山田 勇人   ヤマダ ハヤト

山田 勇人   ヤマダ ハヤト

URL

役職

所属(学部・学科等)

  • 経済学部 経済学科

資格

  • 特任准教授

学位

  • 修士(言語教育学)

最終学歴

  • 京都外国語大学大学院  外国語学研究科 博士後期課程 異言語・文化専攻(言語教育領域)

担当科目

  • 自己発見とキャリア開発A
  • 自己発見とキャリア開発B
  • 日本語A
  • 日本語B

専門分野

  • 日本語教育・日本語学

所属学会

  • 日本語学会
  • カナダ日本語教育振興会
  • 専門日本語教育学会

現在の研究テーマ

  • 現代日本語における他動詞文の諸問題
  • 日本語における無生物主語他動詞文の成立要因に関する考察
  • 自他同形漢語サ変動詞、自他同形外来語サ変動詞について
  • 日本語教育における中級・上級教材の開発

学外での活動

  • ・ ネットワークHITO 日本語教師講座講師2018年9月

委員会(学内)など

研究業績

項目 論文
発行年月 2019年
タイトル 自他同形漢語動詞の自他の変化に関する考察
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 神戸医療福祉大学 神戸医療福祉大学紀要 19(1)
ページ 145-154

項目 その他(日本語学習者用教科書)
発行年月 2017年4月
タイトル 「上級で学ぶ日本語3訂版 ワークブック」
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 研究社
ページ  

項目 論文
発行年月 2016年10月
タイトル 日本語における他動詞と主体意志の関係について
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 京都外国語大学 言語と文化10
ページ 49-57

項目 その他(日本語学習者用教科書)
発行年月 2016年
タイトル 「中級jump3rd edition(テーマ別中級から学ぶ日本語・韓国版)」
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 研究社
ページ  

項目 その他
発行年月 2015年4月
タイトル 「中級から学ぶ日本語3訂版 ワークブック」
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 研究社 
ページ  

項目 ポスター発表
発表年月 2014年8月
テーマ 談話レベルから見た日本語における無生物主語他動詞文について
単独/共同 単独
大会名 カナダ日本語教育振興会 Annual Conference2018
会場  

項目 学会発表
発表年月 2014年8月
テーマ 日本語における無生物主語他動詞文の有生性
単独/共同 単独
大会名 カナダ日本語教育振興会 Annual Conference2014
会場  

項目 proceedings
発行年月 2014年
タイトル 日本語における無生物主語他動詞文の有生性
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 CAJLE2014 proceedings カナダ日本語教育振興会
ページ 210-219

項目 論文
発行年月 2014年
タイトル 日本語における再帰構文の他動性に関する一考察
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 京都外国語大学 言語と文化8
ページ 77-85

項目 学会発表
発表年月 2012年11月
テーマ  自他同形漢語動詞から見る再帰構文の他動性について
単独/共同 単独
大会名 香港第9回国際日本語教育・日本研究シンポジウム
会場  

項目 その他(日本人学生用教科書)
発行年月 2011年10月
タイトル 「使うことば2」
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 研究社
ページ  

項目 その他(日本人学生用教科書)
発行年月 2011年3月
タイトル 「使うことば」
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 研究社
ページ  

項目 論文
発行年月 2011年
タイトル マレーシア中等教育における日本語教育の歴史と現状
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 プール学院大学 プール学院大学紀要51号
ページ 295-303

項目 論文
発行年月 2009年
タイトル 漢語サセル動詞に関する一考察
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 大阪女学院短期大学 大阪女学院短期大学紀要39号
ページ 19-29

項目 学会発表
発表年月 2007年3月
テーマ  主体意志のない他動詞文に関する一考察
単独/共同 単独
大会名 日本語教育学会 関西地区研究集会 2007年3月
会場  

項目 論文
発行年月 2006年
タイトル (中国)長春の日本語教育
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 日本学生支援機構日本語教育センター紀要 2号
ページ 126-137

項目 実践報告
発行年月 2006年
タイトル 初級学習者の語彙学習について―「進学する人のための初級日本語」準拠 語彙学習復習帳作成過程から
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 日本学生支援機構日本語教育センター紀要 2号
ページ 149-160

ページトップ