ワクチン接種に伴う前期授業の欠席の取扱いについて

ワクチン接種に伴う前期授業の欠席の取扱いについて

公開日:2021年7月9日

新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種(以下ワクチン接種)が進められております。学生の皆さんの接種に伴う前期授業の欠席の取扱について以下のとおりです。

1.配慮期間

2021年7月7日(水)~2021年7月23日(金)(補講日を含む前期授業日)

定期試験期間、追試験期間を含めない。

2.注意事項

  • 授業日は事前に分かっていることですので、ワクチン接種の予約と授業日が、どうしても重なってしまう場合に「ワクチン接種に伴う欠席届」の提出を受け付けます。できるだけ自身の授業の無い日を選び、欠席とならないように接種予約をしてください。
  • 接種の予約をした時点で「ワクチン接種に伴う欠席届」を提出してください。
  • 定期試験期間、追試期間については、配慮期間外となります。
  • 接種日に成績に関わるレポートや課題があった場合について、配慮できない場合があります。事前に担当教員と相談をしてください。
  • 学生本人のワクチン接種の場合のみ対象となります。

3.提出方法

予約した時点で提出してください。基本的に事後受付は致しません。

「接種日が分かる書類」と「ワクチン接種に伴う欠席届」によりワクチン接種による欠席とします。「接種日が分かる書類」が無いものは受付できませんので注意してください。
一人2回を限度とします。(ワクチン2回接種)

ワクチン接種に伴う欠席の対象は接種日としますが、副反応が見られた場合は、接種日の翌日までを対象とします。

※「ワクチン接種に伴う欠席届」はRYUKAポータルにございます。

資料請求

大学案内

ページトップ