新2年生のみなさんへ ~学長メッセージ~

新2年生のみなさんへ ~学長メッセージ~

公開日:2021年4月8日

流通科学大学 学長 藤井啓吾

 兵庫県内で最初の新型コロナウイルスの感染者が発表されたのが昨年の3月1日。それから1年以上が経過しましたが、神戸市をはじめとする阪神間にまん延防止等重点措置が適用されるなど、この感染症の流行が収束に向かっているとは言えない状態が続いています。

 このような状況の中、新入生としての1年間を過ごされた新2年生のみなさんは、他の学年のみなさんにも増して、多くの困難を経験されたのではないかと思います。本学としても、この感染症について確かな情報が少ない中で対策をスタートさせ、感染症対策との両立を図りながら、本学で学ぶみなさんの授業をはじめとする学生生活の機会の確保に努めてきました。

 4月には、多くの大学で入学式が中止となる中、オンラインにはなりましたが予定どおり入学式を行い、みなさんをお迎えしました。前期中は、オンライン授業が続く中、1日だけでしたが登学日を設け、クラスの仲間との対面の機会を用意しました。夏期休業中は、パソコンが手元にないため、前期中にパソコンの基礎的な操作方法の修得が進まなかった新入生のための集中講義を対面で実施しました。

 後期からは、対面授業を再開し、新入生のクラス単位で行う「自己発見とキャリア開発B」をはじめとして、比較的少人数で実施する、授業数でいうと7割近くの授業を対面で実施しました。オンラインでの学園祭に向けてクラスで動画作りに取り組んだことなど、コロナ禍ならではの体験を思い出す人も少なくないのではないでしょうか。

 しかしながら、受講者の多い授業についてはオンライン授業を継続したため、新入生のみなさんからみれば、引き続きオンライン中心の大学生活という印象を持った人も少なくないかもしれません。

 そして、本日4月8日から、みなさんにとって2年目となる本学での学生生活がスタートしました。

 授業については、すでにお知らせしているとおり、科目全体を、①対面授業のみ実施する科目と、②対面とオンデマンド型のオンラインとを並行開講する科目に分け、対面での受講を希望するみなさんには、ほぼすべての授業を対面で受講できるようにしました。

 また、新2年生に向けては「専門基礎演習」が開講されます。この科目は、学部・学科を同じくする15名前後の新2年生でクラスを編成し、同じ学部・学科所属の教員が担当する演習科目です。昨年度はオンラインで実施せざるを得ませんでしたが、本年度は対面で実施します。みなさんが選んだ学部・学科の専門科目を学ぶにあたって必要となる基礎的な知識や技能を身につけることを目指す大事な機会ですので、ぜひ積極的に取り組んでください。

 2年生の前期は、後期から始まるゼミを選択する重要な時期でもあります。ゼミのガイダンスについては追ってご連絡しますが、自分に適したゼミを選択できるよう、奮って参加してください。

 昨年度は、厳しい制限をお願いしてきた課外活動についても、十分な感染防止策を講じていると判断できたものについては、順次再開を進めています。今後、新2年生向けの、課外活動を紹介するための企画も用意する予定です。コロナ禍の制約もあって、昨年度はクラブその他の課外活動に参加しそびれてしまったというみなさん。今後、2年生から課外活動を始めるという人も次々と出てくると思います。今からでは遅いということは、まったくありません。課外活動に参加することで、みなさんの学生生活を、よりいっそう充実したものとされることを願っています。

 以上のとおり、対面授業を受講する機会や課外活動に参加する機会を広げているとはいえ、すべてが元どおりになるわけではないことは言うまでもありません。すべての学年のみなさんに別途お願いしていることは、みなさんにも同じように守っていただかなくてはなりません。

 みなさんにとってこの1年間は、本学への進学を決めた時に思い描いていたものとは、ずいぶん違ったものになってしまったかもしれません。しかし、この先みなさんが巣立って行く社会も、コロナ禍の下で大きな変化を遂げつつあります。どうか「ネアカ、のびのび、へこたれず」の精神を忘れず、新しい時代の先駆者として、これからも力強く歩みを進めていってください。もちろん私たち教職員も、引き続きそんなみなさんを支えていきます。

資料請求

大学案内

ページトップ