緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

公開日:2021年3月1日

学生のみなさま

流通科学大学 学長 藤井啓吾

2021年1月13日付けで兵庫県に発出された緊急事態宣言は、2月28日をもって解除されました。緊急事態宣言発出中は、課外活動については原則、対面での活動を禁止としておりましたが、緊急事態宣言解除に伴い3月1日より、事前申請が承認された団体は、十分な感染予防策を講じることを条件に、対面での活動を再開することができることとします。(RyukaPortalに掲載の課外活動ガイドライン参照)

なお、年度末に向けて人の移動が活発になり、再び感染が拡大することが懸念されています。緊急事態宣言が解除されたからといって決して気を緩めることなく、皆さんやその周りの方々の命と健康を守るため、引き続き下記の点を意識した行動を取るよう、強くお願いします。

移動について

引き続き、県をまたぐ不要不急の移動は控えてください。就職活動等について、不安のある学生は、先ずは就職部に電話等で相談してください。

3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)の回避

  • 換気が悪く、人の密集する施設への立ち入りの自粛
  • 知人や友達を誘っての飲食、飲食に繋がる会合(謝恩会、歓送迎会、懇親会等)の自粛

なお、飲食・接客系アルバイトを行う際は、感染予防に充分注意してください。

健康管理の徹底と健康状態の記録

自身の健康管理(マスク着用、手洗い、体温測定)

学生の皆さんと教職員が一緒になって、この難局を乗り越えていきたいと思いますので、引き続き、ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

※ 今後の状況の変化により、対応に変更が生じた場合は、そのつどRYUKA Portal、ホームページ等を通じてお知らせいたしますので、引き続き注意するようにしてください。

資料請求

大学案内

ページトップ