行動計画

行動計画

教職員が仕事と子育てを両立させることができ、教職員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての教職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成31年4月1日~平成35年3月31日(4年間)

内容

子育てを行う労働者の職業生活と家庭生活との両立を支援する為の雇用環境の整備

目標:育児休業制度利用促進のための処置の実施

対策
  • 法に基づく諸制度の調査
  • 産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の共済制度(掛金免除)など、ホームページ等に掲載し、情報提供を行う。
  • 利用促進のため、育児休業制度の拡充について検討する。

働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

目標:所定外労働時間削減の為、改善措置を実施する。

対策
  • 時間外労働についての原因分析を行う
  • 適正な人員配置や業務分担の見直しについて検討する。
  • 時間外労働の事前申請を徹底し、時間の管理意識を高めるとともに、部署内での業務分担の適正化を促す。
  • 業務効率化のための研修を実施する。
  • ノー残業デーや原則限度時刻を設けるなどの時間外労働の抑制策について検討する。

目標:有給休暇取得促進のための措置を実施する。

対策
  • 学生の休業期間、ゴールデンウィーク、年末年始等を利用した年次有給休暇の取得を勧奨する。(計画的取得)

以上

お問い合わせ

人事課

ダイヤルイン:078-794-3514

ファックス:078-794-3024

ページトップ