羽藤 雅彦   ハトウ マサヒコ

羽藤 雅彦   ハトウ マサヒコ

URL

役職

所属(学部・学科等)

  • 商学部 マーケティング学科

資格

  • 准教授 

学位

  • 博士 (商学) 

最終学歴

  • 関西大学大学院博士課程後期課程 

担当科目

  • マーケティング・サイエンス
  • 応用流通・マーケティング
  • 教養演習
  • 自己発見とキャリア開発
  • 実践系プロジェクト科目(店舗デザイン論)
  • 消費者行動論
  • 流通科学入門
  • 流通概論
  • 研究演習Ⅰ
  • 研究演習Ⅱ
  • 卒業研究

専門分野

  • マーケティング論
  • 消費者行動論

所属学会

  • 日本商業学会
  • 日本消費者行動研究学会
  • 日本広告学会 (評議員)

現在の研究テーマ

  • ブランド・コミュニティにおける消費者の心理や行動
  • ソーシャルメディア上でのクチコミ

学外での活動

公的機関等での講演

  • 東京オトナ大学 講演『ブランドはなぜ大切なのか』 (2017年12月3日)
  • 高等学校出張講義 (2017年7月14日【明石南高校】、7月26日【姫路商業高校】、9月15日【神戸商業高校】、10月25日【星綾高校】)
  • 神港高等学校での神戸パイロット事業「神戸ディスカバリー発表会」の審査員 (2017年2月6日)

その他

  • 神戸新聞でのインタビュー (バブル文化の再来についてコメント 2017年12月20日掲載)
  • NHKニュースでインタビューhttps://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0126.html?utm_int=news_contents_news-closeup_001((バブルと栄養ドリンクについてコメント 1月26日掲載)
  • 兵庫県・神戸新聞社「ひょうご企業就活ガイド2017」 (1月) にMラボでの取り組みが掲載
  • 神戸新聞「<エムラボ>課題解決ラボ2016 神戸で発表会 学生の提案 企業の力に」(2016年11月22日)
  • 神戸新聞「明石ノリでランチ考案 流通科学大生と明石商高生 学園祭で販売」(2016年10月22日)
  • 毎日新聞「はい、広報です! 流通科学大学 入試部 中東万莉さん /兵庫」(2016年9月27日)
  • 神戸新聞「<エムラボ>地元で働く ひょうご企業訪問2016(5) 富永貿易 (神戸市中央区)富永昌平社長 (33) 輸出、三国間貿易を強化」(2016年8月11日)
  • 神戸新聞「<エムラボ>課題解決ラボ 学生が研究テーマ発表 独自の視点で販売戦略など説明」(2016年8月6日)
  • 一般社団法人ブランド戦略研究所 講師 兼 事務局
  • コーネル大学リテールマネジメント・プログラム・オブ・ジャパンの講師 (2017年2月22日)

委員会(学内)など

  • 初年次教育専門部会
  • マーケティング漫画製作委員会
  • 授業改革ワーキンググループ

助成を受けた研究

研究テーマ 社会関係資本概念を用いたブランド・コミュニティ研究
助成者 学内研究費
期間 2016年4月~2017年3月
金額 50万円

研究テーマ SNS上でのオピニオン・パッシングに関する研究
助成者 日本広告学会 関西部会
期間

2015年4月~2016年3月

金額 10万円

研究テーマ 関係性を基軸としたブランド・コミュニティに関する研究
助成者 吉田秀雄記念事業財団
期間 2013年4月~2014年3月
金額 50万円

研究業績

論文等
項目 学術論文
発行年月 2017年7月
タイトル ブランド・コミュニティの管理:社会関係資本概念を用いた考察
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集-流通・経営編、第30巻第1号  PDFファイル
ページ 25-38

項目 著書
発行年月 2017年6月
タイトル 第1章『マーケティングのパラダイム革新』
単共著 共著(分担執筆者:羽藤雅彦・陶山計介)
発行所・発表雑誌等 『よくわかる現代マーケティング』、ミネルヴァ書房
ページ 12-23

項目 著書
発行年月 2017年6月
タイトル 第4章『ブランドとは何か』
単共著 共著(分担執筆者:羽藤雅彦・梅本春夫)
発行所・発表雑誌等 『よくわかる現代マーケティング』、ミネルヴァ書房
ページ 48-59

項目 著書
発行年月 2017年6月
タイトル 第5章『ブランド・ロイヤルティとコミュニティ』
単共著 共著(分担執筆者:羽藤雅彦・梅本春夫)
発行所・発表雑誌等 『よくわかる現代マーケティング』、ミネルヴァ書房
ページ 60-71

項目 著書
発行年月 2017年6月
タイトル 第9章『マーケティング・コミュニケーション戦略』
単共著 共著(分担執筆者:羽藤雅彦・梅本春夫)
発行所・発表雑誌等 『よくわかる現代マーケティング』、ミネルヴァ書房 
ページ 110-121

項目 学術論文
発行年月 2017年4月
タイトル 相互作用とブランド・コミットメントを結びつける要因―コミュニティとの同一化の媒介効果―
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 JSMDレビュー、第1巻第1号
ページ 11-17

項目 学術論文
発行年月 2016年12月
タイトル ブランド・コミュニティへの参加を促す要因に関する研究
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通研究、第19巻第1号
ページ 25-38

項目 学術論文
発行年月 2016年10月
タイトル ブランド・コミュニティへの参加がブランド・コミットメントに及ぼす影響
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 消費者行動研究
ページ 1-21

項目 学術論文
発行年月 2016年3月
タイトル マーケティング人材育成プログラムの教育効果
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学高等教育研究センター紀要第1号 PDFファイル
ページ 41-63

項目 学術論文
発行年月 2016年1月
タイトル ブランド・コミュニティ概念の再検討
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集-流通・経済編、第28巻第2号 PDFファイル
ページ 1-22

項目 学術論文
発行年月 2014年6月
タイトル 震災とブランド・コミュニティ―生協利用者の意識について
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 大阪産業大学学会『大阪産業大学経営論集』第15巻第2/3合併
ページ 239-261

項目 学術論文
発行年月 2014年6月
タイトル 関係性を基軸としたブランド・コミュニティに関する研究
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 吉田秀雄記念事業財団『平成25年度吉田秀雄記念事業財団助成研究集』, 第47次
ページ 185-195

項目 学術論文
発行年月 2013年10月
タイトル ブランド・コミュニティにおける社会関係資本の検討
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 関西大学商学会『関西大学商学論集』 第58巻第2号
ページ 103-123

項目 学術論文
発行年月 2012年6月
タイトル オピニオン・リーダーによるブランド・コミュニティ強化
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 日経広告研究所『日経広告研究所報』263号
ページ 38-43

項目 学術論文
発行年月 2012年3月
タイトル ネット環境下におけるクチコミとブランド・コミュニティ
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 関西大学大学院商学研究科院生研究会『千里山商学』第67号
ページ 1-31
学会発表、報告等
項目  学会発表
発行年月  2017年7月
テーマ SNS上でのオピニオン・パッシングに関する研究
単独/共同 単独
大会名 日本広告学会関西部会 2015 学会年度第4回関西部会
会場  

項目  学会発表
発行年月  2015年6月
テーマ ブランド・コミュニティへの参加がブランド・コミットメントに及ぼす影響
単独/共同 共同
大会名 日本消費者行動研究学会 第50回 消費者行動研究コンファレンス
会場 神戸大学

項目  学会発表
発行年月  2014年7月
テーマ Brand Community as Social Capital: Moderating Effect of Participation Intensity on Brand Related Outcomes
単独/共同 共同
大会名 Global Marketing Conference
会場 Singapore

項目  学会発表
発行年月  2014年6月
テーマ ブランド・コミュニティにおける社会関係資本の作用
単独/共同 単独
大会名 広告学会関西部会
会場 関西大学

項目  学会発表
発行年月  2012年12月
テーマ Online Brand Community in Japan: Empirical Analyses of e-Reader “Kobo” by Rakuten
単独/共同 共同
大会名 Advertising and Consumer Psychology Conference: The Asian Consumer
会場 Singapore

項目  学会発表
発行年月  2012年10月
テーマ KoboとReaderのブランド・コミュニティ比較
単独/共同 単独
大会名 日本商業学会関西部会
会場 大阪市立大学文化交流センター

項目  学会発表
発行年月  2012年6月
テーマ 震災とブランド・コミュニティ―生協利用者の意識について―
単独/共同 共同 
大会名 日本商業学会関西部会
会場 大阪市立大学文化交流センター
研究ノート、ワークショップ、リサーチレター
項目 研究ノート
発行年月 2015年7月
タイトル ネット・コミュニティにおける発言の多様性:電子書籍専用端末に関する内容分析
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 広告科学、第61集
ページ 17-28

ページトップ