課程博士論文取扱要領

課程博士論文取扱要領

目的

第1条

この要領は、流通科学大学学位規程(以下「学位規程」という。)に基づき、課程博士論文の提出、審査等に関し、必要な取扱いを定める。

博士論文の研究計画書及び中間報告書

第2条

学位規程第5条第1項により、博士論文を提出しようとする者は、指導教授の承認を得て、別紙様式による研究計画書及び論文作成計画書並びに論文中問報告書を、それぞれ所定の期日までに研究科委員会に提出するものとする。

提出

第3条

博士論文は、当該年度の所定の期日までに提出しなければならない。

作成基準

第4条

博士論文は、原則としてその主題に関して、学術雑誌等に掲載済み又は掲載予定の2点以上の論文を素材にして、一定の体系性と学問的水準をもって構成されなければならない。ただし審査の時点で、そのうち少なくとも1点の論文は学術雑誌等に掲載済みでなければならない。

  1. 博士論文は、正1部、副3部を提出しなければならない。副は、コピーしたものでよいが、鮮明で長期保存に耐え得るものでなければならない。
  2. 用紙は、本研究科の指定の用紙(A4)とし、原則として、ワープロで作成する。
  3. 博士論文は、日本語又は英語で記述する。ただし、英語による作成を希望する者は、指導教授の承認を得た上、研究科長に願い出て許可を得ることとする。
  4. 日本語によるものは10万字以上とし、英語によるものは4万語以上とする。ただし、指導教授の許可がある場合は、この限りではない。

博士論文の要旨

第5条

博士論文には、その要旨を4千字程度にまとめ、4部提出しなければならない。

副論文

第6条

博士論文には、必要があれば副論文を添えることができる。

  1. 副論文は主論文の内容を補足するもので、主論文中に含めることが困難な場合に作成し、審査の対象とする。

参考論文

第7条

博士論文には、第4条第1項の論文を参考論文として1部添付しなければならない。


  • 附則
    この要領は、平成10年4月1日から施行する。
  • 附則
    この要領は、平成16年4月1日から施行する。
お問い合わせ

教務部

ダイヤルイン:078-794-3557

ファックス:078-794-3510

ページトップ