図書館相互利用制度

図書館相互利用制度

図書館相互利用制度

本学所属の方に、下記のサービスを提供しています。

他の図書館を利用する

他の図書館や研究機関を訪問して、資料を閲覧したり、コピーを入手したり、資料を借りたりすることができます。各サービスの欄を参照の上、必要書類に記入し、図書館カウンターもしくは図書館メールアドレスへ申し込んでください。

図書館相互利用には、次の3種類があります。
いずれの場合も、求める資料の所蔵先を所蔵目録などで確認することが必要です。
なお、利用により生じる費用は利用者の負担となります。

相互利用申込書 ダウンロード(ワード:34KB)

他大学図書館等利用申込書 ダウンロード(ワード:33KB)

文献複写

他の大学図書館等で所蔵している図書の一部や雑誌論文のコピーを入手することができます。
国内機関への依頼の場合で、約5日から2週間かかります。国内に所蔵館がない場合は海外の図書館へ複写を依頼することもできます。
上記「相互利用申込書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、図書館へ申し込んでください。
なお、コピー代と郵送料の実費が利用者の負担となります。

相互貸借

資料の所蔵先が遠方等の理由で閲覧が不可能な場合、他の大学図書館等から、本学の図書館を通じて図書資料そのものを借りることができます。
上記「相互利用申込書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、図書館へ申し込んでください。
但し、所蔵先が相互貸借を行っている場合に限ります。利用は本学図書館内のみで館外への貸出はいたしません。
郵送料の実費が利用者の負担となります。

他大学図書館等の直接利用

他の大学図書館等を直接訪問して資料を閲覧したい利用者のために紹介状を発行します。

上記「他大学図書館等利用申込書」をダウンロードし、利用したい資料名と利用希望日を具体的に記入の上、図書館へ申し込んでください。

依頼先館の都合等を確認する必要がありますので必ず利用の1週間前までにお申し込みでください。他の大学図書館等を利用する場合は、必ずこの「紹介状」と学生証が必要になります。

また、神戸研究学園都市大学交流推進協議会の加盟校の図書館を利用する場合は、学生証および教職員証を提示することで閲覧・複写ができます。詳しくは以下をご確認ください。

学園都市の他大学・高専の図書館利用

閲覧・複写を希望する場合

流通科学大学の学生・院生・教職員は、神戸研究学園都市大学交流推進協議会に加盟している大学等の図書館を直接利用することができます。入館時に学生証または教職員証を提示してください。利用先で図書館資料の閲覧・複写ができます。

開館時間・休館日・利用方法は、加盟校によって異なります。
利用可能時間・曜日の制限などもありますので、PDFをご参考ください。

PDFダウンロード

加盟校

※上記加盟校の学生・院生・教職員の方が本学の図書館を利用される場合は、平日9:00~18:00、土曜日9:00~18:00(13:00)、長期休業期間中9:00~17:00です。開館時間と異なりますので、ご注意ください。

貸出を希望する場合

利用対象者
  • 本学の専任教職員
  • 本学の大学院生
  • 本学の学部生
手続き

貸出を希望する場合、流通科学大学の図書館カウンターで「共通貸出証」を発行が必要です。利用先図書館入館時に「共通貸出証」と本学の教職員証または学生証を提示してください。

貸出冊数および期間

貸出冊数:1人2冊まで(1館あたり20冊まで)

貸出期間:2週間

貸出中の図書について、貸出館の利用者より利用希望があった場合は、貸出期間内でも返却を求める場合があります。

返却

本学図書館のカウンターに返却してください。

お問い合わせ

流通科学大学附属図書館

ダイヤルイン:078-794-2130

ファックス:078-794-2261

メール:umds_lib@red.umds.ac.jp