大学の目的

大学の目的

大学の目的

教育基本法及び学校教育法に基づき、広く人間とその社会及び文化に対する理解を深め、経済学・経営学、特に流通を科学として研究、教授することにより、創造的知性及び応用能力を養い、人類の平和と国際社会の発展に貢献する人材を養成することを目的とする。

教育の目的

  1. 流通(人、モノ、カネ、情報、サービスの流れ)を通して社会システムを理解し、豊かな社会の実現に貢献できる意欲と能力を持った人材を育成する。
  2. 生活者のニーズを的確につかみ、社会の多様な文化や地域特性に配慮できる、現場に強い実践的な人材を育成する。
  3. 問題を発見し、分析し、持続可能な解決策を構想できる能力を身につけた人材を育成する。
  4. 知識や理論を発展させ、実践的な政策やスキルに変換できる人材を育成する。

流通科学大学 大学の目的/教育の目的(イメージ フォーラム付近)

育てたい人物像

豊かな社会の実現に貢献できる意欲と能力を持ったビジネスパーソンの育成
  • 「ネアカ のびのび へこたれず」(校是)の精神を持った人材
    (夢や志を持ち、明るく元気でどこにでても物怖じすることなく、誰とでもしっかり言葉を交わすことができ、逆境でもたくましく生き抜く力)
  • 知識を知恵に変換できる 論理的思考を持った人材
  • 創造力(新しい視点と豊かな発想)を持った人材
  • 自主・自立の精神を持った人材
  • 仲間と協同して、物事を成し遂げることができる人材