日本語試験

日本語試験

自分自身の日本語能力を試す機会として、さまざまな日本語試験が設けられています。
それぞれの試験実施機関 (団体)より送られて来る受験募集要領は、その都度留学生支援課の留学生用掲示板に掲示しますので、ぜひ挑戦してみて下さい。
受験結果の点数によって具体的な能力レベルがわかり、しかも 「認定証」などの証明書がもらえるため、いろいろな面で役に立ちます。
日本に留学している証として日本語の4技能(読む、書く、聞く、話す)に一層の磨きをかけ、在学中にN1級レベルの合格を目指すことを希望しています。
留学生支援課では、日本語能力試験の対策書籍をたくさんそろえていますので、気軽に借りて勉強してください。
以下に主な日本語能力テストを紹介します。

JESS 日本語能力試験 (国内)

目標:N1級 <4単位付与されます 詳しくは教務課へ>

  • 実施者
(財)日本国際教育支援協会
  • 対象
原則として日本語を母国語としない人
  • 試験日
7月・12月 (2010年の実施実績)
  • 試験会場
北海道・東京・神奈川・愛知・京都・大阪・兵庫・広島・福岡
  • 試験レベル
N1:従来の1級に相当するレベル
N2:従来の2級に相当するレベル
N3:従来の2級と3級の間のレベル (新設)
N4:従来の3級に相当するレベル
N5:従来の4級に相当するレベル
  • 出願手続き

所定の願書を全国主要書店にて購入 (願書代 500円) し、提出 (受験料 5,500円)

※ 受付期間  7月受験 (3月下旬~ 5月初旬)
12月受験 (8月下旬~10月上旬)
  • 照会先
(財)日本国際教育支援協会 電話:03-5454-5577
URL:www.jees.or.jp/

J.TEST 実用日本語検定

目標:850点

  • 実施者
日本国検定協会
  • 対象
日本語を母国語としない人
  • 試験日
年6回 (1月、3月、5月、7月、9月、11月)
  • 試験会場
大阪・神戸・名古屋・東京・仙台ほか
  • 試験レベル・内容
1000点満点 (聴解500点、読解・記述500点)で点数によって能力を特A~D級に判定します。500点以上の方には認定証が発行されます。ただし、「8分野の得点が全て20%以上であること」(2008年7月試験より追加された条件)
  • 出願手続き
所定の申込用紙に記入し提出 (受験料 3,200円) 
  • 照会先
日本語検定協会 J.TEST事務局 電話:03-3865-5761
URL:http://j-test.jp/xp/

上級、中級者向け (A~D級) と初級者向け(E~F級)の二つの試験問題があります。以下は上級、中級者向け (A~D級) 向けについての記述です。

< 特A級 >     930点以上 (高度な日本語の通訳ができる)
さまざまな分野、場面において高度なコミュニケーション能力がある。
< A 級 >     900点以上 (一般的な日本語の通訳ができる)
さまざまな分野、場面において十分なコミュニケーション能力がある。
< 準A級 >     850点以上 (基本的な日本語の通訳ができる)
やや限定された分野、場面において十分なコミュニケーション能力がある。
< B 級 >     800点以上 (日本で長期間仕事ができる)
一般的な分野、場面において十分なコミュニケーション能力がある。
< C 級 >     600点以上 (日本に出張して仕事ができる)
不十分なところもあるが、基本的なコミュニケーションができる。
< D 級 >     500点以上 (簡単な日本語ができる)
最低限のコミュニケーションができる。

日本語能力試験との比較 (目安)

日本語能力試験1級=650点前後
日本語能力試験2級=550点前後

<認定なし>     500点未満

BJTビジネス日本語能力テスト

  • 実施者
(財)日本漢字能力検定協会 (2009年度より)
  • 対象
日本語を母国語としない人/日本国籍でも、母語が日本語でない人
  • 試験日
聴読解テスト/毎年6月と11月
  • 試験会場
札幌・東京・仙台・新潟・千葉・名古屋・大阪・広島・福岡・大分
  • 試験レベル・内容
<聴読解テスト得点レベル>
J1+ どのようなビジネス場面でも日本語による充分なコミュニケーション能力がある
(600点以上~800点)
J1幅広いビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある
(530点以上~600点未満)
J2限られたビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある
(420点以上~530点未満)
J3限られたビジネス場面で日本語によるある程度のコミュニケーション能力がある
(320点以上~420点未満)
J4限られたビジネス場面で日本語による最低限のコミュニケーション能力がある
(200点以上~320点未満)
J5日本語によるビジネスコミュニケーション能力はほとんどない
(0点~200点未満)
※合否を判定するものではなく、能力を認定するもの  
  • 出願手続き
オンライン (受験料 7,000円) もしくは郵送 (受験料 7,500円)で、所定の受験申込書に記入し提出する
※ 受付期間  6月受験: 3月初旬~ 5月中旬
11月受験: 7月上旬~10月上旬
  • 照会先
E-mail:nihongo@jetro.go.jp
URL:http://www.jetro.go.jp/bjt/

英語の重要性

現在は地球規模での国際化が進んでおり、国際舞台における共通言語は 『英語』が中心となっています。大学院を目指そうとしている人は勿論のこと、社会に出て活躍しようと考えている人も、自分自身のために国際語である『英語』 は必ず勉強してください。

お問い合わせ

留学生支援課

ダイヤルイン:078-794-3095

ファックス:078-794-3094

ページトップ