新神戸みやげの創出 -(株)おたべと学生が共同開発-

新神戸みやげの創出 -(株)おたべと学生が共同開発-

公開日:2009年10月23日

特別講義から誕生した新商品

流通科学大学の学生グループと、株式会社おたべ(京都市南区)は、連携して開発した神戸みやげ「神戸ころにぃ」を学園祭である「流行祭2009 奏~カンタービレ~」(10月17・18日開催)にて一般販売しました。

「神戸ころにぃ」は(株)おたべの餅を薄く延ばす「和」の技術と、神戸六甲牧場産のクリームチーズという「洋」の素材をミックスしたオリジナル商品です。

これは流通科学大学の特別講義「新神戸みやげの創造」(指導教員 中内潤教授)で、2009年度の上半期全15回にわたってゲスト講師をご担当いただいた(株)おたべの代表取締役社長である酒井宏彰氏のアドバイスを受け実現したもので、学生の若い感性と観光動向調査などの統計データによる分析を経て実現したものです。

この講義では受講学生約30名が6つのチームに分かれ、4月から3か月間街頭アンケート調査や施策を実施。食材選定からパッケージのデザインまでの一連の流れを(株)おたべの役員にプレゼンテーションを行い、最も商品化にふさわしいグループとして「神戸ころにぃ」が選ばれました。

「神戸ころにぃ」 とその取り組みは新聞でも大きく紹介されました。

2009年09月18日 産経新聞

産経新聞

2009年10月20日 朝日新聞

朝日新聞

ページトップ