「社会人基礎力育成グランプリ2011」 近畿地区予選大会で準優秀賞

「社会人基礎力育成グランプリ2011」 近畿地区予選大会で準優秀賞

公開日:2010年12月3日

「職場や地域社会で活躍するために必要な基礎的な力」として経済産業省が提唱する「社会人基礎力」を競う社会人基礎力育成グランプリ近畿地区予選大会が12月2日、グランキューブ大阪で開かれ、本学代表チームは準優秀賞に選出されました。
近畿地区予選には近畿各地の各大学で選抜された19チームが出場、大学のゼミ・授業・研究等を通じて、社会人基礎力をいかに育成・成長させることができたのか、それぞれの取り組み事例を交えて発表しました。

福井誠教授が指導する本学代表チームは、「産官学民連携によるスマートフォンを活用した震災の記憶の伝承と地域観光活性化」をテーマに熱弁をふるい、阪神淡路大震災から15年経過し、地元神戸の大学生の記憶からも薄れつつある貴重な地域の記憶を次世代に伝承するため、「神戸市長田区」を舞台に、最新のICT技術を活用したiPhoneによる地域観光活性化策を提案し、実践しました。

また指導教員である福井誠教授(情報学部)は近畿地区優秀指導賞を受賞、学生とのダブル受賞となりました。

社会人基礎力育成グランプリ2011

社会人基礎力育成グランプリ2011

社会人基礎力育成グランプリ2011

ページトップ