人間健康学科

人間健康学科

“健康”を科学的に探る

健康をキーワードに生活を科学的にとらえます。
身体の仕組みや、スポーツの重要性、心身の健康を維持するための知識を習得し、
人々が健康であるためにできることは何かを考え、社会に発信する方法を探求します。

人間健康学科

人間健康学科で伸ばす3つのスキル

健康やスポーツのメリットを客観的に分析する力

健康やスポーツのメリットを客観的に分析する力

自分やチームの考えを魅力的に伝える表現力

自分やチームの考えを魅力的に伝える表現力

人や時代に合わせた企画を実現するマネジメント力

人や時代に合わせた企画を実現するマネジメント力

健康やスポーツを科学的にとらえ、人と社会の未来を創る人材を育成します。

人間健康学科の2つのコース

スポーツ健康コース

どうすれば、スポーツを通じて人々の健康を実現できるのか。

健康は人間や社会にとって最も大きな関心事の一つです。科学的な根拠に基づく健康づくりや、地域や社会における健康への取り組みをサポートできる知識、ノウハウ、実践力を持ち、社会に貢献できる人材を育成します。

スポーツマネジメントコース

どうすれば、スポーツビジネスを
盛り上げることができるのか。

スポーツには、ビジネスやエンターテインメントとしての魅力があり、社会や時代の動向とも深く結びついています。スポーツをビジネスとしてマネジメントし、文化的な価値や社会への影響力を高め、支える力を育みます。

主な進路

公務員
(市役所、警察官、消防士
など)

医療・福祉サービス業

サービス業
(健康関連施設など)

小売業
(スポーツ関連企業など)

製造業
(スポーツメーカーなど)

など

4年間の学び

スポーツ健康コース スポーツマネジメントコース
1年生 全学共通科目 流通科学入門/自己発見とキャリア開発A・B など
1~3
年生
学部専門
基礎科目
社会学基礎/社会調査の基礎/家族社会学/地域社会学/産業社会学/
観光文化論/スポーツ文化論
学科専門基幹 スポーツマネジメント論 スポーツマネジメント論
健康生理学 スポーツ心理学
スポーツ心理学 発育発達論
健康生活論 など スポーツキャリア論 など
学科専門展開 運動処方演習A・B 運動処方演習A
トレーニング科学理論 栄養学概論
スポーツ医学 スポーツ組織論
リーダーシップ論 スポーツ統計学
レクリエーションスポーツ演習 レクリエーション論
エイジングフィットネス論 健康・スポーツ関連企業分析
スポーツバイオメカニクス スポーツビジネス論
レクリエーション論 スポーツ施設マネジメント
地域ボランティア実習 スポーツマーケティング
運動指導技術演習A 野外教育活動演習
野外教育活動演習 など 健康サービス企画運営論 など
特別研究 専門基礎演習/研究演習Ⅰ・Ⅱ/海外ホスピタリティ研修 など
4年生 卒業研究 卒業研究

※各科目の詳細はWebシラバスでご確認ください。 シラバス(学部)

ページトップ