6月24日以降の授業運営について ~学長メッセージ~

6月24日以降の授業運営について ~学長メッセージ~

公開日:2021年6月21日

在学生のみなさま

保護者のみなさま

流通科学大学 学長 藤井啓吾

 2021年度前期授業について、本学では対面授業の受講を希望する学生のみなさんは、原則としてすべての授業を対面で受講することができるようにする、ということを基本方針としています。現在は、この方針を維持した上で、新型コロナウイルス感染状況に対処するため、希望する学生のみなさんには、届出により一時的に対面での受講を控え、オンラインで受講することができる措置を講じています (措置の実施期限:6月23日)。

 新型コロナウイルスの感染状況については、依然として警戒を緩めることはできないものの、緊急事態宣言の下での一定の改善が認められ、兵庫県を対象とした現在の緊急事態宣言は6月20日をもって解除され「まん延防止等重点措置」に移行されました。

 これらの状況を踏まえ、6月24日以降の授業運営は以下のとおりといたします。

授業運営について

  • 現在の授業運営方針(5月26日変更)の実施期間は、6月23日(水)をもって終了とし、今学期当初の方針に従って授業を運営いたします。

  • 通学自粛届」および「オンデマンド授業聴講届」の適用期間については、6月23日(水)をもって終了するものとします。これらの届出を行った学生のみなさんは、6月24日(木)以降は履修登録に従って対面授業へ復帰してください。

  • 発熱・体調不良、加えて感染、濃厚接触が疑われるなどの事情により一時的に通学困難扱いになった学生については、6月24日以降も現在の対応を継続します。それらの事情がある場合は、決して無理をせず、通学を控えるようにしてください。

 学生のみなさんは、引き続き、接触感染の防止のために正しい手洗いを励行し、飛沫感染の防止のために3密を避け(密閉空間は避け、密集せず、密接をしない)、マスクを着用するなど、感染防止に努めてください。
また、これから、夏を迎えるにあたり、熱中症にもご注意ください。

 本学では幸い、学内での感染やクラスターは発生していません。これも、学生、保護者のみなさまのご協力のおかげと感謝いたしております。今後とも、学内はもちろん通学や学外での生活にあたっても、感染リスクの高い行動をとるようなことは厳に慎み、引き続き感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。

資料請求

大学案内

ページトップ