神戸研究学園都市大学ゼミ対抗イベントがスタート

神戸研究学園都市大学ゼミ対抗イベントがスタート

公開日:2009年9月18日

神戸研究学園都市大学ゼミ対抗イベント

9月17日(木)、「神戸研究学園都市大学ゼミ対抗イベント」の開会式が本学で行われました。
神戸市に本社のある洋菓子メーカー・モロゾフ株式会社の協力のもと、『平月*の売り上げ拡大を実現できるような企画』をテーマに、新商品、店頭での陳列の工夫、キャンペーンや広告といった企画を考えていきます。

このイベントには本学と兵庫県立大学、神戸芸術工科大学の3大学から合計約100名の学生が参加し、大学同士が協力・競争し、学生ならではの発想力と社会で活躍できる“実学”の知識を得ることを目的としています。

*平月:(特別のことのない)ふだんの月

神戸研究学園都市大学ゼミ対抗イベント

モロゾフ株式会社川喜多佑一社長

開会式では、関係者の方々のあいさつ、参加ゼミの紹介、全体日程の説明が行われました。企画の発案者である清水信年准教授(商学部)は、モロゾフ株式会社と他大学の教職員の方の協力にお礼を述べ「充実した3か月を過ごし、自分自身に誇れるとともに、人に示せる成果を残せるようがんばってください」と参加学生を激励しました。

モロゾフ株式会社代表取締役の川喜多佑一社長は「皆さんの若い発想力に大いに期待しています。新鮮な学生さんのアイデアを求めています」と学生への期待を述べました。

結果の発表と表彰式は、3か月後の12月19日を予定しています。どんな企画が生まれるか、今から楽しみですね。

(学生広報スタッフ 元山 拓也)
*学生広報スタッフは文化会所属団体「RYUKA-STYLEプロジェクト」のメンバーです。

神戸研究学園都市大学ゼミ対抗イベント

ページトップ