自己点検・評価について

自己点検・評価について

自己点検・評価の目標

自己点検・評価は本学における各種の取り組みの検証・改善を目的にしています。

このために自己点検・評価の手法と評価の指標や目標を明確にし、自己点検・評価をPlan-Do-Check-Actのサイクルで検証し、改善に結びつける体制を確立し、さらには第三者による評価に付す仕組みを整えることを目標にしています。

自己点検・評価の経過

教育研究等活動報告

各教員の教育研究活動に関しては、1993年度に「教育研究等活動報告(1992年度)」が出版され、以降毎年度出版されています。
これには各教員の、研究活動、教育活動、その他の活動が記録されており、特に発行当初から、「授業で工夫・改善した事柄」を記述している点が特色です。

2005年度の「教育研究等活動報告」(2006年度発行)からは、各教員が恒常的に自己点検・評価をすることを目指し、「今年度の(研究、教育、その他の活動に関する)目標」の項目が付け加えられました。

現在の自己点検・評価の体制

教育審議会

本学の教育研究活動などの自己点検・評価に関する事項を審議する機関は「教育審議会」です。
教育審議会は、副学長のほか、各学部長、大学事務局長、教学部長などから構成されており、具体的な対策が実行しやすい組織になっています。また、全学的な最高意思決定機関である学長会議でも、本学の教育研究に係る自己点検・評価および第三者評価に関する学長の諮問事項を審議しています。

自己点検・評価の対象は、本学のあらゆる取り組みにわたり、担当者、担当部署、担当委員会などの日常的な取り組み・日常的な自己点検・評価は、それぞれの委員会報告などでなされています。
これらの総括のため、「自己点検・評価を恒常的に行うための制度システム」が必要であり、本学では自己点検・評価の中核機関として「教育審議会」を位置付けています。

下のボタンをクリックすると「教育審議会規則」をダウンロードしていただけます。

ダウンロード(PDF:68KB)