文字サイズの大きさ
拡大
縮小
  • English
  • 中文簡体字
  • vietnam
  • お問い合わせ
  • 学内専用サイト

資料請求

ホーム > Ryuka News > 2018年5月 > 第3回Start-up Judgement「流科大版 マネーの虎」を開催

ここから本文です。

更新日:2018年5月22日

第3回 Start-up Judgement「流科大版 マネーの虎」を開催

第3回「流科大版マネーの虎」 2018/05/18

学生ベンチャー・事業承継をめざして

起業や事業の実現を目指す学生たちが、現役経営者に対してアイデアをプレゼンテーションする「Startup Judgement」を5月18日(金)、本学キャンパスで開催しました。

この試みは、学生たちが現役の経営者から直接、アドバイスや評価を受けることで、将来の起業・事業化に向けて必要なノウハウ・考え方を蓄積することを目指しています。また優秀な提案・アイデアについては、審査員が投資家となり、事業化に向けて具体的な出資・投資を獲得することができます。

開催概要

  • 日時:5月18日(金) 14:00~17:00
  • 審査員: 企業経営者・役員など9名
  • 参加学生:起業・ベンチャー型事業承継者育成プログラム受講生 6名(2・3年生)
  • 指導教員: 中内潤(学校法人中内学園理事長 兼 流通科学大学学長)

発表方法

  • 発表者一人につき5分~6分のプレゼンテーションを実施
  • 質疑応答(30分)

 

ずらりと並んだ審査員を前に、発表する学生は緊張を隠し切れない様子でしたが、アパレルや食品、ブライダルと言った多方面にわたるそれぞれの企画について、堂々とプレゼンテーションを行いました。

質疑応答の時間には「原価計算が全くできていない」「その価格設定で売れると思ってるのか」など、たいへん厳しい指摘・ご意見に、「起業すること」「ビジネスとして成立させること」の難しさを突き付けられる場面もありましたが、学生にとってはすべてが貴重な体験になったようです。

今回発表された企画は、今後も育成プログラムを通してブラッシュアップされ、次回のJudgementに再挑戦する、また出資者を募ることを目指していく予定です。

 


お問い合わせ

流通科学大学 学長室
ダイヤルイン:078-794-3544

流通科学大学キャラクター「りゅうか」