学籍関係

学籍関係

内容 担当課 処置
住所が変わったとき 学生課 「変更届」を提出してください。
改姓変更・国籍変更があったとき 学生課 戸籍抄本等を添えて「変更届」を提出してください。
保護者が変わったとき 学生課 「変更届」を提出してください。
学費負担者が変わったとき 学生課 「変更届」を提出してください。
休学・退学したいとき 教務部
学生課
まずは学生課・教務部に相談してください。やむを得ない理由で3か月以上修学できない場合は「休学願」を、退学したいときは「退学願」を提出してください。
転学部・転学科したいとき 教務部 1年終了時、1年半終了時および2年終了時に試験があります。
出願時期等は掲示で案内します。

休学

健康面など特別な事情・理由で長期に休まなければならなくなった場合は、事前に学生課と面談の上、休学願の提出が必要です。休学の期間は半年または1年を選択できます。各休学対象期間、及び休学願の提出期限は次のとおりです。

前期のみ休学(4月1日~9月20日)
後期のみ休学(9月21日~翌年3月31日)
前期から1年間休学(4月 1日~翌年3月31日)
後期から1年間休学(9月21日~翌年9月20日)

前期休学願提出期限:5月末日/後期休学願提出期限:10月末日

  • 休学を希望する学生は、まず学生課との面談が必要です。
  • 休学期間中に復学する場合は、「復学願」の提出が必要です。(提出先:教務課)

退学


やむを得ない事情で大学を辞めなければならない場合は、事前に学生課と面談の上、退学願の提出が必要です。

前期で退学する場合
9月21日付で退学 退学願提出期限:5月末日

後期で退学する場合 3月31日付で退学 退学願提出期限:10月末日

  • 在籍期間中の授業料が未納の場合は退学が認められず、除籍となります。
  • 退学を希望する学生は、まず学生課との面談が必要です。

除籍

授業料が期日までに納付されない場合(延納の期限日を含む)は、その期の前の期の最終日をもって除籍されることになります。

再入学

本学を卒業、退学または除籍された人が、再度本学に戻って入学することをいいます。

卒業者・退学者は入学金が免除されますが、除籍者は正規入学金の半額の納付が必要です。既に修得した単位は復活させるなど特別の考慮がなされます。

再入学を希望する場合には入試課に相談してください。

ページトップ