7月1日以降の本学の対応について

7月1日以降の本学の対応について

公開日:2020年6月15日

5月21日、政府より兵庫県への緊急事態宣言および特定警戒都道府県が解除されましたが、本学では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を最優先に考え、学内の立ち入りは事前予約等の制限を設けてきました。

新型コロナウイルス感染症については、今後も細心の感染防止の注意を払う必要があります。一方、感染状況の推移や国・自治体の対応方針や社会活動がされた現状を鑑み、7月1日以降は学内の立ち入り禁止を解除するとともに、対応を以下の通りといたします。

なお、今後の状況の変化により、以下の対応に変更が生じた場合は、そのつどRYUKA Portal、ホームページ等を通じてお知らせいたしますので、引き続き注意するようにしてください。

授業について

  1. 前期授業は原則、全てオンラインで実施いたします。
  2. ただし、1年生については入学以来一度も登校の機会がなかったことから、「自己発見とキャリア開発A」の授業については、クラス毎に大学が指定する1日のみ学内で実施します。
    なお、実施にあたっては、登校日に実施される他の授業の受講に支障がでないよう、また、必要な感染防止策を講じた上で行います。対面授業を望まない学生には出席を強制せず、その他大学への登校が困難である学生の事情にも十分に配慮した上で実施します。
  3. 夏季集中講義など夏季休業期間中に実施を予定している授業等への対応については、7月上旬を目途に具体的な実施方法などをお知らせいたします。

クラブ活動について(2020年7月23日更新)

  1. 原則、引き続き9月24日まで、活動禁止の措置を継続します。

    ※ グラウンドなどのスポーツ施設及びクラブハウス等についても、引き続き立入禁止とします。

  2. なお、所属する連盟等が公式戦開催を正式に公表しており活動が必要なものや、特段の理由が発生し活動が必要なものについては、学生課に相談ください。
    (特別に許可を受けた場合のみ限定的に活動を認める場合があります。)

新型コロナウイルス感染者数が新たに増加傾向にあります。その様な状況下、皆さん一人一人に、皆さん自身と皆さんにとって大切な人達を守る責任があります。また、大学生を含む若者に対して、社会からは多くの視線が向けられています。これらのことに意識を持って責任のある行動を取っていただく必要があると考え、大学としても、皆さんの活動に制限を設けていることにご理解をお願いいたします。

利用可能施設について

利用可能施設 利用内容 予約方法
講義棟Ⅵ
(教務部、学生部、就職部)
【予約制】対面相談
(平日 10時~17時)※注1
電話受付
中内㓛記念館、ダイエー資料館及び
レジスター博物館
【予約制】見学
(平日 11時~15時)
電話もしくはメール受付
※学外者見学可
本部棟1階
(みかんホール)
密にならないようご利用ください。
(平日 10時~17時)
予約なしでの利用可
図書館 貸出・返却及び閲覧等
(月曜日~日曜日 10時~17時)※注1
予約なしでの利用可
※図書館メンバーズ利用可
メディアセンター 【予約制】利用については
大学生活を送る上で必要な事項に限る ※注2
(平日・土曜 10時~17時)※注1
電話もしくはメール受付

上記以外の施設についてはまだ利用できませんが、状況を勘案しながら利用制限の解除を順次検討します

※注1.祝日授業日(7/23、24)は開館。

※注2.オンライン授業の受講も可ですが、会話禁止のため、発言が求められるLive型授業の受講はできません。

各部署の予約については、こちら

  • 引き続き、WEB就職相談は行っておりますので、就活中の皆さんは是非ご活用ください。

レストランについて

9月24日まで休業・閉鎖とさせて頂きます。

依頼事項

事務局への問い合わせ及び相談は、原則、電話でお願いします。
来学を伴うご用件(図書館を除く)については、【事前に必ず】電話で予約した上で、お越しください。

電話受付時間 9時~17時45分(月~金)
対面での相談業務 10時~17時(月~金)【予約制】
  • 各種証明書が必要な方は担当部署へお問い合わせください。

来学時の条件として、マスクを着用し私語を控えるなどまわりの方々へ配慮ができる方を対象とします。
各棟入口に設置しておりますアルコール消毒液にて手指の消毒をお願いいたします。

以下の方につきましては、来学をご遠慮願います。

-マスクを着用していない方

-発熱、もしくは風邪の症状のある方

-新型コロナウイルス感染症の疑いのある方

-新型コロナウイルス感染症の患者と濃厚接触者

-海外から帰国後2週間を経過していないなど、政府から自宅待機を要請されている方

国内移動について

引き続き、県をまたぐ不要不急の移動は控えてください。就職活動等について、不安のある学生は、先ずは就職部に電話等で相談してください。

海外への渡航について

当面の間、引き続き、海外渡航を禁止します。私事渡航や私費留学についても同様です。

海外からの帰国・入国者、濃厚接触者の健康観察について

海外からの帰国・入国者、もしくはその濃厚接触者は、学生課(留学生は留学生支援課)へ連絡の上、帰国・入国後もしくは濃厚接触後2週間は自宅に滞在してください。自宅滞在中は、他の人との接触を避けるため外出を控え、健康経過観察(体調と体温の記録)を行い、その状況を毎日、大学へ報告してください。

その他

3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)の回避

  • 換気が悪く、人の密集する施設への立ち入りの自粛
  • 知人や友達を誘っての飲食、宴会等の自粛

なお、飲食・接客系アルバイトを行う際は、感染予防に充分注意してください。

健康管理の徹底と健康状態の記録

  • 自身の健康管理(マスク着用、手洗い、体温測定)

学生の皆さんの健康と安全を最優先に考えた取り扱いです。
学生の皆さんと教職員が一緒になって、この難局を乗り越えていきたいと思いますので、引き続き、ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

資料請求

大学案内

ページトップ