緊急事態宣言解除後の課外活動等の注意について

緊急事態宣言解除後の課外活動等の注意について

公開日:2021年3月9日

学生のみなさま

流通科学大学 学長 藤井啓吾

緊急事態宣言解除に伴い、本学における課外活動等については、事前申請が承認された団体は、十分な感染予防策を講じることを条件に、対面での活動を再開することができることとしたことは、先日もお知らせしたとおりです。

ただし、活動の承認を受けた団体でも、合宿等、引き続き認められない活動もあります。再感染拡大(リバウンド)防止のため、以下のような点に十分注意をしてください。

再び感染が拡大する事態となると、全ての活動が制限されることとなります。活動が承認されたからといって決して気を緩めることなく、皆さんやその周りの方々の命と健康を守るため、引き続き感染防止の意識を持って慎重に行動するよう、強くお願いします。

活動についての申請と活動計画遵守

承認を受けた活動計画や感染予防対策を遵守すること

健康管理の徹底と健康状態の記録

活動するメンバー全員が健康管理を意識すること(マスク着用、手洗い、消毒、体温測定)

追いコン、歓送迎会、卒業旅行等の自粛

活動中やその前後も換気が悪く、人の密集する施設への立ち入りを自粛すること

知人や友達を誘っての飲食、飲食に繋がる会合(追いコン、歓送迎会、卒業旅行など)は自粛すること

ゼミ、課外活動団体による合宿の禁止

本学が主体となって行う、宿泊を伴う活動は禁止

課外活動における全国大会出場や、地方団体の主催する活動に参加する必要があり宿泊を伴うようなケースが発生する場合は、事前に別途該当部署に相談のこと

※ 今後の状況の変化により、対応に変更が生じた場合は、そのつどRYUKA Portal、ホームページ等を通じてお知らせいたしますので、引き続き注意するようにしてください。

資料請求

大学案内

ページトップ