表彰制度

表彰制度

表彰について

学生表彰制度による表彰と各種コンテストによる表彰の2つがあります。

【 表彰 】

学生表彰制度

各種コンテスト

学生表彰制度について

学生表彰

学業・課外活動において、活躍した学生を表彰する制度です。学生が学生生活の中で受賞を目指す取り組みを通じ、「ビジネスパーソンとして必要な力の育成につながることや学生自身が受賞を目指すためにチャレンジ意欲を高め、学生生活に励んで欲しい」という思いを込めた制度です。

【4年間の実績を表彰】

中内賞

流通科学大学賞

特別賞

【1年間の実績を表彰】

飛翔賞

【日々の実績を表彰】

奨励賞

4年間の実績を表彰

内容
中内賞

4年間の学生生活の中で学内外において顕著な成績を収め、人物として最も素晴らしい個人を表彰

  • 副賞
    賞金 50,000円
  • 表彰式実施日
    卒業式
流通科学大学賞

4年間の学生生活の中で学内外において顕著な成績を収め、人物として素晴らしい個人を表彰

  • 基準
    学業成績の面で4年間の通算GPAが原則2.5以上かつ
    課外活動の面で4年間の学生生活の中で顕著な成績を収めた個人
  • 副賞
    賞金 30,000円
  • 表彰式実施日
    卒業式
特別賞

4年間の学生生活の中で学内外において顕著な成績を収め、人物として素晴らしい個人を表彰

  • 基準
    4年間の学生生活の中で学業の面もしくは課外活動の面の一方で傑出した成績を収めた個人を表彰
  • 副賞
    賞金 20,000円
  • 表彰式実施日
    卒業式

1年間の実績を表彰

内容
飛翔賞

1年間(4月1日~3月31日)の学生生活の中で学内外において顕著な成績を収めた個人または団体を表彰 (4部門)
(スポーツ活動・文化活動部門、社会活動部門、学修部門、学内チャレンジ部門)

  • 基準
    詳細は以下の通り
  • 副賞
    個人:賞金 20,000円
    団体:賞金 50,000円
  • 表彰式実施日
    卒業式:4年生の個人・4年生を含む団体
    新歓祭:1~3年生の個人・4年生を含まない団体
推薦基準
  • 共通基準
    本学の学生として相応しい学生。
    (ルール、マナー違反があった個人及び該当メンバーが所属する団体は除く)
  • 部門別基準
    成績要件は以下の通り。★ただし、学長が認める場合はこの限りではない。

※1(スポーツ活動・文化活動部門、社会活動部門、学内チャレンジ部門 対象)

成績要件 個人・団体(ベンチ入りメンバー・出演者)★
1年生(前期終了時点) 16单位以上
2年生(前期終了時点) 48单位以上
3年生(前期終了時点) 80单位以上
4年生(前期終了時点) 112单位以上

※2(学修部門 対象)

成績要件 個人・団体(ベンチ入りメンバー・出演者)★
1年生(前期終了時点) 18单位以上
2年生(前期終了時点) 54单位以上
3年生(前期終了時点) 90单位以上
4年生(前期終了時点) 124单位以上
部門 推薦基準
スポーツ活動・
文化活動部門

以下の基準を満たす中で顕著な成績を収めた個人・団体

  • スポーツ分野において、全国大会または西日本大会に出場、関西大会またはリーグでの優勝・リーグ昇格及び個人タイトル受賞の成績を収めた個人・団体
    ※当該団体が前の期に降格し、今期で再昇格した場合も推薦対象とする。
  • 文化・芸術分野において、都道府県以上の大会または同等以上の大会に出場・出展し、ベスト8以上の成績(またはこれに相当する賞)を収めた個人・団体
  • 都道府県代表に準じるレベルの代表に選ばれた個人・団体
    ※当該団体が前の期に降格し、今期で再昇格した場合も推薦対象とする。
  • 上記に準じる成績であると大学が判断する個人・団体

成績要件は上記※1の通り。

社会活動部門

以下の基準を満たす中で顕著な成績を収めた個人・団体

  • 地域からの表彰やマスコミ等に取り上げられた個人・団体
    (例)学園夏祭り、UNIVER祭での出演・演舞、高校の和太鼓指導等
  • 上記に準じる活動内容であると大学が判断する場合

成績要件は上記※1の通り。
※なお、活動実績が通常のクラブ活動の範囲内である場合は対象外とする。

学修部門

以下の基準を満たす中で顕著な成績を収めた個人・団体

  • 難易度の高い資格にチャレンジし、実際に資格を取得した者。
    (例)宅地建物取引士、通関士、日商簿記2級以上、ファイナンシャルプランナー2級以上、リテールマーケティング2級以上、日本語能力試験N1(1級)、TOEIC620点以上、観光英語検定1級、基本情報技術者等

  • 企業または行政関連団体(法人)が主催する社会連携事業に関して、コンテスト入賞等をするなどの高い評価を受けた個人・団体
  • 上記に該当しない取り組みに参加し、表彰されるなどの高い評価を受けた個人・団体
    (例)学会での発表等

成績要件は上記※2の通り。

学内チャレンジ
部門

以下の基準を満たした個人・団体

  • プログラム等において、新たな企画を行う等チャレンジし、実行し、実現に向けた取り組みを実施した個人・団体
    (例)トライやるイヤー制度、国際交流イベント企画 等

成績要件は上記※1の通り。

日々の実績を表彰

内容
奨励賞

学生生活の中で学内外において顕著な成績を収めた個人又は団体を表彰

  • 基準
    ・リーグ優勝、リーグ昇格
    ・全国大会もしくは西日本大会出場 ※予選を勝ち上がり出場となる場合のみ対象。
    ・コンテストで賞を獲得
    ・自治体からの表彰及び感謝状
    ・マスメディア(新聞・テレビ)の特集で取り上げ
    ・国際交流イベント
  • 副賞
    個人:レストラン 2,000円券
    団体:レストラン 2,000円券 × 5枚(10,000円分)
  • 表彰式実施日
    毎月第1水曜日 昼休み

表彰の模様2

表彰の模様1

表彰の模様3

課外活動の活動実績の報告について

顧問・副顧問が課外活動の活動実績を把握することで、表彰制度への推薦につながります。
定期的に顧問・副顧問に報告をするようにしましょう。

各種コンテストについて

学内コンテストに参加して、あなたの力を発揮しよう!

流通科学大学にはいろいろな分野での学内コンテストが開催され、各コンテストで顕著な成績を収めた方を表彰しています。

RYUKAスピーチ・朗読コンテスト

日本語と英語のスピーチと朗読コンテストを通して語学上達をはかり、グローバルに活躍する学生の育成を目的としています。
英語部門では、TOEIC470点、または英検2級程度を目指す大学生、高校生を対象として実施。日本語部門は日本語能力の向上を、関西弁部門は関西弁を通して、関西の文化への理解を深めることを目指します。

学生書評コンテスト

図書館主催で毎年1回、開催されています。
図書館にある本の書評を1,000字~1,200字にまとめて応募します。

学生懸賞論文

「流通を科学する」という建学の理念に沿った内容について、学生の皆さんの興味・関心のある問題を取り上げ、事実と論理に基づいて論述。既成の枠組みにとらわれない自由な発想も歓迎します。

学生チャレンジプロジェクト

学生のチャレンジ精神を養い、企画力を育むことを目的として開催しています。
5名以上でプロジェクトを作り、各自テーマを決定して実践します。

資料請求

大学案内

ページトップ