奨学金・授業料減免

奨学金・授業料減免

さまざまな奨学金・授業料減免の制度がありますが、特に外部団体が行っている奨学金制度はそれぞれに資格や条件が定められています。また、採用人数も少数であるため、以下の判断基準に従って学内選考を行います。
休学・留年した場合及び著しく成績が悪い場合や過去1年間の取得単位が30単位未満の場合も資格を失います。
なお、留学生向けの奨学金・減免制度は在留資格が “留学” であることが前提です。

採用・推薦の判断基準について

学内選考での採用・推薦の基準は、勉学の意欲が高く、成績・人物ともに優れ、心身健全な私費留学生のうち、経済的に困窮し就学が困難な人で学業成績とその向上に主眼を置きます。
取得単位数、授業出席状況はもちろんのこと、申請書の申告内容や面接、各種行事や国際交流プログラムなどへの参加状況、日本語能力の向上(検定試験などの証明が必要) など、総合的な積極性を加味して最終判断します。

奨学金の停止について

試験における不正行為など流通科学大学の規則に違反し、何らかの処分を受けるような行為があった場合や、国の法律や地方条令などに違反行為(不法残留や資格外活動違反なども含む)があった場合には奨学金はその時点から停止され、翌年の奨学金申し込み資格がなくなります。
また、場合によってはその次の機会も困難になることがあります。

奨学金の種類及び応募要件

流通科学大学が行うもの

中内学園特別奨学金

学園創立の精神、並びに本学の教育精神が広く理解されることを目的とします。また留学生として、他の人の模範となり、学内外の国際交流活動に積極的に参加することを期待しています。

1 資格者 趣旨をよく理解し、留学目的・計画が明確に立てられている者。成績優秀で人物評価が高く、かつ学業に専念できる学生(在留資格が “留学”となっている者)、帰国子女入試、社会人入試で入学した学部生で、経済的に困難かつ学業成績が一定の基準を満たす者。
2 支給方法 毎年2回の奨学金授与式で半年ずつ支給 (給付)
3 募集時期 4月
4 支給金額 月額 53,000円
5 支給期間 1年間 (該当年の4月~翌年3月/毎年申請可能)
授業料30%減免

学習向上心が強く、成績・人物とも優れ、心身健全な私費留学生で経済的に困難な者を支援することを目的としています。

1 資格者 趣旨を理解し、学業を優先し、優秀な成績を目指す学部及び大学院の留学生 (在留資格が “留学”となっている者)、帰国子女入試、社会人入試で入学した学部生及び大学院生で、学業成績が一定の基準を満たす者
2 募集時期 4月
3 減免期間 1年間 (該当年の4月~翌年3月/毎年申請可能)
4 減免方法 年2回、前期及び後期の納付書の額を減額

流通科学大学以外が行うもの

私費外国人留学生学習奨励費 -独立行政法人 日本学生支援機構-

日本の大学に在籍する私費外国人留学生で、人物・学業成績ともに優秀かつ経済的に困難な者を対象としています。

1 資格者 上記の趣旨に合う者
2 募集時期 4月
3 支給方法 毎年の在籍確認を受けて文科省より個人口座へ振り込み (給付)
4 支給金額 学部生 月額 48,000円
大学院生 月額 65,000円
5 支給期間 1年間 (該当年の4月~翌年3月/毎年申請可能)
兵庫県私費外国人留学生奨学金 -財団法人兵庫県国際交流協会-

兵庫県内の高等専門学校、短期大学、大学および大学院に在学する私費外国人留学生で、他の奨学金を受給していない者に対し援助を行います。

1 資格者 学業成績に優れ、かつ留学生活上経済的援助を必要とすると認められる者
2 募集時期 5月
3 支給方法 毎年の在籍確認を受けて個人口座へ振り込み (給付)
4 支給金額 学部生、大学院生とも 月額 30,000円
5 支給期間 1年間 (該当年の4月~翌年3月/毎年申請可能)

その他にもさまざまな奨学金制度がありますが、制度実施機関によって募集方法が違います。
大学では、募集方法に応じて公募したり、推薦者数が限定されている場合には公募は行わず、奨学金申請書提出者から学内選考を行って該当者に直接通知します。学内選考する際の基準は、成績状況、各種活動への参加状況、人的交流状況などを参考にします。
また、さまざまな企業や団体などが、情報誌やインターネットを通じて公募していて大学への通知がない奨学金制度もありますので、日常の情報収集にも心がけるようにしてください。

奨学金等推薦対象者選考基準について

奨学金などの選考にあたっては、原則として下記を基準とします。

学業成績は 「前年度1年間の成績」を対象とします。前年度の3月末日の成績を基準とします。

1年生は入学試験の成績と面接によります。

学部生は、前年1年間で30単位以上取得した者を対象とします。

『資格取得等による 「認」 単位も含める』 とし、30単位未満の者は選考対象としません。

大学院生には単位基準はありませんが、取得科目の素点を考慮します。

成績評価係数 (成績基準) の計算方法は次の通りです。

  1. 前年1年間の修得科目の成績を、

    Ⓐ=4、 A=3、 B=2、 C=1、 D または 放棄=0

    という点数に置き換えてそれぞれの科目数と単位数を掛けます。

  2. 上記の計算によって算出した数字を合計します。
  3. 合計数を履修したすべての単位数で割ります。
    ※ 取得した単位ではなく、履修登録した全ての単位数です。よって、Dまたは試験放棄した単位数も含まれます。

≪ 成績係数計算式 ≫

[(Ⓐの単位数×4×科目数)+(Aの単位数×3×科目数)+(Bの単位数×2×科目数)
+(Cの単位数×1×科目数)+(Dまたは試験放棄の単位数×0×科目数)]÷履修登録単位数

例 :前年度1年間に20科目 (全て2単位) 40単位を履修し、その成績がⒶ=3科目、A=6科目、B=6科目、C=3科目、Dまたは試験放棄=2科目だった場合

評価 評価を点数に置換 科目数 一科目の単位数 履修登録単位数
※Dまたは試験放棄の単位数も含む
4 3 2 6
A 3 6 2 12
B 2 6 2 12
C 1 3 2 6
Dまたは試験放棄 0 2 2 4
履修登録単位数合計 40

<成績評価係数の計算式>

[(2×4×3)+(2×3×6)+(2×2×6)+(2×1×3)+(2×0×2)]÷40=2.25

※小数点第3位四捨五入

資格取得等による 「認」 科目・単位は、上記の計算には入れません

上記の計算によって算出した数値の高い者から順に各種奨学金および授業料減免の配分を行います。

同点の場合、素点平均値、放棄科目数、在籍確認状況、各種課外活動等への参加状況、日本語能力検定試験の取得状況などを加味します。

お問い合わせ

留学生支援課

ダイヤルイン:078-794-3095

ファックス:078-794-3094