

3つ目ですが、最後まで自分を諦めないでほしい、ということです。ここまで、学び続けてほしいとか、やり抜いてほしいとか申し上げましたが、そうはいっても、いつもそういったことばかり続けられるものでもありません。皆さんは、本学でこれまで学んでこられた間に、何度も、「ネアカ、のびのび、へこたれず」という言葉を耳にしてこられたと思います。言うまでもなく、本学を創立された中内功さんが座右の銘とされていたことばですが、私は、この3つの中でも「へこたれず」というところが一番大事なところだと考えています。長い人生、幾度となく、つまずいたり、思いどおりにならなかったり、ということが起こると思います。他の人が自分の思い通りにならないというのは当たり前のこととして、自分自身が思い通りにならないことが一番悔しいものです。どれだけ頑張っても思い通りにならないことは、たくさんあります。そんな時でも自分を諦めず、へこたれないで前を向いていただければと思います。そして、そんなときに力になるのが、本学で出会った、仲間や先輩や、先生や職員です。どうか、自分一人ではどうにもならないと思った時にこそ、そういった人たちのことを思い出して、いつでも会いに来ていただければと思います。

以上、学び続けること、やり抜くこと、自分を諦めないこと、の3つをお願いして、私からのお祝いのご挨拶といたします。

2021年3月19日

流通科学大学 学長 藤井 啓吾

理事長式辞

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

また、この晴れの日を心待ちにして来られた御家族の皆様にも心からお祝いを申し上げますとともに、皆様の御支援に感謝と敬意を表します。

本日、皆さんは卒業という日を迎えられました。学業を終えて、社会に出る、会社に入ることが大学での最終目的だと思っていませんか? 大学での卒業は、将来に「花咲かせる」ための1ステップです。40歳・50歳、いやそれ以上の歳になった時、如何に人生を咲かせているかが重要なのです。それは、単に仕事の上だけでなく、生活、人生そのものを咲かせるということであります。流通科学大学で培った「知識を知恵に変える力」「Human Network」そして「ネアカ のびのび へこたれず」の精神で、人生を咲かせてくれるものと期待しております。

この度卒業を迎えられました皆さんの胸中には、在学中の数年間にわたる思い出が去来しておられることだろうと拝察いたします。これまでには、楽しかったことばかりでなく、苦しかったこともたくさんあったことでしょう。それらを乗り越え、卒業を迎えられましたことに対し、心よりお祝い申し上げます。

また、この晴れの日を心待ちにして来られた御家族の皆様にも心からお祝いを申し上げますとともに、皆様の御支援に感謝と敬意を表します。

また仕事は 自分自身の姿勢や考え方次第で、仕事は嫌になったり、好きになったり、また楽しくすることもできるものです。そのためには先ずは将来の夢や目標を持つこと。皆さんは大学生活の中で夢を持つことの重要性を知ったと思います。その自分の夢の実現に向かってこれからも努力し続けて頂きたく思います。

あきらめれば夢に終わってしまいます。仕事に良し悪し、役に立たない仕事はありません。どんな仕事でも身につけば絶対に将来の糧となるものです。どんなことでもいいので、夢や目標を見つけてほしい。夢や目標を持てば、それが自分自身を動かすパワーの源となる。そして自分で見つけた夢や目標を実現するために、少しずつでも努力を積み重ねてほしいと思います。

今後は、目まぐるしく変化する社会に適応していくことが皆様には求められると思います。皆様が社会人としてますます成長し、ご活躍されることを祈念し、祝辞とさせていただきます。

2021年3月19日

流通科学大学 理事長 中内 潤

理事長式辞

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

また、この晴れの日を心待ちにして来られた御家族の皆様にも心からお祝いを申し上げますとともに、皆様の御支援に感謝と敬意を表します。

本日、皆さんは卒業という日を迎えられました。学業を終えて、社会に出る、会社に入ることが大学での最終目的だと思っていませんか?大学での卒業は、将来に「花咲かせる」ための1ステップです。40歳・50歳、いやそれ以上の歳になった時、如何に人生を咲かせているかが重要なのです。それは、単に仕事の上だけでなく、生活、人生そのものを咲かせるということであります。流通科学大学で培った「知識を知恵に変える力」「Human Network」そして「ネアカ のびのび へこたれず」の精神で、人生を咲かせてくれるものと期待しております。

この度卒業を迎えられました皆さんの胸中には、在学中の数年間にわたる思い出が去来しておられることだろうと拝察いたします。これまでには、楽しかったことばかりでなく、苦しかったこともたくさんあったことでしょう。それらを乗り越え、卒業を迎えられましたことに対し、心よりお祝い申し上げます。

また、この晴れの日を心待ちにして来られた御家族の皆様にも心からお祝いを申し上げますとともに、皆様の御支援に感謝と敬意を表します。

また仕事は 自分自身の姿勢や考え方次第で、仕事は嫌になったり、好きになったり、また楽しくすることもできるものです。そのためには先ずは将来の夢や目標を持つこと。皆さんは大学生活の中で夢を持つことの重要性を知ったと思います。その自分の夢の実現に向かってこれからも努力し続けて頂きたく思います。

あきらめれば夢に終わってしまいます。仕事に良し悪し、役に立たない仕事はありません。どんな仕事でも身につけば絶対に将来の糧となるものです。どんなことでもいいので、夢や目標を見つけてほしい。夢や目標を持てば、それが自分自身を動かすパワーの源となる。そして自分で見つけた夢や目標を実現するために、少しずつでも努力を積み重ねてほしいと思います。

今後は、目まぐるしく変化する社会に適応していくことが皆様には求められると思います。皆様が社会人としてますます成長し、ご活躍されることを祈念し、祝辞とさせていただきます。

2021年3月19日

流通科学大学 理事長 中内 潤

理事、評議員、アドバイザリー・コミッティーから卒業生へのメッセージ

卒業生の皆さんに寄せられましたお祝いメッセージをご紹介します。(順不同)

※学園・大学の活性化のために、経営や経済に関して優れた経験と見識をお持ちの方から、さまざまなご意見を賜り、学園・大学経営に活かしていくことを目的としてアドバイザリー・コミッティー制度を設けています。

理事、評議員、アドバイザリー・コミッティーから卒業生へのメッセージ

卒業生の皆さんに寄せられましたお祝いメッセージをご紹介します。(順不同)

※学園・大学の活性化のために、経営や経済に関して優れた経験と見識をお持ちの方から、さまざまなご意見を賜り、学園・大学経営に活かしていくことを目的としてアドバイザリー・コミッティー制度を設けています。

名誉理事

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

名誉会長

伊藤 雅俊 氏

ご卒業おめでとうございます。

青春時代はあっという間です。

あなたらしく真摯に意義ある人生を歩んでください

名誉理事

イオン株式会社

名誉会長相談役

岡田 卓也 氏

ご卒業おめでとうございます。

大学での学びを社会に還元するときがきました。

より良い世界をつくるために、持てる能力を大いに発揮してください。

皆さまのご活躍を心より期待しております。

名誉理事

株式会社ライフコーポレーション

代表取締役会長兼CEO

清水 信次 氏

ご卒業おめでとうございます。

日本の流通業界では、伊藤さん、岡田さん、私、共に90歳を超えた現在も頑張っておりますが今後は皆様の時代です。

ご活躍を心より期待致しております。

理事

株式会社美十

代表取締役社長CEO

酒井 宏彰 氏

ご卒業おめでとうございます。

人に喜んでもらうのが仕事の本質です!

世のため人のために全力で仕事をやりきってください。

ご活躍を期待しております。

理事

特定非営利活動法人 ジャパン・フィルムコミッション

顧問

田中 まこ 氏

ご卒業おめでとうございます。コロナ禍という大変な時期に社会人になることに不安を抱かれている方も多いと思います。ただ、こんな時だからこそ見えてくることもたくさんあります。自分にとって何が重要なのか、家族、友人、地域、そして皆さんがこれから仕事をする職場にとって何が重要なのかをよく考えて行動して行けば、きっと得るものも大きいと思います。そして上向きの波が来たときにはその波に乗って実力を発揮し、大きく羽ばたいてください。これからのご活躍を期待しています。

理事

日本郵政株式会社

社外取締役

広野 道子 氏

ご卒業おめでとうございます。

これからは、大学で学んだ実学と友人を大切に、自らのオンリーワンな人生を切り開いていく時です。大いに努力し、その結果やってくるチャンスをつかんで、ピンチもチャンスに変えて、自らの力で人生に挑戦し続けて下さい。

理事

一般社団法人 全国スーパーマーケット協会

会長

横山 清 氏

評議員

株式会社ホテルオークラ神戸

代表取締役社長 総支配人

石垣 聡 氏

ご卒業おめでとうございます。昨今の社会の大きな変動に不安を抱かれるかもしれませんが、チャンスに巡り合う機会も増えているはずです。皆さんが若い感性で時代を切り拓き、ご活躍されることを心より祈念いたします。

評議員

ゆう税理士事務所

代表・税理士

小林 優子 氏

ご卒業おめでとうございます。何事にも恐れず挑戦して下さい。失敗こそが自分の糧となります。今後のご活躍をお祈りいたします。

評議員

株式会社合食

代表取締役社長

砂川 雄一 氏

ご卒業おめでとうございます。

コロナ禍により世界の環境が激変した中で学ばれた経験を生かし、社会人になっても自分の目標に向かって、変化を先取りする前向きな姿勢で、常に新しいことにチャレンジして行ってください。

評議員

株式会社神戸クルーザー

会長

南部 真知子 氏

体験を積み、考え抜き、心と頭に刻む向上心。それが自信になり貴方を支え活かす。感謝を忘れず好循環の人生を!

評議員

フジッコ株式会社

代表取締役社長

福井 正一 氏

ご卒業おめでとうございます。

様々な変化のある中、学生生活を無事に終了され、新たな門出を心より御祝い申し上げます。何事も後悔のないよう全力で取り組んでください。輝かしい未来を担う皆様のご活躍を期待しております。

評議員

株式会社ひめや

代表取締役社長

三浦 芳嗣 氏

ご卒業おめでとうございます。

厳しい時代だからこそ他の人がやっていないことにチャレンジしチャンスをつかもう

評議員

株式会社中新ビル

代表取締役社長

門 曰勛 氏

ご卒業おめでとうございます。

大変な時期での船出となりますが、困難をしなやかな心で乗り越えていきましょう!そして、情熱、気力、モチベーションを強い心で持ち続けましょう!

評議員

播州信用金庫

理事長

和田 長平 氏

ご卒業おめでとうございます。

現在の社会の変化は速いので、絶えず次にくる変化を自分なりに予測することを心掛けて下さい。

自らの論理力の強化になります。

アドバイザリー・コミッティー

大正製薬ホールディングス株式会社

代表取締役社長

上原 明 氏

ご卒業おめでとうございます。

時代の流れを見極め、自分が何をやりたいのかという「志」を持ちながら、一歩ずつ歩みを進め努力を積み重ねて下さい。

アドバイザリー・コミッティー

江崎グリコ株式会社

代表取締役社長

江崎 勝久 氏

ご卒業おめでとうございます。

この1年は未曾有のコロナ禍の中、大変な1年だったと思いますが 苦労を強さに変えて、これから羽ばたく糧にしてください。

アドバイザリー・コミッティー

日本食研ホールディングス株式会社

代表取締役会長

大沢 一彦 氏

ご卒業おめでとうございます。

仕事で成功する秘訣は、自分が会社や仕事を好きになることです。

自ら仕事のやりがいを見つけ、仕事を楽しんでください。今後のご活躍を期待しています。

アドバイザリー・コミッティー

ハウス食品グループ本社株式会社

会長

小瀬 昉 氏

ご卒業おめでとうございます。

日本も世界も混迷を深めています。大学生活で学んだことを実践に移すと共に社会に出ても学び続け、是非皆さんの手でグローバル社会の未来を切り拓いてください。

アドバイザリー・コミッティー

大徳寺塔頭 大仙院

閑栖

尾関 宗園 氏

アドバイザリー・コミッティー

国分グループ本社株式会社

代表取締役会長兼CEO

國分 勘兵衛 氏

ご卒業おめでとうございます。

これからは、自ら考え、自ら行動し、社会に対して責任を果たす覚悟が必要です。変化を前向きに捉え、新たなつながりを求め、学び続けるチカラで、輝く未来を切り拓いて下さい。今後のご活躍を期待しています。

アドバイザリー・コミッティー

作曲家

三枝 成彰 氏

アドバイザリー・コミッティー

サントリーホールディングス株式会社

代表取締役会長

佐治 信忠 氏

ご卒業おめでとうございます。

世界は大きな変革の時代を迎えています。皆さんのグローバルな活躍を大いに期待しております。

夢大きく。やってみなはれ!

アドバイザリー・コミッティー

ミズノ株式会社

相談役会長

水野 正人 氏

ご卒業おめでとうございます。

昨年発生した新型コロナウイルスの感染拡大は世界の大災害です。

今までの社会のあり方や価値観は大きく変わり、新産業革命の兆しと言われています。

そのチャンスを逃さぬよう閃きと行動力で大いに活躍される事を期待しています。

アドバイザリー・コミッティー

エースコック株式会社

代表取締役社長

村岡 寛 氏

ご卒業おめでとう。

自分が何をもって社会に貢献できるかを念頭に置き、一歩を踏み出してください。焦らず慌てず一歩づつ進んでいってください。

まずは自ら決めたキャリアに全身全霊で取り組んでいかれることを期待します。

アドバイザリー・コミッティー

株式会社フェリシモ

代表取締役社長

矢崎 和彦 氏

いよいよ皆さんは社会人ですね。社会人とは社会に身を置く人をさすのではなく、社会に価値をもたらす人のことをさすのだと思います。人生はリハーサルのないドラマです。その主人公も、脚本家も、演出家もあなた自身。大学での学びや経験を活かしてご活躍ください。卒業おめでとう!

アドバイザリー・コミッティー

富士通株式会社

執行役員常務

山口 裕久 氏

ご卒業おめでとうございます。

世界の環境は激動で想像もできない時代に突入しました。

しかしながら誰もが大きく変革できるチャンスとも考えることもできます。

是非とも心配を恐れず高い目標にチャレンジしてください。

アドバイザリー・コミッティー

株式会社WOWOW

相談役

和崎 信哉 氏

ご卒業おめでとうございます。

いま世界は激しく大きく動いています。

前例のない挑戦にこそ価値がある、そして始めるのは自分から。

新しい世界でのご活躍を期待しています。

受賞者

卒業生表彰

4年間の学生生活の中で学内外において顕著な成績を収め、人物として素晴らしい個人を表彰しております。

受賞者

卒業生表彰

4年間の学生生活の中で学内外において顕著な成績を収め、人物として素晴らしい個人を表彰しております。

2020年度 中内賞

平郡 栞奈さん
(人間社会学部 人間健康学科)

-受賞理由

学業では、所属学科1位の優秀な成績を修めました。

レクリエーション・インストラクターや健康運動実践指導者の資格を取得し、常に向学心あふれる姿勢で、所属学科の専門のみならず、幅広い科目を履修し、積極的に教養を深めました。

課外活動では、和太鼓部で活躍し、学内はもとより近隣地域や海外の聴衆にも好評を得、流通科学大学の認知度向上に貢献しました。

LGBTサポートと多様性理解を啓発するサークルTrue Colorsを創立し、学内チャレンジプロジェクトで2018年度に優秀賞、2019年度に最優秀賞を獲得しました。

個人では、2017年度の書評コンテストでは佳作を受賞。2020年度学内懸賞論文コンテストでは一席を獲得するなど、学業成績・課外活動の両面で卓越した実績を残しました。

2020年度 流通科学大学賞

廣瀬 健太さん
(経済学部 経済学科)

-受賞理由

学業では、学部で上位5人以内の成績を修めました。

課外活動では、アメリカンフットボール部に所属、4年生では主将を務め、人数不足でリーグ戦不参加となっていたチームを統率し、チーム再生の道筋をつけるなどチーム運営に尽力しました。また、近隣住民の手助けを行い大学へお礼の連絡があるなど、人物的にも優れており、学業成績・課外活動の両面で素晴らしい実績を残しました。

チャン チョン トゥアンさん
(経済学部 経済情報学科)

-受賞理由

学業では、留学生で学年1位の成績を修め、成績・人物共に優秀ということで、岡田スカラシップに採用されました。

課外活動では、複数のクラブ・サークルに所属し、多数のイベントで運営スタッフとして協力し、本学における国際交流の推進に尽力しました。

自身のキャリアアップのため、2018年度は日本語能力試験N1にチャレンジし、学業成績・課外活動の両面で素晴らしい実績を残しました。

岩井 勇泰さん
(人間社会学部 人間社会学科)

-受賞理由

学業では、ビジネス文書検定2級、QC検定3級、秘書検定2級、メンタルヘルスマネジメント検定3級を取得しました。今後、認定心理士も取得見込みで、積極的に資格取得に取り組みました。

課外活動では、和太鼓部の部長として、部員を力強く牽引すると共に、地域の発展に大きく貢献する取組を行うなど、学業成績・課外活動の両面で素晴らしい実績を残しました。

近藤 清佳さん
(人間社会学部 人間社会学科)

-受賞理由

学業では、公務員試験プログラムを受講、品質管理検定4級、秘書検定3級、社会調査士キャンディデイト、Mos Excel2010と、積極的に資格取得に取り組みました。

課外活動では、学園祭実行委員会で第31期学園祭実行委員長を務め、前年以上の来場者数を記録するなど、学業成績・課外活動の両面で素晴らしい実績を残しました。

2020年度 特別賞

森下 蓮さん
(商学部 マーケティング学科)

-受賞理由

大学生活4年間男子ゴルフ部で日々精進し、副キャプテンとして、キャプテンを補佐し「1部リーグ昇格」に向けて尽力しました。

個人として、2018年度の「福井しあわせ元気国体」に兵庫県成年男子代表として出場し、男子ゴルフ部としてのレベルアップ、大学の認知度向上に貢献し、課外活動面で素晴らしい実績を残しました。

小薮 誠人さん
(人間社会学部 人間社会学科)

-受賞理由

大学生活4年間男子ゴルフ部で日々精進し、男子ゴルフ部のキャプテンとして部をまとめ、他の部員の模範となるように努めました。

関西学生2部リーグで常に優勝を狙えるチームにしました。選手としても、部としても大学及びゴルフ部の認知度向上に貢献し、課外活動面で素晴らしい実績を残しました。

丸山 いつ季さん
(人間社会学部 人間社会学科)

-受賞理由

人材育成プログラム「創志塾start up」内の「流科大版マネーの虎」で、出資を獲得し、合同会社「cup of talk coffee」設立、学内にカフェをオープンしました。様々なメディアで取り上げられ、本学の起業家育成など、認知度向上に貢献しました。

障がい者施設が運営するカフェのプロデュースや指導にも携わり、地域貢献にも尽力し、課外活動面で素晴らしい実績を残しました。

渡邊 詩織さん
(人間社会学部 人間社会学科)

-受賞理由

大学生活4年間、女子ゴルフ部で日々精進し、キャプテンとして部内をまとめ、盛り立て、他の部員の模範となるように自分を律しました。

課外活動では、学園祭実行委員会で第31期学園祭実行委員長を務め、前年以上の来場者数を記録するなど、学業成績・課外活動の両面で素晴らしい実績を残しました。

資料請求

大学案内

ページトップ