2021年度

2021年度

最終更新日:2021年3月22日

公開日:2021年3月19日

事業計画

教育改革(教育内容の質的向上)

「知識教授型授業」から「考える学習型授業」へ
  • 「考える学習型授業」「反転授業」の支援スタッフ(メンター)の導入
  • SA、CA、メンターの定期的な研修
教育改革・授業改革に対応した教育評価のあり方の再検討
  • アセスメント・ポリシーの構築
  • ルーブリックを「考える学習型授業」の評価指標として確立する
  • 教育情報の公開
「単位の実質化」の推進
  • シラバス作成要領の再構築
  • 在学生アンケートの回収率向上と自己学修時間の改善に向けた取り組み
「気づきの教育」「クラブ・サークル活動」等を通じたルール・マナーの修得
  • 「気づきの教育」の枠組みの中で、ルールやマナーの大切さを学び、修得することを目的とした「考える学習型授業」を創設
ビジネスパーソンの育成を目標としたルール・マナー修得活動の推進
  • 「キャンパスルール・キャンパスマナー」の全学生への説明、啓発活動の実施
  • 課外活動団体におけるルール・マナー修得に向けた活動推進
4年間のキャリア教育・キャリアサポートの更なる推進
  • 卒業後アンケートの実施・分析による課題抽出と改善
新型コロナウイルス感染症への教学上の対応
  • 2021年度の前期授業実施方法については、求められる感染対策防止策を講じつつ「対面を原則とする科目」「対面とオンライン(オンデマンド)を並行開講する科目」に仕分けて授業を開講することにより、希望する学生にはすべての科目の対面受講を可能にする

教育改革(夢の種プロジェクト『探す』)

夢の種プロジェクトの進化~「探す」~
  • 「気づきの教育」に関する点検・評価を実施、課題抽出と改善

教育改革(夢の種プロジェクト『育てる』)

夢の種プロジェクトの進化~「育てる」授業改革
  • 現行カリキュラムの分析と新カリキュラムの検討
  • 研究演習改革の検討
課外活動加入促進
  • 課外活動加入意義の浸透
  • クラブ加入率40%目標
  • サークル加入率20%目標
  • 留学生クラブ加入率アップと日本人学生との交流促進
安心・安全な国際交流施設として、寮生の成長を促す施策を展開
  • 日々の感染防止対策と指導をきめ細かく実施
  • ユニットリーダーを中心とした各ユニット内の交流促進、寮内全体の交流活動推進のための継続的な支援
図書館・メディアセンターによる学修支援
  • 夢の種プロジェクトのコーナー化
  • メディアセンター講座の実施
  • 就職活動支援

教育改革(夢の種プロジェクト『咲かせる』)

学生の就職支援サポート
  • 教職協働による就職サポート
  • 就職支援行事の実施
  • 留学生の就職サポート
地元企業・中四国企業との更なる関係強化
  • 在学生出身エリア(重点エリア:兵庫県、大阪府、中四国地方)の地元企業新規開拓、ネットワーク構築

教育改革(低単位取得者へのフォロー)

低単位者への対策
  • 低単位者面談とクラス担当教員、研究演習担当教員、クラブ副顧問への指導依頼
  • 学修相談会の実施
  • 学生支援室の円滑な運営

大学戦略(全学的なマーケティングの浸透)

学生との共創により価値を生み出す
  • 地域連携推進に関する目標・計画の策定
  • 社会共創プログラムの持つ教育効果の検証と周知
  • 起業・事業承継コースと社会共創プログラムの連携推進

大学戦略(高大連携の深化)

高大連携の深化
  • 大学見学会、国際交流、スピーチコンテスト等を通じての高等学校、日本語学校との連携強化・深化

大学戦略(学生募集)

オープンキャンパスおよび入試相談会&大学見学会
  • 新入試制度相談、学部学科相談、大学見学、筆記試験の傾向と対策、面接対策(模擬面接)の実施
  • 受験生・保護者のニーズを把握した、きめ細やかな対応

内部質保証システムの推進

内部質保証システムの再構築
  • 中長期計画における教学・人事・施設・財務の重点項目を実施、目標を達成することに寄与する内部質保証システムの再構築
  • 第3期認証評価受審に向けた各種準備

活気ある組織風土の醸成と学生の成長に貢献できる帰属意識を強く持った教職員の育成

中内学園中長期計画(第四次)(2020~2024年度)に則った2021年度事業の推進およびチェック
  • 単年度の事業計画について全教職員が意識して業務にあたることで計画に則った施策を確実に実行し、進捗をチェックすることで次のアクションに繋げる
教育力を伸ばすための評価制度整備
  • 教育活性化プログラムの見直しに向けての課題整理
  • 現行表彰制度において、多くの教員やグループが応募できる周知体制の整備
職員のキャリアディベロップメントの構築
  • スタッフ・ディベロップメント(SD)の基本方針、正職員研修体系に基づいた学内研修及び学外派遣研修の実施

教育の質向上のための施設・インフラ整備

学内システム安定稼働
  • 学内のシステム及び関連機器等の安定稼働
  • 情報セキュリティ実施手順の策定
学内施設の補修及び改修
  • GHP、EV更新工事
  • 学内防犯カメラ増設
  • ダイエー資料館改修工事

財務構造の磐石化

各種財務比率の目標達成
  • 精度の高い資金ポジション把握および経費コントロールにより、財務構造の磐石化を図る
  • 事業活動収支の均衡

オンリーワン・ナンバーワンの教育プログラムの知名度向上

ブランディング活動およびターゲット別広報
  • マーケティング分野を中心としたブランディング活動展開
  • サイトユーザビリティの向上

将来構想(新事業構想検討)

学園の原点「個性主義」「生涯学習」に基づく新事業構想検討
  • 学びたい者が自分の個性を伸ばし、スキルにまで高めるまでに、自分の学びたいことを、学びたい方法で習得し、それを生涯学習へとつなげることを目的とした新事業構想の検討

有朋会の活性化

有朋会からの学生支援
  • 気づきの教育等、在学生向けの講演協力
  • 就職部と協力したOB・OGからの就職支援、サポート
  • 卒業生ネットワークの強化

収支予算概要

資金収支予算概要

(単位:百万円)

科目 2021年度 2020年度 増減
学生生徒等納付金収入 (1) 3,749 3,660 89
手数料収入 55 55 0
寄付金収入 46 48 △ 2
補助金収入 (2) 501 472 29
付随事業・収益事業収入 78 79 △ 1
受取利息・配当金収入 23 20 3
雑収入 51 59 △ 8
前受金収入 651 630 21
その他の収入 (3) 2,402 2,085 317
資金収入調整勘定 △ 636 △ 631 △ 5
前年度繰越支払資金 7,683 7,262 421
収入合計 14,603 13,740 863
人件費支出 (4) 2,252 2,422 △ 170
教育研究経費支出 (5) 1,867 1,786 81
管理経費支出 551 538 13
施設関係支出 (6) 122 209 △ 87
設備関係支出 (6) 24 52 △ 28
資産運用支出 (7) 1,921 1,763 158
その他の支出 (8) 1,664 1,579 85
予備費 50 50 0
資金支出調整勘定 △ 247 △ 272 25
翌年度繰越支払資金 6,399 5,612 787
支出合計 14,603 13,740 863

※百万円未満は四捨五入

  • (1) 新入生900名、総学生数3,806名で作成
  • (2) 修学支援新制度に伴う補助金の増0.3億
  • (3) 有価証券償還収入の増2億、預り金収入の増1億
  • (4) 教員退職金の減、人員構成変更による教職員人件費の減
  • (5) 奨学金の増0.5億
  • (6) 中期計画を反映した投資予算の減1.2億
  • (7) 退職給与引当特定預金組入れ0.85億、大学施設拡充資金(第2号基本金)組入れ0.65億
  • (8) 預り金支出の増1億

事業活動収支予算概要

(単位:百万円)

教育活動収支 事業活動収入の部 科目 2021年度 2020年度 増減
学生生徒等納付金 3,749 3,660 89
手数料 55 55 0
寄付金 47 48 △ 1
経常費補助金 501 472 29
付随事業収入 78 79 △ 1
雑収入 51 59 △ 8
教育活動収入計 4,482 4,374 108
事業活動支出の部 人件費 (9) 2,270 2,442 △ 172
教育研究経費 (9) 2,420 2,344 76
管理経費 (9) 595 580 15
教育活動支出計 5,285 5,367 △ 82
教育活動収支差額 △ 803 △ 993 190
教育活動外収支 事業活動収入の部 科目 2021年度 2020年度 増減
受取利息・配当金 23 20 3
教育活動外収支差額 23 20 3
経常収支差額 △ 780 △ 973 193
特別収支 事業活動収入の部 科目 2021年度 2020年度 増減
その他の特別収入 15 15 0
特別収入計 15 15 0
事業活動支出の部 固定資産処分差額 25 25 0
特別支出計 25 25 0
特別収支差額 △ 10 △ 10 0
予備費 50 50 0
基本金組入前当年度収支差額 △ 840 △ 1,033 193
基本金組入額合計 (10) △ 219 △ 262 43
当年度収支差額 △ 1,059 △ 1,294 235
前年度繰越収支差額 △ 2,849 △ 2,818 △ 31
基本金取崩額 0 0 0
翌年度繰越収支差額 △ 3,907 △ 4,112 205

(参考)

事業活動収入計 4,520 4,409 111
事業活動支出計 5,360 5,442 △ 82
事業活動収支 △ 840 △ 1,033 193

※百万円未満は四捨五入

  • (9) 資金収支と事業活動収支の各経費差額は、退職給与引当金及び減価償却費に相当
  • (10)基本金組入額は、第1号基本金(施設関係・設備関係の投資分)+第2号基本金の計

資料請求

大学案内

ページトップ