第二種奨学金の新規貸与(休学中の学生対象)について

第二種奨学金の新規貸与(休学中の学生対象)について

公開日:2021年4月21日

現在、第二種奨学金の貸与を受けていない者で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、今年度中に休学しボランティアに参加する等(学びの複線化)の活動を行う方で、在学学校長がその休学期間の活動が有意義であると認めた方は、第二種奨学金を申し込むことができます。

対象者の要件に該当する方で、申込を希望する方は必要書類を奨学金窓口で受け取り、期限内に提出してください。期限を経過した場合はお手続きができませんので、ご注意ください。

1.申込対象

対象学種

下記①・②における全学年が対象となります。

  1. 学部生
  2. 大学院修士・博士前期課程、博士・博士後期課程の学生

対象者の要件

次の①~④の要件を全て満たす方が対象です。

  1. 第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしている方

    ※第一種奨学金の貸与を受けている方は、併用貸与の基準を満たしている必要があります。

    ※各基準及び審査方法等は、在学定期採用に準じます。

  2. 申込時において、第二種奨学金の貸与を受けていない方
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を機に、2021年度中に休学し、ボランティアに参加する等(学びの複線化)の活動を行っている又は活動を行う予定のある方

    ※申込時に当該活動を行っていない場合は、通常の在学採用に申込み、今年度中に休学し当該活動を開始する時に「休学時奨学金継続願」の手続きをする必要があります。

    ※申込時において既に活動が終了している方は申込対象外です。

  4. 当該休学期間の活動が、「社会的貢献活動」「専攻分野のプラスになる」「自己の人間形成に役立つ」など有意義であること、及び奨学金貸与の必要性を在学学校長が認める方

2.貸与期間

貸与始期

当該休学期間における活動開始年月(2021年4月~2021年9月)

※ 活動開始年月が2021年3月以前であっても貸与始期は2021年4月以降となります。

貸与終期

原則として卒業予定期

当該休学期間における貸与期間は、最大1年間です。
貸与始期から1年経過後において、引き続き休学する場合は、「休学中奨学金採用願」の活動期間及び休学期間に基づき、機構において休止処理が行われます。
なお、復学後に復活を希望する場合は、別途手続きが必要です。

※ 当該休学期間後に卒業予定期が延長となる場合は、当該事由による第二種奨学金貸与期間延長手続きを行うことにより、最大で1年間貸与期間を延長することができます。

※ 当該休学による貸与期間は、修業年限に入ります。

※ 貸与中に奨学金が不要となった場合は、辞退の手続きが可能です。

3.貸与金額

第二種奨学金の貸与金額については、「奨学金案内」又は機構ホームページ等をご確認ください。

※入学時特別増額貸与奨学金は対象となりません。

日本学生支援機構ホームページ

4.申込書類配布期限

2021年5月7日(金) ※期日厳守

5.申込書類提出期限

2021年5月14日(金) ※期日厳守

【参考】出願にかかわる資料請求について

お問い合わせ先

流通科学大学 学生課 奨学金窓口

〒651-2188 神戸市西区学園西町3丁目1番

TEL:078-796-4131(平日 9:00~17:45)

資料請求

大学案内

ページトップ