考える学習型授業

育てる

考える学習型「スマホ授業」

スマホで双方向授業。
「教わる」から「自ら考える」へ。

教員の講義を学生が聴くという従来型授業を改革し、テーマについて学生が考え、
教員と双方向で進める「考える学習型授業」を推進しています。
その一例として行っているのがスマートフォンのアプリ(大規模多人数同時参加型オンライン
アンケートアプリ)を使い、回答を選択したり、意見を送信したりする全員参加型の授業。
このような「考える学習型授業」はすべての授業に導入されています。

授業に積極的に参加し、考えを発信する楽しさを体験!

INTERVIEW

  • INTERVIEW

  • INTERVIEW

川合

スマホを使った授業を受けてどうでしたか?

日野

「職業指導」の授業で、どんな仕事に向いているのかをスマホのアプリを使って考えました。私は人に教える仕事がしたいのですが、質問に答えていくと、その仕事に向いていることがわかり、自信がつきました。

川合

1つ発見があってよかったですね。受講生が多い授業でも全員が参加できるのはスマホを使った授業の特長です。

日野

言葉で意見を言うのが苦手な人でもスマホを通してなら答えやすいと思います。自分の意見に、その場で他の受講生が賛成してくれるなど、反応がすぐに返ってくるのが嬉しいです。

川合

スマホを使った授業では、ほかの受講生がどう思っているのかが共有できます。だれかの意見に対して、その場で考え、意見交換できるので生きた授業ができます。

日野

私たちの世代は書くより打つほうが慣れているので、スマホで意見を言うのは楽しいです。

川合

日野さんの世代はスマホを使うのは得意ですからね。授業内容は保存できるので後からすぐに見直すことができるのも良い点です。

『自ら考える』授業に変わり、学生が積極的に取り組むように。

川合 宏之准教授

商学部経営学科 川合 宏之准教授

『自ら考える』授業に変わり、学生が積極的に取り組むように。

これまでの大学の授業は『教員が学生に教える』という一方的な形になりがちでした。しかし、スマホ授業を取り入れることで、学生が『自ら考える』授業を展開できていると感じています。

今までは、どうしても受け身になりがちだった学生たち。スマホを通して、自分で意見を発信するという行動を取ることによって、授業に対して積極的に取り組むようになりました。逆に教員は、今後どのように授業を展開していくかを、より深く考えていかなければなりません。学生の意見を引き出し、どう発展させるのかをしっかり考えながら、双方向授業としてより有意義な内容にしてきたいと思います。

夢の種プロジェクト

資料請求

大学案内

ページトップ