メディアセンターについて

メディアセンターについて

施設概要(講義棟1 1階・2階)

メディアセンターは1994年4月、講義棟4の1階部分に開設されました。
従来の図書館でおこなわれていた視聴覚資料の利用をさらに展開するとともに、パソコンによるオンライン検索が可能となりました。
開設以来、情報媒体の多様化に対応するライブラリー施設として多くの学生、教員に利用されてきました。

2017年9月には、グループ学修席を充実し、更にプレゼンテーション設備等を備えた新メディアセンターとして、講義棟1の1階、2階にリニューアルオーブンしました。

座席配置図

配置図

1階

パソコン(個人席) 45台
カラープリンター 5台
スキャナ 1台

2階

パソコン(個人席) 16台
パソコン(グループ席) 6台
Macパソコン 2台
印刷用パソコン 1台
カラープリンター 4台
ノートパソコン 16台
スキャナ 3台
プロジェクター 1台
スクリーン 1面

充実の設備とサポート

  • Windows 10がインストールされており、MicrosoftOffice2016などのソフトやCD・DVDなどのメディアが利用できます。
  • インターネットの閲覧やメールの利用ができます。
  • すべてのパソコンはプリンター(カラー対応)に接続しています。年間利用可能ポイントの範囲内であれば自由に印刷できます。メディアセンターで用意している印刷用紙サイズはA3、A4、B4、B5です。持ち込みの用紙に印刷する場合は、レーザープリンター用の用紙をお持ちください。インクジェット用紙は使用できません。
  • デジタルカメラ及びデジタルビデオカメラを学部生・院生・教職員に館外貸出を行っています。ただし、利用目的が大学生活に関係ない場合は貸出しできません。

1階席

2階席

所蔵資料

所蔵資料概要(2018/03/31現在)

DVD 1325点
CD 150点
2017年度 新規受入資料数
資料種別
DVD 10点
CD 87点
合計 97点

メディアセンター所蔵の視聴覚資料一覧

DVD

クリックすると、所蔵のタイトルと内容が表示されます

総記(PDF:78KB)

  • 情報の達人1~3巻
  • いまさら誰にも聞けない!:Word 2010・Excel2010
  • "グーグル革命"の衝撃 他

哲学(PDF:50KB)

  • 認知療法・認知行動療法カウンセリング初級ワークショップ
  • ザ・シークレット
  • 人の心を自由に操る技術:ザ・メンタリズム

歴史(PDF:470KB)

  • プロジェクトX  挑戦者たち
  • 昭和ニッポン一億二千万人の映像
  • NHK「その時、歴史が動いた」他

社会科学(PDF:528KB) NEW

  • ザ・メッセージ
  • 日本の企業家群像
  • 社会福祉士の仕事 他

自然科学(PDF:170KB)

  • 生命の科学
  • NHKスペシャル プラネットアース
  • 形態測定・反射検査 他

技術・工学・工業(PDF:112KB)

  • インターネットの夜明け
  • ピタゴラ装置DVDブック
  • 東芝の住宅用太陽光発電システムとecoな暮らし 他

 産業(PDF:184KB)

  • 日本航空史
  • おいしいコーヒーの真実
  • 震災復興と観光の力 他

芸術(PDF:202KB) NEW

  • 世界遺産
  • EXILEフィジカルトレーナーが教える1日3分!体幹トレーニング
  • 田部井淳子のあんしん!たのしい!山歩きお悩み解決book  他

言語 ・文学(PDF:60KB)

  • ディベート入門講座

映画・ドラマ(PDF:770KB) NEW

図書附属資料

CD
  • 語学

利用統計

  2018年度 2017年度 2016年度

開館
日数

256日

231日

263日

利用
者数

53,418人

(内訳:パソコン利用 53,174人/
視聴覚利用 244人)

54,093人

(内訳:パソコン利用 53,591人/
視聴覚利用 502人)

56,088人

(内訳:パソコン利用 55,200人/
視聴覚利用 888人)

開館日程

開館時間

  曜日 時間
1階 月~金 ※1 8:30~20:00 または 8:30~18:00
※2 9:00~18:00(第1土曜日:休館)
2階 月~金 ※1 10:00~17:00

*貸出の受付は閉館時間の15分前までです。

開館日程(PDF)

※1 下記に示す長期休業期間中は9:00~17:00までの開館です。
※2下記に示す長期休業期間中の土曜日は休館日です。

2019年度の長期休業期間

  • 夏季休業期間 8月7日(水)~9月23日(祝月)

休館日

  • 日曜日・祝日
  • 館内整理日(第1土曜日)
  • 長期休業期間中の土曜日・日曜日・祝日
  • 年始年末の休日
  • 大学が定める休日・入学試験当日及び準備作業日

※なお、臨時に休館、または、開館時間の変更を行う場合やその他のお知らせは、その都度、掲示やRYUKA Portalで行います。

利用上の注意

1 館内では禁煙、飲食禁止です。また、飲食物の持込みも禁止です。但し、ブレイクエリアでの飲食は可能です。
2 館内では、静かにしましょう。携帯電話での通話は周りの人の迷惑になるのでご遠慮ください。
3 入館される方は必ず学生証またはカードを提示してください。 (付添いの方や友達を探しに来た方も必ず学生証を提示してください。)
4 30分以上席を離れる時は必ず返却手続きをしてください。
5 貴重品の管理は各自で行ってください。
6 ホッチキス・はさみなどを用意しています。カウンターで利用してください。
7 レポートや課題についての質問にはお答えできません。
8 プリンタトラブルによるレポート提出の遅れは認められません。余裕をもって取り組んでください。
9 館内での印刷は個人の保有ポイントで管理されています。ポイントの上限を超えると印刷はできません。また、ポイントの追加も一切受付けませんので、計画的に使用してください。詳しくはメディアセンターに置いているマニュアルをご覧ください。

※メディアセンターの利用に関しては注意事項、または館員の指示に従ってください。
注意事項、または館員の指示に従わない場合は、利用を止めて退館していただくことがあります。

卒業生の方へ

メディアセンターを利用するには、図書館で発行する卒業生用の「図書館カード」が必要です。

卒業生の方は、パソコンの利用、プリンタの利用、視聴覚資料の利用ができます。

利用方法

  1. まず図書館で卒業生用の「図書カード」を発行してください。
    (すでに発行されている方はカードを持ってそのままメディアセンターにお越しください。)
  2. 発行した「図書カード」を持って、メディアセンターの受付に提示してください。
  3. 座席の番号札をお渡ししますので、番号と同じ席に座ってください。
  4. 帰る時はパソコンの電源を切って、番号札を受付で返却してからお帰りください。

パソコンの利用

パソコンが利用できるID・パスワードをお渡しします。
パソコン使用時にID・パスワードを入力してお使いください。

プリンタの利用

プリンタを利用される方は受付で必ず利用申請書にご記入のうえご利用ください。

視聴覚資料の利用

メディアセンター1階にてCDやDVDの視聴覚資料をご覧いただけます。

デジタルカメラ・ビデオカメラの貸し出し、またCDやDVD等の視聴覚資料の館外貸し出しはできません。

卒業生用の「図書館カード」の申し込み方法など、詳しくは  図書館のページ をご確認ください。

お問い合わせ

流通科学大学附属図書館