外国人登録・再入国許可申請

外国人登録・再入国許可申請

中長期在留者が所持する「外国人登録証明書」については、新しい在留管理制度の導入後、地方入国管理官署での手続や市区町村での住居地関係の手続においては、一定の期間「在留カード」とみなされますので、在留カードが交付されるまで引き続き所持してください。中長期在留者は、地方入国管理官署における新たな在留カードの交付を伴う各種届出・申請の際に、在留カードに切り替えていただくこととなるほか、地方入国管理官署で希望していただければ切り替えることができます。

「在留カード」はどういうカード?

在留カードは、中長期在留者に対し、上陸許可や、在留資格の変更許可、在留期間の更新許可などの在留に係る許可に伴って交付されるものです。

※ 在留カードには偽変造防止のためのICチップが搭載されており、カード面に記載された事項の全部又は一部が記録されます。

「外国人登録証明書」は、一定の期間「在留カード」とみなされます

(入国管理局からのお知らせより抜粋)

中長期在留者が所持する「外国人登録証明書」については、新しい在留管理制度の導入後、地方入国管理官署での手続や市区町村での住居地関係の手続においては、一定の期間「在留カード」とみなされますので、在留カードが交付されるまで引き続き所持してください。中長期在留者は、地方入国管理官署における新たな在留カードの交付を伴う各種届出・申請の際に、在留カードに切り替えていただくこととなるほか、地方入国管理官署で希望していただければ切り替えることができます。

「外国人登録証明書」が在留カードとみなされる期間

施行日(2012年(平成24年)7月9日)の時点において外国人の方が有する在留資格及びその年齢により、外国人登録証明書が在留カードとみなされる期間は次のようになります。

その期間が外国人登録証明書に記載されている次回確認申請期間よりも短い場合がありますのでご注意ください。

永住者

16歳以上の方 2015年(平成27年)7月8日まで
16歳未満の方 2015年(平成27年)7月8日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

特定活動 ※特定研究活動等により「5年」の在留期間を付与されている者に限ります。

16歳以上の方 在留期間の満了日又は2015年(平成27年)7月8日のいずれか早い日まで
16歳未満の方 在留期間の満了日、2015年(平成27年)7月8日又は16歳の誕生日の いずれか早い日まで

それ以外の在留資格

16歳以上の方 在留期間の満了日
16歳未満の方 在留期間の満了日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

再入国許可申請

2012年7月9日以降、在留カードの導入に伴い、制度が変わります

有効な旅券及び在留カードを所持する外国人の方が出国する際、出国後1年以内に日本での活動を継続するために再入国する場合は、原則として歳入国許可を受ける必要がなくなります。

しかし、出国する場合は必ず事前に留学生支援課へ必ず届け出てください!

入国管理局電話番号一覧

大阪入国管理局神戸支局審査部門 078-391-6378
外国人在留総合インフォメーションセンター(神戸) 078-326-5141
大阪入国管理局(代表) 06-4703-2100
外国人在留総合インフォメーションセンター(大阪) 06-4703-2150

学費や生活費として親から現金をもらって帰国した場合は?

一時帰国の際、学費に充てるお金を現金で親から直接受け取って帰る場合、日本入国の時に記入する、再入国出入国記録用紙のおもて面の質問事項3番 “あなたは、現在、現金をいくら所持していますか?” の欄に正確に記入すること。
入国管理局ではこのデータを一人ずつ入力しているため、留学生が在留資格の更新や変更等の手続きを行う際は、このことも参考にされます。
以下のことに注意し、準備していると尚良いでしょう。

  1. 親に証明書を書いてもらう (いつ誰が誰にいくら渡したのか)
  2. 日本到着後すぐ自分の口座に全額入金する (通帳に日付と入金金額が自動的に記帳される)
  3. パスポートに押してある出入国記録印 (日付印) のコピーをとっておく
お問い合わせ

留学生支援課

ダイヤルイン:078-794-3095

ファックス:078-794-3094