経済情報学科

経済情報学科

ITを駆使して経済を読み解く

「経済」と「情報」2つのキーワードを結びつけ、経済全体を見渡す力が身につく学科です。
コンピュータのスキルを学び、データを読み解き活用する力を身につけることで、
経済を予測し豊かな未来を築く人材を育てます。

経済情報学科

経済情報学科で伸ばす3つのスキル

株価や金利などの複雑で膨大な経済情報を分析、理解する力

株価や金利などの複雑で膨大な経済情報を分析、理解する力

経済情報をより良い社会づくりに生かす力

経済情報をより良い社会づくりに生かす力

情報を活用して新しい価値や仕組みを生み出す力

情報を活用して新しい価値や仕組みを生み出す力

情報を味方に、創造的に問題解決できる人材を育成します。

経営情報学科の2つのコース

経済情報コース

どうすれば、経済データを駆使して高度な意思決定ができるか。

人の行動や社会、経済の動きなど、膨大なデータがあふれている現代社会。多様なデータを正しく扱う情報処理のスキルと、経済学によって社会の動向、本質や問題点を見極める力を養い、経済情報を創造的に活用できる人材を育成します。

情報システムコース

どうすれば、情報システムを使いこなして社会を支えることができるか。

企業にとって欠かせないインフラとなっている情報システム。その運用によって、経営が大きく左右されることも珍しくありません。経済・経営の知識とともに情報技術を学ぶことで、経営に強い情報分析力、システム構築力を養います。

主な進路

情報通信業
(プログラマー、システムエンジニアなど)

小売業

卸売業

製造業

金融業

公務員
(市役所、警察官、消防士など)

など

4年間の学び

経済情報コース 情報システムコース
1年生 全学共通科目 流通科学入門/自己発見とキャリア開発A・B など
1~3
年生
学部専門
基礎科目
ミクロ経済学/地域まちづくり概論/
情報学概論/基礎統計学/経済数学/日本経済論
学科専門基幹 経済情報処理Ⅰ 経済情報処理Ⅰ
マクロ経済学 マクロ経済学
プログラミングⅠ プログラミングⅠ
情報科学 情報科学
データでみる現代経済 コンピュータシステム
経済情報処理Ⅱ データでみる現代経済
学科専門展開 コンピュータシステム 経済情報処理Ⅱ
データベース プログラミングⅡ
情報ネットワークⅠ アルゴリズム
オペレーションズ・リサーチ 情報ネットワークⅠ
国際経済論 統計データ分析
労働経済論 社会経済分析
計量経済分析 ネットコミュニケーション
情報通信産業論 応用プログラミング
意思決定論 システム開発
社会経済分析 など シミュレーション など
特別研究 専門基礎演習/研究演習Ⅰ・Ⅱ/公務員特別演習/業界研究(証券業・官公庁)
など
4年生 卒業研究 卒業研究

※各科目の詳細はWebシラバスでご確認ください。 シラバス(学部)