第一希望の企業から内定、小さいころからの夢がかないました

第一希望の企業から内定、小さいころからの夢がかないました

公開日:2019年8月22日

中安悠貴さん

中安 悠貴さん

商学部経営学科4年
兵庫県立西宮甲山高等学校出身

山崎製パン株式会社内定

私は小さいころからパンが好きで、家で焼いて家族に食べてもらっていて、将来はパン屋さんになりたいと思っていました。小学校の卒業アルバムにも「人をしあわせにするパンをつくりたい」と書いたぐらいです。流科大を志望したのも、パンの流通や小売のことを知りたかったからです。1年生の時、学生がそれぞれ小売店の開店を想定して設計図を描くマーケティングの講義がありましたが楽しかったですね。もちろんパン屋を想定し、パンがおいしく見える電球の色まで考えて設計しました。
就職活動も製パン業界を希望。業界を絞って就職活動をしたので、その分、企業について深く研究できました。選考では筆記試験と2回の面接を経て、無事内定。小さいころからの夢をアピールしたことがポイントになったと思います。
就職部の職員の方には大変お世話になりました。エントリーシートを隅々まで添削していただき、よりアピール度を高めることができました。また面接練習では、自分ではなかなか気がつかない口癖まで指摘していただきました。実際の面接で特に緊張せず自分の思いを述べられたのは、この面接練習のおかげだと思っています。

高校生へのメッセージ

大学時代は、時間的にも精神的にも自由なことができる時期です。
多くの体験を積んでほしいですね。流科大は学生の活動をサポートする仕組みが整っている大学です。

中安悠貴さん

私たちは夢を実現させました!

夢の種プロジェクトを体験した先輩たちは、どんな夢を見つけ、育て
咲かせたのか、入学時から振り返って紹介します。

ページトップ