指導者紹介

指導者紹介

坂本 久美子

女子バレーボール部監督
流通科学大学学生部所属

流科大女子バレー部はどんなチームですか?

キャプテンを中心にまとまった、守ってつないでチャンスを狙う守備型のチーム。
いわゆる「大砲」はいないので、全員一丸となったチームプレーで勝利を目指しています。
他大学と比べ選手数が少ない中で、上級生・下級生関係なく、お互いにアドバイスしあい高め合っていこうと努力しています。

今年で私の着任から4年目になり、1年生からずっと見てきたチームになりました。
「バレーボール」の戦略は十分理解できているチームなので、あとは必死にひたむきに、いい意味でのガツガツしたところを出していければ、と思っています。

現在の課題はなんですか?

昇格直後ということもあり、リーグ上位さらには昇格を目指して、体力・技術・精神力すべての面で成長することが必要だと感じています。
選手同士切磋琢磨して、いい意味でのライバル心を育てながら、それぞれのプレーを向上させる。
その上でチームプレーを大切に、お互い足りないところを補って、1セットでも1ポイントでも貪欲に取りに行く粘りがほしいところです。
コンバートも試みながら、チームとしての進化を目指し、勝ちにこだわっていきたいですね。

指導者として心がけていることはなんですか?

大学のクラブ活動では「勝つ」ことを目指すのはもちろんですが、「社会で通用する人間性を育てる」ことも大きな目標だと思っています。
精一杯努力すること、我慢すること、他人とスムーズに意思疎通ができることなどを、クラブ活動も含めた大学生活で身につけることができるように指導しています。
少人数だからこそできることですが、全員に目と心を配って、クラブ・学業・就職活動・バイトなどすべてのことで相談にのり、一人一人に成長してもらえるよう、学生と一緒になって過ごしています。
また強いチームを作っていくために、数年先を見据えたチーム編成を考えて、チームの補強にもさらに力を入れていこうと考えています。

高校生の皆さんにメッセージをお願いします。

これまでバレーボールを続けてきた高校生の皆さんも、本気でバレーができるのは大学まで。
社会人になってからも続けることができるのはほんの一握りの人たちというのが現実だと思います。
高校卒業後もバレーを続けるかやめるか悩んでいる人も、バレーボールが好きなら最後のチャンスととらえて、ぜひ大学でもバレーを続けてほしいと願っています。
その一方で、大学を卒業してもバレーを続けたいと夢を持つ選手やVリーグで戦う選手を育てることも私の大きな夢です。
バレーボールをやりたい人! 大学というステージでぜひ一緒にやっていきましょう!!

経歴

女子バレーの名門・博多女子高校時代、春高バレー3位。
1990年、17歳で全日本代表入り、世界選手権(北京)に出場。
1991年ダイエー・オレンジアタッカーズ、1999年デンソー・エアリービーズに所属、90年・94年・98年の三度、全日本代表に選出され、世界選手権(3回)、ワールドグランプリ(2回)、アジア選手権など国際大会への出場多数。

2001年現役引退。引退後は後進の指導にあたり、春高コーチングキャラバンコーチ、母校博多女子高校バレー部のコーチ・監督を歴任し2015年より現職。

北原 光広

硬式野球部監督

現在の硬式野球部について、どんなチームでしょうか。

監督に就任して驚いたのは部員が「あいさつができる」学生だったことです。
大学生だからもっと大人ぶって斜に構えているかと思っていたのですが、伝統というものでしょうか、きっちりとあいさつをしてくる。
「あいさつ」は絶対の基本ですから、そういう点はきっちりできている学生たちです。

野球に関しては着任して1週間は私自身、試されているようなところがありましたが、意識を高めていこう、緊張感を持って練習しようと彼らの中に入って行った結果、受け入れてもらえたような気がしています。
私が体験してきた東京六大学野球の話も聞かせて「今のままではだめ」「より高みを目指して」と伝え、毎試合「今日の課題はこれ」と指摘し、できないことを減らしていこうと努めています。

指導者として心がけておられることはなんですか。

野球は社会に出るための準備だと私は思っています。
あいさつや礼儀作法やマナーも含めて、野球をしている学生には、今、社会に出るための準備をしているということをわかってほしい。
試合で勝てばいい、それ以外はなにをしてもいいのではなく、野球を通しての人間形成に重きを置きたい。
そのためには学生としての本分、学業を大切にしなくてはなりません。授業中の態度はグラウンドに現れます。
逆にこのグラウンドで一生懸命になる姿が、授業や学業に取り組む姿勢に現れてほしいと願っています。

現在の部の目標について聞かせてください。

私が36年間やってきた高校野球に「明日」はありません。
いっぽう大学はリーグ戦ですが常に一戦必勝の気持ちでいなければいけない。
すべての試合が決勝戦という気持ちで、最後の最後まであせらず、あきらめず、ゲームを捨てることなく戦ってほしい。
また1部に昇格したい、そのためには何をしなくてはいけないのかと、ゲームに沿った練習に力を入れています。
返球が1mそれた、タッチが10cm届かなかった、それだけでアウトが取れないんだと、細かい点まで指摘しています。
1部に昇格すれば、今までとは違うチーム、違う世界がきっと見えてくる。
その景色を見せてあげたい、一緒に見に行きたいのです。

高校生の皆さんにメッセージをお願いします。

人に言われたから、先生に言われたからではなく、自分がほんとうに行きたい大学を目指して、「あせらず・あきらめず」がんばってほしい。
「迷う」「悩む」のではなく「考えて」、将来のことを見据えて、なりたい姿を考えて大学を選んでほしい。
自分の意志を通して、受験勉強に取り組んでください。
野球をしたい人には、流通科学大学の野球部は野球をする環境としては兵庫県下でもNo.1です。
ぜひ一度、この環境を見てもらいたい。この恵まれた環境で、一緒に野球をやりましょう!

経歴

倉敷商業高等学校・法政大学で投手としてプレーし、高校時代には68回連続無失点記録を樹立。
大学卒業後は社会人野球の鐘淵化学(現カネカ)を経て、1982年に神港学園高等学校の監督に就任。
84年春、同校を甲子園初出場に導く。
以後95年春、2006年春には甲子園8強を達成し、36年間の在任中に8度(春5回・夏3回)の甲子園出場を果たす。

2018年3月神港学園高等学校退職、同年4月流通科学大学硬式野球部監督に就任。

亀谷 涼

サッカー部監督
流通科学大学 商学部講師

流通科学大学のサッカー部の特色はなんでしょうか。

流通科学大学サッカー部では「主体性を高める」ことを目標にした活動をしています。

サッカーはフィールドで常に自分で判断して動かなくてはならない、選択肢の多いスポーツです。
考えて判断する力を高めるためにはまず普段の行動から、主体的に「言われずとも動く」ということを当たり前にしていかないとだめだと考えています。
練習中の指示・ミーティングをはじめ、掃除や荷物の準備など雑用も自分たちで率先して行います。
体育会にありがちな厳しい上下関係はなく、上級生が率先して動いて自分たちの行動する姿を下級生の見本とする、いい意味での「脱体育会系」クラブです。

指導者として心がけておられることはなんですか。

主体性を高めていくためにライフスキル(LS)という概念を取り入れています。
LSとは礼儀作法や考える力、感謝する心など「社会で必要な生きる力」のことである。
LSの向上が主体性につながっていくと考えるからです。
そのために「本学に来学するチームへのおもてなし」「フェアプレーの重要性とは」といったテーマで月1回、練習とは別にグループワークの時間を設けているほか、週1回学生を中心とした「幹部ミーティング」を設けています。
学生を「主体的に動かす」というのは「放任」と同義ではありません。主体的に動くためにはそれなりの知識が必要です。
1年生の時からいろいろな経験をし、その知識をもとに考えて動くことができるように導いていくことが重要です。

部訓「厳しく、激しく、楽しく」についてお聞かせください。

弱い相手に勝っても楽しくはない。
日々厳しく激しくプレーし最善の努力を怠らず、そこで強者から勝利をつかみ取る楽しさを覚えよう、ということです。
楽しいのは一瞬です。「厳しく、激しく」がないと「楽しい」は「楽(らく)」になってしまいます。
向上心をもって取り組んでいくことが大切です。
その上で昇格2年目ということを踏まえ、1年目の昨年よりも「より強く、より速く!勝負にこだわる!!」を今季のスローガンとしています。

高校生の皆さんにメッセージをお願いします。

大学まできて、なぜサッカーをやるのか。
ここで何を学び、その知識・経験をどう社会に結び付けていくのかをしっかりと考えてほしい。
自分の可能性をさらに高めていこう
という人に、流科大に来てほしい。
言われて、やらされて動くのではなく、自ら考えて向上心を持って動く人は流科大ではすごく伸びます。
ぜひ一緒にボールを蹴りましょう。

経歴

中学時代、神戸FCで日本クラブユース3位、高円宮杯全国大会3位。
滝川第二高校時代は全国高校サッカー選手権大会、全国高校総合体育大会など全国レベルで活躍、
国体の兵庫県選抜チームとして準優勝に貢献。
卒業後渡欧し、セリエC AC.MONZAでプレーする。
帰国後フレスカ神戸、INAC神戸でU-15チームを指導、フレスカ神戸を兵庫県クラブユース選手権で初優勝に導く。
2004年より大阪産業大学附属高校監督としてプリンスリーグ関西1部昇格を果たし、ひき続き関西学生1部の同大学を監督。
Jリーガーを数名輩出。2015年流通科学大学サッカー部コーチに着任、16年からは監督としてサッカー部を指揮する。

𠮷永 陽一

吹奏楽団音楽監督
関西吹奏楽連盟 副理事長
兵庫県吹奏楽連盟 副会長

流通科学大学吹奏楽団の活動についてお聞かせください。

開学5年目の1992年に吹奏楽経験者の学生5名によって誕生した流通科学大学吹奏楽団が、今年27年目を迎えました。

RYUKA HALLの恵まれた活動環境により創設後数年で吹奏楽コンクールに出場するまでに団員を増やし成長しましたが、その後活動に対する価値観の多様化等により団員の減少傾向が続き現在に至っています。
しかしこの状況下にあっても、本学を中心とした近隣の兵庫県立大学・神戸市外国語大学合同企画による「サマーコンサート」は今年20回目を迎え、本学独自の「冬のコンサート」との年2回の定期演奏会をはじめ、学園祭など多くの学内行事のほか地域活動にも積極的に貢献しています。

指導者として心がけておられることは何ですか。

「吹奏楽団の原点回帰」です。
私は流通科学大学という素晴らしい大学に2017年音楽監督として着任しました。
着任早々取り組んだのが散逸した過去の活動記録の収集による現状分析と今後の対策です。
現在は大学の支援体制の本格化により、安定した活動の実現に向け昨年度から始まった私を含む顧問(多井剛 嶋根英晃 垣内智沙 岩本拓馬)5人体制、クラブ推薦入試制度、活動場所・備品の整備計画の推進で、大学創設者中内功氏の思いがこもった校歌「神戸の風は」のフル編成による初演実現のための、未来を担う学生による「吹奏楽団の原点回帰」の支援です。

楽団のスローガン「音楽力も人間力も響かせる4年間」についてお話しください。

人とコミュニケーションを図ったりそのツールの活用にあたり重要なのが、「人と人との相互信頼に基づく主張と調和」です。
そしてその根幹をなすのが価値観を共有し高め合う互いの「人間力」です。
私たちが取り組む吹奏楽は、学生自らが音楽をより深く味わい楽しみ伝えるために求める「音楽力」向上の過程でこの「人間力」が問われ自己を磨く相乗効果から、求める音楽のための「音楽力」、望ましい人間関係のための「人間力」を習得する4年間にしたいと念じています。

高校生の皆さんにメッセージをお願いします。

小学4年生の時、放課後になると毎日隣の中学校から聞こえてくる不思議な音に吸い寄せられたのが私の音楽人生のはじまりです。
その中学校でご指導くださったのが恩師の安田譲先生です。
その後、長年教師として多くの学生と音楽に触れ合いながら彼らを社会に送り出しました。
その教え子が音楽家として或いは音楽愛好家として「こころ豊かな」人生を送ってくれています。

吹奏楽経験者の皆さんは生活の一部となった音楽と共にある掛け替えのない人生を、これからも大切にしてより豊かな生涯としてください。
これから吹奏楽を始める皆さんは、これまで気づかなかった「音楽のある日常」の豊かさに触れる人生を始めてください。

経歴

大阪音楽大学器楽学科卒業後、音楽教諭として高等学校に勤務。
大阪高等学校・兵庫県立兵庫高等学校・同西宮高等学校で36年にわたり吹奏楽部を指導し、その間全日本吹奏楽コンクールへ兵庫県の高等学校として初めて出場し数々の金銀銅賞を受賞したほか、全国学校合奏コンクール高校の部優勝に導くなど高校吹奏楽の発展に貢献。
2007年神戸夙川学院大学、2015年神戸山手大学、2017年流通科学大学吹奏楽団音楽監督に就任し、大学吹奏楽界の発展に努力。