留学生との交流企画

留学生との交流企画

最終更新日:2020年11月18日

公開日:2019年4月12日

留学生との交流

流通科学大学では、19の国と地域からの留学生が約620名(2020年5月現在)学んでいます。学内外で、日本人学生と留学生が交流できるイベントが充実しており、異文化に対する理解を深め、国際感覚を養うことができます。

留学生の出身国・地域(50音順)

アメリカ、イタリア、インドネシア、ヴェトナム、韓国、カンボジア、サウジアラビア、スリランカ、タイ、台湾、中国、ネパール、バングラデシュ、ブルキナファソ、マレーシア、ミャンマー、モロッコ、モンゴル、ロシア

主なイベント

国際交流バスツアー

国際交流バスツアー

年に2回、日本人学生と留学生の親睦をはかるため、企画されています。目的地へ向かう車中では、みんなとゲームをしたり歌を歌ったり、現地では日本文化を体験したりバーベキューをしたりします。一日を一緒に過ごし、同じ経験をすることで、初めての人とも自然と友だちになれます。

2019年 国際交流バスツアーの様子

RYUKA ワールドフェスティバル

RYUKA ワールドフェスティバル

国際交流をテーマとするミニ学園祭。地域の方やお子さまに楽しんでいただくため、留学生による各国料理の模擬店、体験型イベント、出身国の歌やダンスの披露などが行われます。日本人学生と一緒に企画・運営しています。

2019年 ワールドフェスティバルの様子

RYUKAお正月イベント

RYUKAお正月イベント

餅つき、お雑煮など、日本の正月文化を日本人学生と留学生がともに体験。

2020年 お正月イベントの様子

節分イベント

節分イベント

豆まきや恵方巻きなど節分を体験するイベント。

2019年 節分イベントの様子

国際交流ができる施設

World Hall

World Hall

日本人学生と留学生がもっと交流できるように、という学生提案から誕生したWorld Hall。
日本人学生と留学生が日常的に交流できる場所です。また、学生がさまざまな国際交流イベントを企画し、実施しています。

World Hallで行われたイベントの様子

国際交流施設学生寮

国際交流施設学生寮

10の国と地域からの学生約140名が生活。兵庫県内の学生もいます。6人制ユニットで、日本人学生と留学生の比率は半々。リビングで日常的に国際交流が行われるので、学内にいながらホームスティ気分を味わえます。

詳しくはこちら

国際交流ができるクラブ

RYUKA留学生クラブ

World Hall

日本人学生と留学生との交流を目的としています。日本人が普通だと思っていることも、留学生にとっては新鮮だったりします。
お互いの国の紹介をし合って、価値観や文化を理解します。また、たこやきパーティーや正月イベントを企画。クラブメンバー以外の学生も参加し、交流を深めています。

RYUKA ESS

国際交流施設学生寮

いろいろな国の留学生と日本人学生が、共に英語を楽しく学んでいます。多くの留学生と友だちになれて、海外の知識が増えたり・興味を持つことができます。

詳しくはこちら

留学生ふるさと紹介

留学生が自分たちの生まれ育った地域の特徴や産業、食事や文化、おススメの場所などを紹介。
海外へ旅行に行くだけではなく、このような機会を通して各国の魅力や『日常』に触れ、知識を深めることも、とても素敵なこと。こういった交流ができるのも、さまざまな国からの留学生がいる本学ならではといえます。

商学部 マーケティング学科 3年
リュウ ダン バオ リンさん(ベトナム)

ふるさと紹介

人間社会学部 観光学科 2年
コウ ホウケンさん(香港)

ふるさと紹介

人間社会学部 人間社会学科 心理コース 3年
リー ダネット(カンボジア)

ふるさと紹介

商学部 マーケティング学科 3年
ト フウテイさん(中国)

ふるさと紹介

商学部 マーケティング学科 1年
ネン カリナさん(インドネシア)

ふるさと紹介

資料請求

大学案内

ページトップ